編集画面では動画は再生されません。

かなざわ逆求人フェスティバル

中小企業の新卒採用は「学生を口説くだけ」で完結する!

日本の新卒採用の現状


POINT1:ナビや広告では学生に出会えない

ナビや広告は受け身の媒体です。欲しい学生に出会えるかどうかは運次第
確率は、限りなくゼロに近いかもしれません。

POINT2:合同説明会は大手に行きたい学生ばかり

合同説明会に参加する学生は、ほとんどが大手企業志望です。

たまにブースに来てくれても、それは単なる時間調整かもしれません。
中小企業に興味のない学生にいくら会っても、時間の無駄かもしれません。

POINT3:手間がかかりすぎる

いい人材を口説くには、業務をしっかりと理解し、説明力もあるエース級の人材が必要。

採用期間中も、通常業務は止まってくれません。採用活動は何か月も続きます
エース級の社員を長期間採用に割き続ける余裕があるのでしょうか。

POINT4:金額設定に納得がいかない

採用活動にはとにかくお金がかかります。合同説明会に出たいだけなのに、ナビに掲載しなくてはならない前提の金額設定をされることも……。

業界のルールに縛られて、不必要な費用を取られていることもよくあります。


かなざわ逆求人とは?


問題だらけの採用活動に風穴を開けたい

中小企業の新卒採用は、ナビ+合説(合同説明会)がメインといわれています。しかし、ナビは大手企業や予算が豊富な会社が優遇されるため、実際はほとんど集客できません。
集客できないけど、ナビに掲載しないと合同説明会に参加できないから仕方なくナビに掲載している、というのが本当のところです。
そうまでして参加した合同説明会も、学生のほとんどが大手目当て。たまたまブースの近くを通りかかった、自社に興味のない学生を捕まえるしかない。まさに運頼みの状況です。
企業も学生もお互いの情報がないため、お互いの顔が見えない、いわばのっぺらぼうの採用活動になってしまっているのです。これでは中小企業への興味も、学生の意欲も求めることができません。
『かなざわ逆求人』はこうした問題だらけの中小企業の採用に風穴を開けたいという思いから開発されたサービスです。

「かなざわ逆求人」とは?

必ず出会えるイベントです。
「かなざわ逆求人」とは、合同企業説明会の「逆」形式スカウトイベント
学生が自分のブースを構え、企業が訪問します。
学生がブースとなっているため、学生に会えないということはあり得ません。必ず16名~30名の学生と会うことができます。
会えないかもしれないイベントに何十万も使うくらいなら、必ず会えるイベントで自社を知ってもらった方が効率が良いと言えるでしょう。
やることはただ1つ。口説くだけ
企業側がやることはただ一つ、「気に入った学生を本気で口説く」だけです。運任せで全く知らない学生を捕まえるのではなく、学生自身が提示している情報をもとに、気に入った学生と確実に面談することができます。
1対1でじっくり話すことができますので、学生も企業もお互いが本音で話すことができ、本当の意味でマッチングができます。それが『かなざわ逆求人』です。
『かなざわ逆求人』が、効率的かつ効果的な新卒採用を実現します。
自発的に行動できる人間が多い
逆求人に集まる学生は、自ら行動できる人間です。自分の力を活かして会社に貢献したい、大手企業でなくても、やりがいのある仕事がしたい。そんな思いを抱いて集まった学生達は、自ら仕事を作り出し、会社を牽引できる人材となります。企業側としても、単に手足となって動く人材ではなく、会社の目標やビジョンに共感し、会社を成長させようと行動できる人材がほしいはずです。これからの時代に生き残れる人材となれる学生と、組織の核、幹部となれる人材を求める企業とをマッチングさせる。それが『かなざわ逆求人』です。

「かなざわ逆求人」の3つの特徴


特徴1:「確実」な採用

1回のイベント参加につき、16人の学生と、1人25分間ずつ確実に個別相談ができます。
企業側の参加者2名が、それぞれ8人の学生と対応し、じっくりとお互いを知ることができます。懇親会も含めればMAX30人の欲しい人材を口説き放題!1対1の面談なので、集中して魅力付けが可能です。ここでしっかりアピールすることで、後日の会社訪問に結びつけます。

