学びの面白さを知っている子は、
自ら学ぶ。

大人になってからも学び続ける。
これこそが本当の自立である!

はじめまして。
亀岡科学キッズ
申します。
とにかく、
関心があるので問い合わせてみよう!

もしも、あなたの子どもが

どんどん学ぶようになれば、どんな気分ですか?

何を言っているの?

うちの子なんか勉強は大嫌い!っていつも言っているわ。

どんどん自分から学ぶようになるなんてありえない

それは、よっぽど優秀なお子さんだけの話よ。

 

そう思われる方がほとんどではないでしょうか。

だって、放っておいても教科書を開き、問題を解く…

そんな子ども見たことがありませんから。

物事、好きになる、嫌いになる…
理由が必ずあります

TVゲームが大好きな子どもに、何で好きなのか尋ねてみました。

「だって絵がめっちゃ綺麗で格好いいもん」

「次にどうなるか分からないから気になるねん。」

感じ方は人それぞれですが、面白いと感じる理由はあるようです。

 

では、勉強についてはどうでしょうか?

「毎日似たような計算ばかりでつまらない。」

「問題が解けたところで別にいいこともない。」

どうやら「楽しい」と感じる要素がとても少ないようです。

そんな感覚の中で、子ども達は

今日もドリル学習をし、プリントの問題を解いているのです。

子どもたちはいつ、
学ぶことの楽しさに触れることが
できるのでしょう?

学校へ行けば、次から次へと新しいことを教わります。

それがしっかりと頭に入るようにドリル的な学習が課せられます。

学習塾に行けば、さらにその量は増えるばかりです。

なにもこれは悪いことではありません。

 

けれども、これをこなして、テストで結果を出していく…

ここだけにフォーカスしてしまうと、

もっとも重要な事に触れられません。

 そのもっとも重要なこととは?

学ぶことって面白いなぁ…と感じたり、

あれっ?どういうこと?って

疑問に思ったことを追究したりすることです。

本来、人はたくさん学びたい動物なのです。

小さな子ども口癖のように

「これは何?」と質問をします。

何か面白そうなものがあれば、手にとってみます。

TVゲームも友達がしているのを見て、自分もしたくなるのです。

 

不思議に思ったことや楽しそうって思ったことには、

強い関心を示し、

自ら追究しようとするものが人の本来の姿です。

ところが、現代の子ども達の多くは、

学ぶことが楽しいと感じていません。

その原因は、もしかしたら私たち大人にあるのかもしれません。

まずは、
無料体験にご参加ください。
ご質問もお気軽に!
楽しさを感じるには、
先に教えてはいけません。
ただ、たくさん試してみるのみです。
偉人たちもそうしてきたのだから…。

子ども達はやはり、
いろいろ知りたい様です。

重たいものを楽に持ち上げる方法はないの?

なんで、何も繋がっていないのにアプリがダウンロードできる?

息を水に吹き込んでもサイダーにならないのは何で?

真夏にエアコンを使わずにもっと涼しくする方法はないの?

こんな疑問は次から次へと出てきます。

言い出すとキリがないほどです。

ところが、残念ながらこうした事は、

実現可能なのかどうか…学校で試すことはできません。

そして、「そんな事を考える暇があるなら勉強をしなさい。」

なんて言われ、教科以外の学びは価値が低い…

とさえ感じる様になってしまいます。


学校の先生ですら、そんな価値観で、

口を開けば「評定の平均が…」という話になりがちです。

その結果、

現代の子どもは夢をもっていない。

学ぶ意欲が低下し、気力もない。

などと、言われてしまうのです。

 

果たして、子どもが悪いのでしょうか?

あなたはどう感じましたか?

もっと単純に
学びを楽しみたい
それを形にしたのが
亀岡科学キッズです。

目の前で感じることが重要な理由とは?

亀岡科学キッズでは、

心理的なちょっとした仕掛けを用いて、

「えっ?なんで?」という疑問を引き出したのちに、

とことん試しながら、自然界のきまりを見つけていきます。

もちろん、年間を通してカリキュラムを組み、

理科的な思考力を育てることも行うのですが、

一番大切にしたいことは「試してみる」ということです。

 

なぜ、試すことを重視するのか?

