加茂仲良しクラブ

この野球チームは一味ちがう
4月の体験会はハードでした
次回の体験会は未定です。
体験会は初心者優先で練習を一緒にします。
これから暖かくなってきますので、時期は最高です。
※体験会の方の持ち物 
>飲み物(水筒)  
>タオル      
>グローブ(あれば)
>動きやすい服装  
>夢と希望(笑)  
3月の体験会の様子
6月予定
大会出場はありません。
13日 練習試合vs貴志川ウインズ
 貴志川スポーツ公園
20日 練習試合vs湯浅vs貴志
 大東G 
1試合目10時頃 加茂仲B 対 湯浅B
2試合目13時頃 湯浅A 対 貴志A
3試合目    加茂仲A 対 貴志A

午前中は小学校(幼稚園)行事(参観)と重なるため、野球関係の自動車は遠くに置いてください。

4月11日海南海草支部新人戦大会A級 
準優勝
わかやま新報さんに掲載していただきました
↑ 詳細はタップしてください。
4月18日海南海草支部新人戦大会B級
優勝
また、わかやま新報さんが掲載してくれました。
↑詳細はタップ
コロナが心配?!
心配なのは仕方のないことです。
しかし、元々スポーツとは健康になるためのもの。運動不足で健康を維持できるとは誰もが考えてはいないはず。

野球はスポーツの中でも最も接触率の低いスポーツです。向かい合うピッチャーとバッターは遠いし、近くに寄るバッターとキャッチャー、ランナーと野手は、審判さえも、ほぼ同じ方向を向いていますので、飛沫感染の確立は低いです。タッチプレーもグラブ越し、ボールを打つのもバットで打ちます。すべて道具越しの接触です。

もちろん自動車移動時のマスク、体温管理、アルコール消毒には気を付けています。

勉強ばかり、ゲームばかりでにずっと居て、安全で健康だと思いますか?

「健全な心は健全な体に宿る」といいます。

無理にとは言いませんが、入団して健全になることが将来のためになると思います。
小学生の1年間はとても大きい
小学生は1年間でとても成長します。

野球だけで見ても想像以上に上達します。大人の時間よりもはるかに重要な時間です。技術的にも精神的にも、まるで別人になります。

あなたが我が子の将来を明るく考えるならすぐにでも入団することをおすすめします。

チームプレーを学べる
思いやりの心。仲間との助け合い。喜びや悲しみを共有することです。

チームプレー
を知ることは社会を知ることに近いです。

挨拶から始まり、道具を大切にすることなどもそうですが、何より人間関係が自然に学べるんです。上級生や下級生との関係性はまさに社会への第一歩と言っていいと思います。
それは学校以上の効果があるのではないかと考えます。

チームプレーとは、一つの目的のために各個人が別々の動きをすることです。

我が子を大事に思うのであれば、やはり入団してみることです、なぜなら、チームプレー(人間関係)を学べるからです。
チームプレーを学べる
思いやりの心。仲間との助け合い。喜びや悲しみを共有することです。

チームプレー
を知ることは社会を知ることに近いです。

挨拶から始まり、道具を大切にすることなどもそうですが、何より人間関係が自然に学べるんです。上級生や下級生との関係性はまさに社会への第一歩と言っていいと思います。
それは学校以上の効果があるのではないかと考えます。

チームプレーとは、一つの目的のために各個人が別々の動きをすることです。

我が子を大事に思うのであれば、やはり入団してみることです、なぜなら、チームプレー(人間関係)を学べるからです。
平日練習
水曜日、木曜日 主に加茂川小学校のグラウンド。夕方4時から約2時間(冬)、見学大歓迎です。
駐車場は加茂川幼稚園前です。地図はこちら
休日練習
土曜日、日曜日、祝祭日は主に大東小学校グラウンドです。朝9時から弁当持ちで夕方までの日もあり、午前練習だけの時もあります。もちろん見学大歓迎です。
駐車場は大東体育館の隣です。地図はこちら
休日の試合
新学期が始まる前に新学年チームでの大会が始動します。同時に新入団生体験会も始まります。気温も温かくなりつつあるので、ぜひ新しいスタート一緒に!!予定表をどうぞ。
親が大変じゃないの?!
保護者(親御)さんが大変なんでしょ!?
そうですねー、我が子の成長を見たくない人は大変な気持ちになるでしょうか。

