えんとつ町のプペル
方言プロジェクト

金沢弁バージョンでお届けしております

「信じれんて。たとえひとり~なっても」

4000メートルの崖にかこまれとって、そとの世界を知らん町があるげん。

町はえんとつだらけねんて。

どこんかじゅうから煙があがとって、あたまのうえはモックモク。

朝から晩までモックモク。

えんとつの町に住むひとは、くろい煙にとじこめられとって、

あおい空を知らんげん。

かがやく星を知らんげん。

町はいま、ハロウィンまつりのまっただなかねん。

魔よけの煙もくわわって、いつもいじょうにモックモク。

ほんなときに、

夜空をはしっとる配達屋さんが、煙をすってせきこんでん。ほんで

配達中の心臓を、うっかりおとしてしまってん。

さすがに視界はこのわるさで~、どこにおちたんかわからんのやって。

配達屋さんはさっさとあきらめて~、夜のむこうへスタコラサッサ。

ドクドクドクドクドックドク。

えんとつの町のかたすみで、あの心臓が鳴っとれんて。

心臓は、町のどっかのゴミ山におちてん。

ドクドクあばれる心臓に、ゴミがあれこれくっついて、ついに生まれたゴミ人間。

あたまはバサバサ、オンボロ傘。口からガスが、プスーハッハ。

がんこきたないゴミ人間。すんごいくさいゴミ人間。

耳をすますと、とおくから鐘の音が聞こえてくれん。

どーうもー、じぶんのほかにもだれかいるみたいねん。

ゴミ人間はゴミ山をでてん。

町にいくと、バケモノたちがウヨウヨおって、

「ね~、ずいぶんおかしいかっこうをしとっじぃ。」

ふりかえると、そこに立っとるのはカボチャのオバケ。

「なんや?あんた?」

「地獄の業火をのみこんで、ハロウィンの夜をあやしくてらす。

オレの名はジャック・オー・ランタン!」

いろんなバケモノたちがゴミ人間のとこにあつまってきてん。

「イ~ヒッヒ、みんながおそれる夜の支配者、魔女やよ~」

「悪魔の科学者が生みだしたモンスター、フランケンさまとはオレのことや」

「死ぬこと、わすれた、わたしはゾンビ」

みんなそろって、こう聞いてくれん。

「ところであんた、いったい、だれなん?」

「ボクはゴミ人間や」

バケモノたちはいっせいに笑てん。

バケモノたちのなかまにくわわったゴミ人間は

「トリック・オア・トリート、トリック・オア・トリート。

おやつをよこさないとイタズラをするぞ」と家々をまわって、

おとなたちからおやつをわけてもらってん。

ほんで、じぶんよりちいさいこどもたちには風船をプレゼントしてまわってん。

ゴミ人間がふくらませた風船はぷかぷか浮かんで、こどもたちは、おおよろこび。

「よし、つぎの家だ。いこうぜ、ゴミ人間」

あっちこっちまわって、バケモノたちのポケットは、おやつでいっぱいになってん。

時計台の鐘が鳴って、みんな、かえりじたくをはじめてん。

ゴミ人間はなかまのひとりにはなしかけてん。

「ハロウィンはたのしいね。またあしたもやろう」

「なにいっとれんて~、ゴミ人間。ハロウィンはきょうまでやし。」

そういうと、バケモノたちはつぎつぎにマスクをぬぎはじめてん。

カボチャのなかからは少年のアントニオが、

魔女のなかからは少女のレベッカが、それぞれでてきてん。

なんと、みんなはバケモノの仮装をしとってん。

「なんしとれんて~、おまえもぬげや、ゴミ人間」

「ほうや〜、ほんなにきたない仮装、あなたもややろ~?」

レベッカがゴミ人間のあたまをひっぱったときでした。

「いてててて」

「キャアア!」

レベッカがでっかい声、あげてん。

「コイツ、仮装じゃないじ~!」

少年たちはゴミ人間からサッとはなれてん。

「あっちへいけや~バケモノ!」

「町からでてけ、ゴミ人間! 海にながされれや~!」

少年たちはつぎつぎに、きたないことばをあびせてん。