それは、自分で試したことは自分の資産となるからです。

 

簡単な例をあげてみましょう。

近年はIHキッチンも普及し、

炎を見たことがない子どもも増えてきたとも言われますが、

彼らが、炎の映像を見て感じることと、

実際に、焚き火をしたり、炎で調理をしたりしている子どもが

感じることは全く質が異なると想像できるはずです。

 

それほど、本来、人の感覚は豊かであり、

五感で感じたことはしっかりと記憶することができるのです。

そして、体験が豊かになればなるほど、

他の問題に出会った時に、

これまでの体験を活用しようとするようになるのです。

これが価値のある思考力なのです。

どんどん自ら勉強をするようになる…

それは、テレビゲームと同じ発想だからです。

これまでの経験を活用して、何か新しいことができた。

となれば、大人でも嬉しいと思うことでしょう。


その習性を上手く活用したのがTVゲームです。

たくさんの経験を積むと、自分のレベルが上がり、次のステージへと上がる。

自分で成長を感じられながら次へ進めるのです。

 

亀岡科学キッズの講座は、この発想を用いています。

 

1つの講座で実験が1度しかないという講座はありません。

1度行った実験結果を用いて、次へと進むためです。

時には、子どもたちの方から「じゃあ、こんな場合はどうだろう?」

って言い出すこともあります。

それらは、可能な限り、とことん試して行くことになります。

そして、何度も試してきたからこそ、見えてくる「決まり」が見つかるのです。

時には、大人も気づくことができなかった

「決まり」が見つかることも出てくることでしょう。

 

少しずつ形を変えながら何度も試し、

最初はなんとなく感じていたことが、だんだん確信に変わる。

この過程が子どもの自信へとつながり、学ぶ面白さへと変容していくのです。

学校の理科の実験とは、ここが大きく異なるのです。

 

自分の思考がどんどん深く・広がっていくことを感じながら、

毎回、新しい発見がある。

 それが、亀岡科学キッズの講座なのです。

私たちの本当の目標とは?

科学が好きな子を育てるのではなく、

学び続ける子どもや大人を育てることです。

本当の意味で豊かな人生を歩んでいる人とはどんな人でしょう。

多くの人が憧れる大学に入学できると豊かな人生になるでしょうか。

「有名大学に入ったからもう安心!」そう言って、

学ぶことを辞めた人、たくさん見てきました。

 

その一方で、大人になってからも生き生きとされ、

経済的にも豊かで、自らも新しいことに挑戦される…

そう言った方々の共通点は、

有名大学を卒業されたとか、大企業に就職できた…ではありません。

全員が日々楽しく幅広く学び続けているということです。

 

ですから、亀岡科学キッズは、

科学的な実験を通して自然界の不思議を学ぶことはもちろんですが、

もっと大切にしたい点は、

学ぶことって面白いなぁ…って体感することです。

 

これまでの体験会に参加してくれた小学生の子も、

「面白かったけど、めっちゃ考えたわ…。」と話していました。

実は、考えるって面白いことなのです。

そんな感覚の人がどんどん増え、

自分からどんどん学ぼうとする人が増えることを願って、

スタートさせたのが亀岡科学キッズなのです。

まずは、
無料体験にご参加ください。
ご質問もお気軽に!

自己紹介が遅くなりました。渋谷浩一郎です。

京都教育大学卒業後に公立小学校の教諭として仕事をしてきました。

ところが、教育の現場は「学力低下」の言葉のあおりを受け、

言葉では「詰め込み教育ではない」と言いながらも、

実質は次々と新しいことを指導し、

学力テストでも結果を出すことが求められるようになりました。

 

そして、教科書は指導内容が増え、分厚くなる一方です。

こうした中では、なぜそれを学ぶ必要があるのか?とか、

どこに面白さがあるのか?といった学びの本質に触れることができません。

 

残念なことですが、子どもによっては、

どうせそんなことを先生に質問しても一緒に考えてくれない…。

こんなことを感じてしまっている子も見られます。

 

テストでの点数を競い、勝つことが学びではありません。

分からないことや自分の夢を実現させるために

どうすればいいのか考え、
そして、試してみる。


私自身も教諭という立場を降り、改めて学び直し、考え、試しています。

もちろん、苦労することもたくさんありますが、

こうした過程を亀岡科学キッズを通して一緒に味わえる仲間が増えたら、

きっと楽しいだろうなぁと思っています。

自己紹介が遅くなりました。渋谷浩一郎です。

京都教育大学卒業後に公立小学校の教諭として仕事をしてきました。

ところが、教育の現場は「学力低下」の言葉のあおりを受け、

言葉では「詰め込み教育ではない」と言いながらも、

実質は次々と新しいことを指導し、

学力テストでも結果を出すことが求められるようになりました。

 

