データ通信使い放題のSIMの魅力って

データ通信使い放題のSIMの魅力は、パケットを気にせずにインターネットを好きなだけ使えること。
でも、通信速度の上限が設けられていて、通信速度が他の格安SIMと比べて遅いのがデメリット。

通信速度さえ気にしなければ、低価格で維持できるのは有難い。

アプリケーションなどのアップデートでも時間はかかるが、パケットを気にしなくてもいいのは助かる。

データ通信使い放題のSIM一覧

楽天モバイル
スーパーホーダイ(高速通信オフ時)月額2,980円=1Mbps
ペーシックプラン 月額525円=200kbps

UQモバイル 
データ無制限プラン 月額1,980円=500kbps

TONEモバイル
月額1,000円=500kbps

mineo
シングルプラン 月額700円

ロケットモバイル
神プラン 月額298円=200kbps

エキサイトモバイル
月額500円=200kbps

DMMモバイル
ライトプラン 月額440円=200kbps

どの格安SIMがオススメなのか!

通信速度重視なら楽天モバイルのスーパーホーダイ
低価格重視ならロケットモバイル

TONEモバイルも悪くなさそう!

TONEモバイルの評判について調べていると以下のサイトに辿り着いた。
以上のページに書かれていたことは、TONEモバイルの回線が強化されお昼休みの混雑しやすい時間帯を除けば、1Mpbs以上でるとのこと。

このページを作成したのは8月3日

このページを作成したのは2019年8月3日。
格安SIM業界は、成長スピードは速いので、これから期待したい。
これはあくまでも、私のメモ帳なので、このページに訪れた人は参考程度に!
また、情報をインプットしたらアウトプットしたい。