なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

明日へつなぐ希望、笑顔
―お互いさまの声が行き交う『福祉のふるさと』藤沢を目指して―

藤沢市議会議員

かみお江里

facebook

はじめまして、かみお江里です。

私の政治への思い

私はこの藤沢で生まれ育ち、江の島の見える海や近くの公園でのびのびと過ごしてきました。かつては子どもたちの声が溢れ、商店街は賑わい、地域が活気づいていたことを思い出します。しかし今はどうでしょうか。全国と同様、ここ藤沢市においても少子・超高齢化が進み、市の人口は、2030年の約44万人をピークにその後減少に転じると推計され、市税の減収や社会保障関係費が膨らむことが予想されています。また多様な働き方やライフスタイルが求められている中で、単身世帯やひとり親家庭の増加等私たちの生活環境は目まぐるしく変化しており、今こそ市民一人ひとりのニーズに寄り添った市政運営が必要です。

-困っている人、一人ひとりに真に寄り添うまち藤沢-

このような状況の中で、子どもの貧困、子育て不安、高齢者の不安(認知症、介護支援)、介護職員の処遇改善、在宅医療のひずみ(経験豊富な在宅医の不足等)、そして民生委員、児童委員等地域の担い手不足の問題など、直近の生活課題から派生する負の連鎖を断ち切り、幸せと豊かさのある、住み慣れた地域で自分らしく暮らし続けることができるよう、私は子育て世代の一員として、また介護を担う世代として、この思いを議会活動を通じて地域福祉の充実と環境整備に力を注いでいきたいと考えます。

社会の歪みー政治は日々の暮らしのありのまま生活そのものです-

 個人とは関係なく「社会的に生み出される不利益」格差と貧困が再生産される不平等な社会から、働いて税や社会保険料を納めれば「働いたら報われる」「働けば等しく暮らしを保障される」「働けば誰もが普通に家庭を持てる」という実感の持てるまっとうな世の中に変えていきたい。

ー将来への不安ー

子育ての不安

・ママのための産後ケア…ストレス、悩み等心身の健康を保つ
・働き方-仕事と家庭の両立の難しさ
・保育所に入れない
・学資負担の増加 等

老後の不安

・医療費・介護費の保険料、窓口負担の増加
・孤独死
・ひとり暮らしの高齢者への見守り
・認知症と介護支援
・病院、買い物等への交通アクセス

暮らしの不安

・食品の値上げ等家計負担の増加
・雇用の格差
・年金等、社会保障の不安

プロフィール

神尾 江里(かみお えり)

2019年藤沢市議会議員初当選
衆議院議員元秘書

1981年藤沢市生まれ 38歳
聖和学院第二幼稚園・藤沢市立浜見小学校・藤沢市立高浜中学校卒業
神奈川県立七里ガ浜高校卒業、法政大学法学部卒業
中学、高校と剣道部所属

【有資格】
・消費生活アドバイザー、消費生活コンサルタント
・二級ファイナンシャルプランニング技能士(資産設計提案業務)

【ボランティア活動】
笑いヨガ教室開催
(公社)日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会会員
緑のシンボルゾーン愛護会会員
傾聴ボランティア「やまびこ」会員
コミュニティハウス片瀬山サポーター
認知症サポーター

政策

いきいき、楽しく健康づくり
ー子どもから高齢者まで元気で健康に暮らすことができるよう、地産地消や食育等を通した「医食農同源」の取り組み-

  • 健康寿命の延伸を目指し、運動や健診、イベントへの参加によってポイントを付与され、商品券や景品等に交換する健康ポイント制度の積極的な導入を目指します。これは、地域振興(商店街の活性化)と医療費の削減の一環としても役立つと思います。

  • 健康寿命の延伸を目指し、運動や健診、イベントへの参加によってポイントを付与され、商品券や景品等に交換する健康ポイント制度の積極的な導入を目指します。これは、地域振興(商店街の活性化)と医療費の削減の一環としても役立つと思います。

働くママ・パパをサポート!
ー将来を担う地域の宝、子どもたちに夢と希望を育む投資を-
安心して産み育てることのできる環境を。

  • ・保育士の確保と待機児童の解消、幼児教育の無償化、保育士・幼稚園教諭の処遇改善、保育の質の向上とともに、病児・病後児保育の支援、一時預かり保育、放課後児童クラブの拡充。
    ・中学校完全給食を推進するとともに、所得制限なく小・中学校の給食費無償化を目指します。

  • ・保育士の確保と待機児童の解消、幼児教育の無償化、保育士・幼稚園教諭の処遇改善、保育の質の向上とともに、病児・病後児保育の支援、一時預かり保育、放課後児童クラブの拡充。
    ・中学校完全給食を推進するとともに、所得制限なく小・中学校の給食費無償化を目指します。

