格好良い大人になりたい!
自慢の父親でいたい!

未来の自分、そして大切なあの人の為に!
心も体も一生健康でいる
格好良い大人になる5ステップ
オンライン講座 無料セミナー&説明会

12年間スポーツ現場
延べ800名以上のアスリートに指導し
日本一になった経験で伝える

心と体を格好良くする方法
こんな事を思っていませんか?
✔子供にダサいと言われたくない!
✔仕事のパフォーマンスを上げたい!
これからの健康を真剣に考えたい!
✔1年で5kg以上太った…
人間関係を良くしたい!

そんな方におすすめなセミナーです!

格好良い大人になれていますか?

・自慢のパパ・ママでいたい!

・昔の体型に戻りたい!

・子供に格好良いところを見せたい!

・妻・夫とずっとラブラブでいたい!


そんなあなたに!
心と体を健康で若々しく
いつまでも格好良い大人でいるための方法を伝えます
【トレーナープロフィール】
関口純裕 せきぐち まさひろ
1987年生まれ 2児の父
アスレティックトレーナー・栄養コンシェルジュ


 10年間ラグビーチームでトレーナーを行い、明治大学ラグビー部ではヘッドトレーナーを務め日本一に貢献。その経験を元に「格好いい大人になるダイエットプログラム」や器具を使わない「身体改造ストレッチ&トレーニング」を開発。

 
子供が出来たことをキッカケに、子供の自慢の父親でいたいという気持ちが大きくなるも、朝5時30分から22時まで働くトレーナー現場で心身ともに疲弊していく。家族との時間も全くとれず、思い描く理想の父親像と現実のギャップに思い悩む日々を過ごす。

 

そんな時、尊敬するラグビー監督の言葉をキッカケに、大人が楽しくイキイキと生活している事が子供にとっても大切であり格好いい大人であることに気付き、スポーツ現場を辞めて新しい分野にチャレンジするとこを決意した。

現在は、子供が未来に希望を持てる社会・子供がチャレンジしやすい社会にするために、格好いいパパを増やすため日々活動中。

【経歴】
明治大学ラグビー部トレーナー
武蔵丘短期大学 非常勤講師
三菱重工相模原ラグビー部トレーナー
大東文化大学ラグビー部トレーナー
獨協大学男子ラクロス部トレーナー
コナミスポーツ パーソナルトレーナー

【資格】
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
栄養コンシェルジュ 2つ星
アスリートヨガ指導員

実績

  • 12年間スポーツ現場でプロのトレーナーとして活動
  • 延べ800名以上のアスリートにトレーニング・リハビリ指導
  • ヘッドトレーナーを務めたラグビーチームで日本一に貢献
  • 登山経験ゼロの男性がキリマンジャロ(5895m)登頂成功
  • 短期大学でトレーナー専攻の講師としてトレーナーを育成
  • 1週間−3kg、1ヶ月−5kg、2ヶ月−11kgを実現するダイエット
  • 延べ800名以上のアスリートにトレーニング・リハビリ指導

オンライン講座では
以下のような内容を
お伝えします!

  • 週3回カレーを食べても2ヶ月−10kgを実現する食事法
  • 器具不要!肩こり・腰痛、不調知らずの身体づくり
  • 仕事のパフォーマンスUP!心と体の整え方
  • 家族関係、人間関係を良くして幸せになる方法
  • 器具不要!肩こり・腰痛、不調知らずの身体づくり

無料セミナー&説明会詳細

◆場所:Zoom
◆料金:無料
◆日程
 9月29日(水)10時~11時
 9月30日(木)13時~14時
 10月4日(月)20時~21時
 10月9日(土)10時~11時

追伸

最後に私の思いを少しだけ伝えさせて下さい。


 私がなぜ10年以上続けてきたスポーツの世界から一般の方の指導をするようになったのかと言うと、あるキッカケがあったからです。


 そのキッカケとは、子供達の存在です。


 私は今2人の子供がいるのですが、子供が生まれて思ったのは、子供が自慢出来る父親でいたいという事です。「ウチのお父さん格好いいよ」って友達に自慢できる父親になりたと思いました。


 さらに子供たちにはこれから色々な事にチャレンジしてもらいたいと思っています。それは私が子供の頃、野球・サッカー・水泳などやりたい事はなんでもやらせてくれて色々なチャレンジをさせてもらったからです。


その経験が今の自分を作っているので、子供たちには色々な経験をして、色々な事にチャレンジして欲しいと思っています。

でも子供たちがチャレンジするには、まず我々大人がチャレンジしていないとダメだと思ったんです。じゃあどうすれば良いんだろう?いろいろ考えた結果、私がたどり着いたのは、格好いい大人を増やすという事でした。

 
イキイキと楽しく、新しいことにチャレンジしている格好いい大人が増えれば、子供たちも自然と色々な事にチャレンジしたくなる。そう思ったんです!

子供たちが未来に希望を持てる社会・チャレンジしやすい社会を作るために、私は格好いい大人を増やしていきたと思っています。