〜新時代の幕開け〜

2019年。
今年は平成が終わり、新年号となります。
「平成が終わる」ということには特別な意味があるということをご存知でしょうか?
年号というのは、その時代の象徴をしています。


例えば、「昭和」という漢字を分解すると、
「日+召+和」となります。
つまり、「日(=太陽)が召されて和する」です。

これは古事記において、太陽の神様であり、
最高神である天照大神(アマテラスオオミカミ)が
世界を治めるということです。


昭和は、戦争もありましたが、
そのあと、日本はどんどん発展し、
世界トップクラスの豊かな国にまりました。

世界最高の技術を持ち、
世界でもっとも美味しい食べ物があり、
世界で一番安全で、長寿の国、それが日本です。


更に時代を遡り、「明治」という年号は、
日(太陽)と月の両方が治める、という意味です。

江戸時代で続いた鎖国が終わり、
海外からどんどん人が入ってきて、
「和魂洋才」という言葉があるように、
両方の良いところを取り入れよう
という流れが生まれました。
(和魂洋才...日本の精神を大切にしつつ、
西洋の文化を取り入れ調和し発展させていくという意味)


それでは、「平成」という年号のもつ意味は?
というと「一」+「八」+「十」+「成」と分解できます。
つまり、「一八十(いわと~岩戸~)成る」です。

なんと、平成は古事記でいうところの、
「天の岩戸隠れ」を表しているのです。

太陽の神様である天照大神(アマテラスオオミカミ)は、
天の岩戸に御隠れになり、
世界から太陽が消え、暗い世界となります。

実際に、平成は様々な事件や天災などあり、
なんとなくどんよりとした空気が漂っていました。
しかし、その平成ももうすぐ終わりを迎えます。

そんな今、
まさに「天の岩戸開き」のタイミングでもあるのです。

このような貴重な瞬間に立ち会える私たち。
この時代に生まれてきた意味とは
一体どういうことなのでしょうか?





〜一歩踏み出すことで人生を変える〜


人生で大きく成功する人と、
成功しない人の違いって何だと思いますか?


これは、いろんな角度から説明できると思いますが
一つの視点として、

「誰と、どんな時間を過ごすか?」

ということが大きいのではと考えています。

これは、良くも悪くもです。

例えば、金八先生みたいなインパクトのある教師と出会い、
そこで一生忘れられないような時間を共にした人は、

その後の人生の一つ一つに意味を見出し、
心豊かな人生を送っている人が多いと思います。


しかし、世の中の多くの人は、
誰かに用意されたレールの上を歩み、
誰かに用意されたレールの上を歩んできた人と出会い、

人生の意味すら考えず、
永遠に続く日常を錯覚しながらただ淡々と、
「やらなければいけないこと」と

自分自身に呪文を唱えながら、
日々を送っているのではないでしょうか?


しかし「本当は変わりたいんです」と言葉で発しながらも、
現状に甘え、無理だと決めつけ、人のせいにして・・・
人を信用できなくなって、

最低限に人と関わりながら社会生活を送り、

表面的に人に合わせつつも
、あなただけの世界の殻に閉じこもってしまってませんか?


そういう日常を送っているとどうなるか?

だんだん思考が固定化され、
凝り固まった価値観をなかなか変えることができません。


そして気がついた時には、誰とも話が合わず、
必要以上に孤独を感じ、生きる意味さえ見出せず

一見すると豊かな人生を送っているようで、
心のなかでは廃人のような人生を歩んでいる。


もしかしたら、
今現在そのような状況に置かれているかもしれません。

全ての原因は、いかに「自分の人生」を生きていないか。
私たちは数多くの人と出会う中でそんな人をたくさん見てきました。

では「変わりたいのに、変われない」人はどうしたら良いのか?

それが、まさに、
「誰と、どんな時間を過ごすか」にかかっているのです。

今いる枠から一歩外に出ることで、
その誰かと出会い、時間を共有することで、

あなたという人生の歯車が大きく回りはじめるのです。




〜自分で自分の人生を生きよう〜

「平成は、暗いムードがずっと漂って終わったね。
だけど、次の時代は、日本オリンピックもあるし、
きっと今よりも盛り上がっていくよね・・・」

そんな言葉を時々耳にします。

これを聞くたびに
「なんて、他人任せな生き方なんだろう」
と思ってしまいます。

どうして、自分で盛り上げようとしないのか。
もしかしたら、自分だけの力なんてたかが知れている
と思っているのかもしれません。


しかし、ここまで読んで、
「時代が変わるこのタイミングで、自分の人生も変えてみよう!」

そう思った方は、
時代を感じるセンサーが優れていると思います。

このまま、何も行動を起こさず、

ただ新しい時代が来るのを待つだけの人と、
このチャンスを逃さず行動を起こした人と、

一体どれだけの差が生まれるか、想像できますでしょうか。

もちろん、普段通り過ごしていても時間は進み、
新しい時代に向かって動いています。


ですが、このせっかくの機会、
インパクトのある私たちと一緒に過ごしてみませんか。

一生忘れられないような時間を共に作っていきませんか。

もしかしたら、
平成という時代という象徴とともに、
岩戸から出たくても出られない、

そんな方がいらっしゃるかもしれません。

新しい年号になっても、
自分だけ岩戸から出られないのではないか?