そして、教科書は指導内容が増え、分厚くなる一方です。

こうした中では、なぜそれを学ぶ必要があるのか?とか、

どこに面白さがあるのか?といった学びの本質に触れることができません。

 

残念なことですが、子どもによっては、

どうせそんなことを先生に質問しても一緒に考えてくれない…。

こんなことを感じてしまっている子も見られます。

 

テストでの点数を競い、勝つことが学びではありません。

分からないことや自分の夢を実現させるために

どうすればいいのか考え、
そして、試してみる。


私自身も教諭という立場を降り、改めて学び直し、考え、試しています。

もちろん、苦労することもたくさんありますが、

こうした過程を亀岡科学キッズを通して一緒に味わえる仲間が増えたら、

きっと楽しいだろうなぁと思っています。

教室の場所

面白い人が集まる街 亀岡市

京都府亀岡市と言えば、霧で有名ですが…
実は、面白い方々がたくさんいる街でもあります。
子どもが新聞記者を務めたり、子どもにもパン作りを教えたり、お料理屋さんなのにお客さんを爆笑させる研究をしているお店があったり…。そんな街の雰囲気もきっと味わえるはずです。

京都府亀岡市中矢田町岸の上8−1
夜カフェPeche
駐車場もあります。

詳しい地図はこちら

実施要項

低学年の部(小学1年生〜4年生)
高学年・中学生の部(小学5年生〜中学2年生)

2つのグループに分かれて講座を行います。

<実施日時>

隔週火曜日クラス(低17:00〜18:40 高19:00〜20:40)
隔週日曜日クラス(低13:00〜14:40 高16:00〜17:40)

当面の実施予定日

4月15日(土)・4月25日(火)・4月30日(日)
5月 9日(火)・5月14日(日)・5月21日(日)
5月23日(火)

※随時無料体験会を行っております。
 興味をもたれた方は、
 問い合わせフォームよりお問い合わせください。





よくある質問

Q
学校の成績があまりよくありません
実験は好きと言っていますが、そんな子どもも楽しめますか?
A
学校の成績は一切関係ありません
大人から見れば、遊びのように見えますが、実験を繰り返すことで、
何となく次はこうなりそう…って予想が立てられるようになります。
こうした経験を何度も繰り返すことで、
何となく自信に変わり、言語化されていきます。
学校の成績が悪いというのは、学校で学習したことが本当かどうか
まだ、お子さんの中で確認ができていないというだけかも知れません。
Q
夏休みの自由研究の相談にものってくれますか?
A
もちろんです。夏休み期間中は、個別に自由研究の相談をする予定です。
教師をしていて感じたことは、自由研究について十分な指導ができないまま夏休みに突入してしまい、子ども達は具体的にどうすればいいのか困り、結局は家の人が頑張る…そんなケースも多かったように思います。夏休みだからこそできる研究を子ども達と相談して、楽しめる研究をしていきたいと考えています。
Q
どの程度のことが学べるのでしょうか?
A
分子レベルのことまで踏み込みます。近年、「理科離れ」とよく言われますが、目に見えない世界の話が教科書に突然出てきますから、無理もないことだろうと思っています。
そう言った世界観はどんな現象から考えられたのか?その発想に触れると、小学生でも十分に目に見えない世界も楽しむことができるようになります。さらに詳しい内容は、体験に来られた際にお伝えします。
Q
特徴的な取り組みがあれば教えてください。
A
子どもたちに、できる限り生の体験をして欲しい
そんな願いがありますから、少しばかり野菜を育てて食べるとか、火を用いることもあります。また、将来展望も視野に入れて、科学に関わる仕事をされている方のお話が聞ける機会も計画しております。
Q
学校の成績があまりよくありません
実験は好きと言っていますが、そんな子どもも楽しめますか?
A
学校の成績は一切関係ありません
大人から見れば、遊びのように見えますが、実験を繰り返すことで、
何となく次はこうなりそう…って予想が立てられるようになります。
こうした経験を何度も繰り返すことで、
何となく自信に変わり、言語化されていきます。
学校の成績が悪いというのは、学校で学習したことが本当かどうか
まだ、お子さんの中で確認ができていないというだけかも知れません。
まずは、
無料体験にご参加ください。
ご質問もお気軽に!
たくさんのことを伝えましたが、
全ては、この一言に
詰まっているのではないでしょうか。

面白かったけど、めっちゃ考えたわ。