新しい事するときは多少でも勇気は必要です。選手も親御さんも生活が変化しますからね、過去の親御さんたちは言います。それは成長するための良い変化です。
 
何もしなくていいと言う表現はウソです。しかし、何も「特別なことはしなくていい」と考えています。

土日の朝はきっと起きなくてなりません。弁当おにぎりを持たせる日もあります。手作りしなくてもいいと思いますが、見送るか、自動車で送るかはあるかと思います。選手(子供)一人で「行ってきまーす」って勝手に行くというわけにはいかないかと思います。

連絡
事項は保護者のスマホ(電話)が頼りです。
LINEグループに入ってもらい一斉送信で連絡が届きます。連絡網そのものが文字連絡です。なので今のところ選手本人よりも保護者に優先的に連絡を送ります。便利な仕組みだと思います。

・例えば予定、試合の予定や練習試合の予定が分かり次第早め早めに連絡が届く。これは便利で親切。

・例えば写真、チームでカメラを保有しており、その時の撮影係の人が静止画や動画を撮ってLINEに送ってくれるので、我が子を直接見て応援し、その後も画像で楽しめます。直接見ることが出来なかった人も大いに楽しめます。見に来れなかった人のためにどんな様子だったのか知ってもらえます。これもうれしい。

・例えば送り、遠征等で事前にLINEできている集合時刻よりも10分前くらいに着くことを目指しています。団体移動が多いので多くの保護者は試合場に行かなくても助かるはずですが、どちらかの学校までの集合には送り届けることになるかと思います。遅刻すると迷惑がかかるのでその点はご注意です。
普段の練習は各学校の事情がある場合が多いので、遅刻そのものに焦点を当てる事なく、むしろ練習内容を大事によく考えています。

例えば迎え、練習や試合などの解散(終了)少し前にLINEに送信してくれるので、お迎えをピッタリにくることができます。前もってだいたいの予想はできますが、練習内容によっては遅くなることも早くなることもありえます、全学年一緒に練習していると仕方なくそうなります。この連絡は忙しい人には助かります。

連絡係や写真係は役員でこなすことになります。
役員でもそれぞれの生活仕事がありますし、その点では監督コーチも同じことですので、みんなで手分けして、運営していこうと役割分担しつつ、助け合って運営しています。保護者もチームプレーと認識していますので、同じ動きをするのではなく、別々の動きで協力すればいいと考えています。

役員(選手が高学年)になると大変だと錯覚することもあるかと思います。でも絶対に練習を見に行く絶対に試合を見に行く、義務はないんです。送り迎えも大変な時は仲間に頼ってみたらいいんです。
子供たちが楽しそうにしてる姿や、真剣にボールに喰らいつく姿を見て、不思議と小さな感動がいくつも芽生えます。

我が子が学校との両立は出来るのか?
自分(親)はお弁当を作ったり、クラブの一員になれるのか。
と不安な方は体験入団しながら様子を見てみたらどうですか。1カ月体験制度も用意しています。

入団して少しでも何かをすれば新しい感情に出会えることは間違いなしです。
ほんとかどうか疑問であれば一度グラウンドに見にきてみて様子をみてください。
練習日:水・木・土・日・祝
場所 :加茂川小学校
    大東小学校
特別練習ロードワーク
↓ 高画質再生推奨
見学常時受付中!申し込み、問い合わせは
下のボタンから
梶本由里に電話をかけて、「カモナカ広告読みました」とお伝えください。
他の団体を探すのであれば、海南市のスポーツ少年団の広告がありますので、下のボタンをタップ