なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

円満退職を
するための
ステップと
心構え


■円満退職をするためのステップ
転職先が決まって、現在勤めている会社を退社する際に、どんなステップを踏んだ行動すれば円満退職できるかをまとめました。
結論は以下です。

  • 家族への相談
  • 上司への相談
  • 会社への通知
  • 業務の引継ぎ
まずは家族の理解と協力が必要ですが、転職先が決まっている場合は既に相談は済んでいることが前提ですね。もし転職先が決まっていない場合は、転職先が決まるまでの生活費をどう確保するのかの予算の見積もりが必要です。
次に上司への相談です。退職の意思を上司に伝える時は、タイミングに配慮してアポイントメントをとった上で伝えてください。できるだけ周りに業務の支障が最小となる様に配慮が必要ですので、なるべく早めに相談しましょう。目安としては1か月前ですが、業務や転職先などの状況に応じて判断してください。具体的にいつまで出社するのか、有給休暇の消化についても上司に相談しておいてください。
上司との相談が済んだら、会社側に通知して、事務手続きを進めましょう。退職にあたって必要書類を授受して必要事項の書き込み、退職金、雇用保険被保険者証、年金手帳などの処理も必要になります。
円満退職するために業務の引き継ぎもしっかり行ってください。あなたが退職した後も業務に支障が生じないためには重要です。後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように、業務の内容を項目にわけて、ジョブリストとして資料にしておくとスムーズです。もし営業業務やお客さんとの取引がある場合は、取引先に後任者を連れて挨拶に回る配慮も必要でしょう。

■円満退職をするための心構え

退職当日まで担当業務を滞りなく遂行することも円満退職のために大事です。円満退職を目指すためにも、退職当日か間近になった時に、今までいっしょに仕事をしてきた同僚と上司に感謝の心をこめて、挨拶するか、ご挨拶メールを送ることも忘れずに行ってください。

■円満退職のためのステップと心構えまとめ

転職先が決まっていても、決まっていない場合でも円満退職をすることは、会社側にとっても退職する側にとっても重要です。
そのためのステップと心構えについてまとめました。参考になれば嬉しいです。

そうは言っても、退職したい会社の上司がパワハラだった場合とか、会社がブラックな場合には上司に相談しづらいケースも出てきます。

そんなときに頼りになるのが、「退職コンシェルジュ」というサービスです。上司への相談から、会社との退職手続きまで全て代行してくれるサービスです。

そんな時には、こちらのページを是非チェックしてみてください。

実績もあって安心できるサービスなのでおすすめです。