乾物で、防災食が変わる!

日々の料理をもしもの時の備えに!
新しい防災の考え方を学びませんか?

2019年
第1回 1月25日(金)11:00~13:00 新宿区落合キャンセル待ちのみ受付中
第2回 2月12日(火)11:00~13:00 新宿区落合
第3回 3月9日(土)   11:00~13:00   八王子      

新宿区落合会場(第1回&第2回)

乾物で、防災食もこんなに変わる!〜もしもの時にも慌てないレシピ〜
会場 : 新宿区上落合2-26-5 下田商事ビル3階
参加費 : 5,000円(税込、当日お持ちください)
講師 : DRYandPEACE
<お申し込み方法>
1月25日/2月12日のどちらがご希望かを明記の上、
お名前、メールアドレス、当日連絡のつく携帯番号と共に、
メールでお申し込みください。

八王子会場(第3回)

乾物で、防災食もこんなに変わる!〜もしもの時にも慌てないレシピ〜
会場 : 八王子市八幡町3-19
参加費 : 4,000円(税込、事前にお振込いただきます)
講師 : DRYandPEACE
<お申し込み方法>
3月9日講座参加希望と明記の上、
お名前、メールアドレス、当日連絡のつく携帯番号、ご住所と共に、
メールでお申し込みください。

乾物を防災食に加えるメリット

常温で長期保存できるから
乾物は常温で半年以上はもつので、備蓄にぴったり。もしもに備えて、使いやすい好みの乾物を常備しておきましょう。


普段の食事にも使えるから
使った分だけ補充する「ローリングストック」に最適。いざという時に非常食の賞味期限が切れていた!ということもなくなります。レシピを増やすことで、美味しくローリングストックを実現できます。
食材の種類が豊富だから
野菜、果物、ナッツ、海藻、魚介、豆など、乾物は食材の種類も豊富。非常食に野菜が欲しかったという声もよく聞きます。食物繊維が多く、旨みも強い乾物は、もしもの時の強い味方になるのです。

加熱なし、包丁なしでも、リゾット?

クスクスのトマトリゾット風

もしかしたらあまり馴染みがないかもしれませんが、世界最小のパスタ「クスクス」は加熱しなくても食べられる「穀物」です。
クスクスと、トマトジュース、切り昆布、じゃこ、常温保存可能な粉チーズを混ぜるだけで、加熱いらずでリゾット風料理ができあがり!ビニール袋の中で調理することだって可能です。
お腹にたまる炭水化物、ミネラル、ビタミン、たんぱく質がたっぷり。

火が使えれば、包丁なしで乾物カレー

切干し大根や、スライス干し椎茸、きんぴらごぼうミックスなど、いろいろな種類の乾物を組み合わせて入れれば、包丁なしでも野菜たっぷりのカレーが作れます。乾物を使ったカレーは、もしもの時も、普段の食卓にも美味しい!

普段の食事には、和食にとらわれず

右の写真の生野菜以外はみんな、乾物を使った料理って驚きませんか?乾物は食材の種類も豊富。水で戻すだけではなく、さまざまな「水分」で戻すことでバリエーションも生まれます。
普段から使いこなすからこそ、もしもの時にも応用できます。
手軽で美味しい料理の提案、たっぷりさせていただきます!

DRYなFOOD 乾物で、
世界をもっとPEACEに!

DRYandPEACE(左:サカイ優佳子、右 : 田平恵美)

食品ロス削減、省エネ、そして防災食にもぴったりの乾物は、未来食。
現代のライフスタイルにあった乾物の活用法を研究、発信しています。
近著に「乾物マジックレシピ」(山と渓谷社)。
著書、メディア出演多数。