必ず借りれるビジネスローンはある?審査に通るコツ

事業用に資金を調達したい場合、審査に落ちることなく必ずビジネスローンを利用したいはずです。

しかし残念ながら、必ず借りれるビジネスローンは存在しません。

そこで今回は、ビジネスローンの審査に通るコツを詳しく解説します。

より確実にビジネスローンを利用したい方はぜひ参考にしてみてください。

ビジネスローンの審査に通るコツ

ビジネスローンの審査に通るためには、ビジネスローンの選び方や準備が重要になります。

審査に通るコツとして、以下の7つを参考にしてみましょう。


  • 上限金利が高いビジネスローンの方が審査に通りやすい
  • 借入希望額を少額に設定する
  • 事業歴や信用など審査に通る条件を整える
  • ノンバンクのビジネスローンを選ぶ
  • 事業向け、来店型のビジネスローンを選ぶ
  • 対面審査の場合は誠実な対応を心がける
  • 虚偽の申告は絶対にしない

上限金利が高いビジネスローンの方が審査に通りやすい

上限金利が高いビジネスローンは、金利の高さでリスクをケアすることによって、比較的審査基準が緩やかになっていることが多いです。

一方で、金利の低いビジネスローンは、金利でリスクをカバーしにくい分、貸し倒れが起きないように慎重に審査を行います。

金利は高くなってしまいますが、より確実に審査に通るならば、上限金利の高いビジネスローンがおすすめです。

借入希望額を少額に設定する

初めて借入を申し込む際は、借入希望額を少額に設定するのがおすすめです。

ビジネスローン会社にとっては、まだ返済能力のわからない人に高額の融資をするには警戒している部分があります。

いきなり多くの資金を調達することはできないものの、少額の方がリスクが少ない分審査に通りやすいです。

少額の融資を何度か利用し、増額依頼をすることによって本来の希望額まで融資を受けられるでしょう

事業歴や信用など審査に通る条件を整える

ビジネスローンの審査では、いくつか重視されるポイントがあるので、審査に通るように条件を整えることが大切です。

主な条件には、事業歴や税金の支払い状況、決算状況などがあります。

事業歴については、設立してからすぐは利用できないことが多いので、最低でも1~2年の事業歴が必要です。

税金は未納・滞納している状態では審査に通らないので、しっかり納付しなくてはいけません。

最後に決算状況ですが、赤字決算は支払い能力が低いと見られてしまいます。

審査に通るためには黒字決算にすることが欠かせません。

ノンバンクのビジネスローンを選ぶ

銀行のビジネスローンは、数自体が少なく、貸し倒れを防ぐために審査も厳しい傾向があります。

そのため、審査に通りやすくするためには、ノンバンクのビジネスローンを選ぶ方が確実です。

消費者金融が提供しているビジネスローンは、銀行系のビジネスローンよりも審査通過率が高く、審査に通りやすくなります

事業向け、来店型のビジネスローンを選ぶ

審査に通りやすいビジネスローンの選び方として、事業向けまたは来店型のビジネスローンを選ぶのも方法のひとつです。

事業向けのビジネスローンは、幅広くローン商品を提供している業者よりも専門性が高く、条件面だけでなく、将来性なども見極めてもらえる可能性があります

また、来店型のビジネスローンは担当者と面談をする機会があるので、対話を通して事情を汲み取って審査に通してくれるかもしれません。

対面審査の場合は誠実な対応を心がける

契約に面談が必要なビジネスローンに申し込む場合は、担当者とのやり取りにも気を付けましょう。

事業歴や決算など経営面ももちろん大切ですが、利用者の印象が審査に影響することもあり得ます。

受け答えが失礼だったり、身だしなみが乱れていたすると、担当者は不信感を持つでしょう。

丁寧な受け答えや誠実な態度などを心がけ、信頼できることをアピールすることが大切です

虚偽の申告は絶対にしない

審査に通りたいからといって、虚偽の内容で申し込むことは絶対にしてはいけません。

虚偽の内容が判明し修正したとしても、欺こうとしたことで信頼は大きく落ちてしまいます

また、虚偽の内容だけでなく、記載ミスも審査に落ちやすくなる要因になります。

数字の誤記入や記入欄の間違いなどはマイナス評価になるだけでなく、確認・修正に無駄な時間がかかり、資金調達も遅れてしまうでしょう。

まとめ

必ず借りれるビジネスローンは存在しませんが、審査に通りやすくするコツはあります。

ビジネスローンを選ぶ段階で、ノンバンクや事業向け、来店型から選ぶことが大切です。

審査で有利になるためには、上限金利や借入希望額、審査条件などに注意しましょう。

審査に通るコツをおさえて、ビジネスローンに申し込んでみてください。