特徴2:「短期間」の採用

社長とエース社員1名が、それぞれ1日8時間のみ参加するだけです。
通常の採用活動のように、説明会や適性検査などで何か月も時間を取られたり、何度も外出させられるということはありません。
逆求人イベント当日のその時間を使うだけで、即日内定も可能です。

特徴3:「適正価格」の採用

逆求人イベントの参加費は1回30万円~。ご参加は2回からですので、逆求人のみで採用を行う場合、毎年60万円~90万円の費用で採用が済んでしまいます。
従来の採用活動の場合、非上場企業の採用費が平均約600万円、上場企業の場合は平均約1200万円と、採用費は高額になりがちです。ナビや合同説明会に登録、参加する費用だけでなく、広告費やダイレクトメールの発送、データ処理など、「採用経費」には様々な費用が含まれます。
かなざわ逆求人は、確実に学生に会える機会を、適正な価格でご提供します。

参加する学生の特徴


かなざわ逆求人に参加する学生は、生き延びる知恵と技術と体力を持った人材です。最低でも2回以上、じっくりと時間をかけて面談し、中小企業の人材としての適性を見極めています。
変化にチャンスを見出し、柔軟に対応しつつ自らの力に変えることのできる、中小企業のターゲットとなりうる人材だけを集めました。

なぜ優秀な学生が集まるのか?

自分を売り込みたい、地元で働きたいと思っている学生達が多数応募してきておりますが、かなざわ逆求人に参加できるのはその中でも上位25%のみ。中小企業だけでなく大企業や外資でも通用する人材を厳選しております。
また、学生は事前にプレゼンの準備をし、練習もしなければならないので、成り行き任せの学生は脱落していき、主体的で熱心な学生が集まります。

当日の流れ


午前

①名刺交換および顔合わせ
午前中は、学生との名刺交換および顔合わせから始まります。
名刺交換で学生と会話していただき、どの学生と面談した以下をご判断いただきます。
事前に参加学生のエントリーシートはお渡ししておりますが、顔を見て話すのはこの時が初めてです。学生の受け答えや態度、顔つきなどを確認し、最後の選抜を行ってください。
②相談したい学生を選ぶ
次に、個別相談したい学生の選定タイムがあります。専用システムから、面談したい学生を選択していただきます。
面談の時間も、対応人数も限られておりますので、事前の情報や名刺交換での印象をもとに、しっかり学生をお選びください。
組み合わせが確定いたしましたら、面談表をお渡しし、確定した組み合わせを公開いたします。

午後

③指定した学生との個別面談25分×最大16名
御社が指定した学生との個別面談タイムです。
ご指定なさった学生と1対1で、学生1人あたり25分間、面談していただきます。企業側参加者1人につき8名、合計で最大16名との面談可能です。
自社の魅力や理念などの情報をしっかりと伝え、次回のアポイントにつなげてください。
④イベント後の懇親会
イベント後には懇親会を予定しております。日中面談した学生との懇親を深めるのも良し、日中会えなかった学生との出会いの場とするのも良し。懇親会も大切な出会いの場です。この場を使えばMAX30名の学生と会うことができます。

参加費用


1イベント30万円25万円
※初年度割引キャンペーン適用

開催日程


対象:2019年度(2020年卒)学生

日程:2019年3月23日(土)10:30~17:00(受付10:00~)

定員:15社【満員御礼】
学生数:30名(若干の変更有)
会場:金沢商工会議所(石川県金沢市尾山町9−13)
地図:https://goo.gl/maps/5VVdTNGfTum

対象:2019年度(2020年卒)学生

日程:2019年5月11日(土)10:30~17:00(受付10:00~)

定員:15社【残り6社】
学生数:30名(若干の変更有)
会場:TKP金沢新幹線口会議室4A,6A,6B(石川県金沢市堀川新町2−1)
地図:https://goo.gl/maps/5hAV29bxwuj

大手メディア掲載実績


NHK
「クローズアップ現代」
フジテレビ
「ホンマでっか!?TV」
フジテレビ
「ホンマでっか!?TV」