教育・共生社会
一人ひとりの尊厳が認められる藤沢に。

  • ・未来を拓く若者たちへの教育投資を。家庭の負担軽減を図り、返済の必要がない給付型奨学金の拡充。
    ・子ども、子育て世代、障がいのある方、高齢者等が互いにふれあい、多様な存在を認め合う場をつくるとともに、小・中学校での出前授業の一環として、福祉意識の啓発と体験学習を図ります。

  • ー障がい者に優しい社会は健常者も暮らしやすい社会ー
    ・特別支援教育対応の総合施設を・・・障がいのある児童、生徒の特別支援教育に関する保護者の相談、子どもの支援、教職員の研修機能を備えたセンター
    ・障がい者就労相談窓口の拡充
    ・高齢者を地域で支える「尊厳ある在宅患者支援ネットワーク」・・・質の高い在宅医療・介護の拠点づくり

  • ・未来を拓く若者たちへの教育投資を。家庭の負担軽減を図り、返済の必要がない給付型奨学金の拡充。
    ・子ども、子育て世代、障がいのある方、高齢者等が互いにふれあい、多様な存在を認め合う場をつくるとともに、小・中学校での出前授業の一環として、福祉意識の啓発と体験学習を図ります。

観光・産業
2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、
-「住んでよし、訪れてよし」の魅力あるまちづくりー

  • 固有の地域資源を活かし、新しい発想で歴史や伝統、文化芸術と地場産業の力を有効活用し、ブランド化を目指し、持続可能な誇れる通年型の観光・産業を。

  • 固有の地域資源を活かし、新しい発想で歴史や伝統、文化芸術と地場産業の力を有効活用し、ブランド化を目指し、持続可能な誇れる通年型の観光・産業を。

防災・減災
地域防災力の強化のために。

  • 防災教育の推進、また藤沢市の美しい景観を守り、通行スペース(緊急車両の通行空間の確保含む)やバリアフリー、そして地震等災害による電柱倒壊への対策に向けて、無電柱化への推進を目指します。

  • 防災教育の推進、また藤沢市の美しい景観を守り、通行スペース(緊急車両の通行空間の確保含む)やバリアフリー、そして地震等災害による電柱倒壊への対策に向けて、無電柱化への推進を目指します。

地域活動は、まちの課題を発見する原点です。

 寄附と企業の地域貢献活動の奨励―格差や貧困の問題が深刻化している今だからこそ既存の福祉が届かない「すきま」に手を差し伸べ、声なき声を大事にしている団体、NPO、ボランティア活動への支援をしていきたい。

いきいき健康づくり!
健康寿命延伸!

笑いヨガは、笑いとヨガの呼吸法を組み合わせた健康法。年齢や体力に関係なく、誰でもできる健康体操です。笑いヨガを行った後は、ストレスが発散されて、身も心もリラックスできます。

緑のシンボルゾーン愛護会

毎週火曜日、藤沢駅南口ロータリーで草木、お花のお手入れ、緑化保全等に取り組んでいます。

消費生活アドバイザーとして、環境教育出前授業

人と社会、地球環境に配慮して、モノを購入、消費することをエシカル消費と呼んでいますが、消費生活アドバイザーとして、限りある資源を有効に利用するため、社会に出る前の子どもたちを対象に環境教育に取り組んでいます。
活動報告

子ども食堂

 8月2日(木)カトリック片瀬教会内の子ども食堂に伺いました。全国的に広がる子ども食堂。教会の方や片瀬地区はじめ地域のボランティアさん、学生さん協力のもと、運営されており、この日は約120人分の夏野菜たっぷりのカレーを用意。カレーは、子どもたちの大好きなメニューの一つ。みんなの笑顔がこぼれていました。

認知症サポーターになりました。

 団塊の世代が75歳以上になる2025年問題が差し迫り、ご高齢者の5人に1人が認知症になるとも推計されています。認知症サポーターは、認知症への正しい知識と理解を持ち、地域で認知症の方やその家族に対してできる範囲で手助けする応援者です。身近な理解者として、サポーターの果たす役割、存在は欠かせなくなっていると切実に感じます。認知症予防への取り組みと共に、地域社会との接点を大切にしながら、誰もが互いに尊重し合い、支え合っていく仕組みづくりに力を注いでいきたいと考えます。

 上記の写真は認知症サポーターとしての目印、オレンジリングです。

立憲民主党神奈川県連所属党員研修会に参加(in箱根)

8月1日(水)~2日(木)、神奈川県連合所属党員研修会に参加致しました。各地域から党員が参加し、今回の研修会を通じて研鑽と交流を深める良い機会となりました。