と思っていらっしゃるかもしれません。

しかし、心配はいりません。
そんな人たちのためにこの講座をご用意いたしました。

さぁ、私たちと一緒に
次世代の扉が開くエネルギーとチャンスをしっかりと掴んでいきましょう。




開運✨天の岩戸開き講座 詳細


日本の伝統でもある節句。
元は中国の思想「陰陽五行説」に由来しています。
陰陽五行は、
仏教や儒教と同じく5世紀から6世紀頃に日本に伝わりました。

それによると、奇数は縁起のいい日、
特に1月は新年の始まりであることから
別格と考えられていて、
逆に偶数は縁起が悪い日と考えられていました。

また、3月3日、7月7日など奇数が重なる日は転じて、
災いが起こると言われ、
それを避けるために神々に供物と呼ばれる食物をお供えし、
人々も同じ食物を食べて邪気祓いを行なっていました。

そういった供物を神にまつる日そのものを
節句と呼ぶようになり、
食物の生産の無事を祝う年中行事として定められました。

現代になり風習へと進化を経て
今の節句のお祝いの形となりました。

何気なく迎えている節句の行事。
その本当の意味をこの講座ではお伝えしながら、
日本にご縁があってこの地に降り立ったすばらしさを実感し、

自分のルーツを辿りながら、
自分の素晴らしさに気づき、
自分を解き放とう!

そんな願いを込めた講座になっています。


・・・・・・・・・・・・・

講座は毎月開催していきます。

山本和枝が、節句や暦、日本の伝統のお話などをお伝えしていきます。
内容は、その当月ではなく、前月になっています。
前もって知っていただくことで、行事をより深く味わい楽しんでいただきたいと思っています。

また、劇的に開運体質になっていく『開運絆手帳』も活用することで、なりたい自分へと本来の魅力を解放していけます。

それと共に、常田靖子が、暦にまつわる絵本を一冊読み聞かせます。
そこからそれぞれに気づきが生まれていき、内なる自分の魅力を外へと向けていけるようになります。

一年のサイクルが終わる頃、あなたはどんな自分に目覚めているでしょうか?

想像するだけでワクワクしてきませんか?

その先にある、さらにワクワクする人生を
仲間と一緒に手に入れましょう!!


この講座に参加することで・・・

◎もともと自分を表現するのが苦手だったのに
 やりたいことを見つけ、自ら申し込んだり出かけるように!!

◎まったく恋愛に縁がなかったOLが
 想像もできなかったほどの理想のパートナーをゲット!!


◎夫や周りの人を気にしてやりたいことができなかった主婦が
 やりたいことをできるようになり、家庭も以前より円満に!!

などなど、
本来の自分を取り戻して新しい人生を楽しんでいます。


年間スケジュール

1月
立春・一年のスタート
2月
上巳の節句(雛祭り)
3月
桜のお花見・予祝
4月
端午の節句
5月
時の記念日・輪くぐり
6月
七夕の節句・5色
7月
お盆・命の祭り
8月
重陽の節句・菊の花
9月
十五夜・お月見
10月
七五三・1111
11月
冬至・一年の締め括り・新年の準備
12月
人日の節句(春の七草)・正月
6月
七夕の節句・5色

【チーム開運丸】講師紹介

〜歩く開運〜
山本和枝

「歩く開運」とも称される開運体質。
周りには常に人が集まり繋がっていき
仲間との絆に感謝し大切にする愛の人。


その生き方の根本にあるのが、季節と共に生き、自然な自分で楽しむこと。

季節感がなくなっている現代において、季節感を大切にすることを常に意識している。

夏は夏のもの、冬は冬のもの、近くで採れた新鮮なもので料理をし、

クリスマス、お正月、お雛様・・・など季節の行事には
家の中の装飾からお雛様などの道具まで、家族みんなで手作りで飾る。

「年中行事は家族をつなぐもの。
また、代々受け継いできたもの。」

これを大事にしていきたいと思っている。

この変わりゆく季節、
日本の良き暦と共に生きる。

という素晴らしいことに感謝すると共に、代々伝わってきたことを途絶えないように伝えていきたいという想いがある。


食習慣の改善を伝えている今の仕事では、最短10ヶ月で最高タイトルを取得。
会社創業から11年、その記録を超えた人はまだ誰もいない。

現在、自身の心に響いた言葉や学びなどをメッセージにし、毎朝300人以上の一人一人に4時間以上かけて送るのが日課。

また、劇的に開運体質へと変わっていく『開運絆手帳講座』を主宰し、開運ライフを送る仲間を次々と輩出している。

〜絵本セラピスト〜
常田靖子(とっこ)

新卒で外資系IT会社に入社し、入社直後からトップクラスの営業成績で活躍。
バリバリ働き、歩合制の報酬体系だった為 友達の何倍もの収入を得る。しかし次第に、金銭感覚が狂っていき 気がついたら友達がいなくなっていた。

ある時、営業先の社長から「人生楽しい?女を忘れてない?」と言われ、ハッと気づく。
地に足がついてない自分、周りに男性はいるものの恋愛対象にもなっていない自分に・・

その事をキッカケにその社長の秘書として転職。転職先の会員制スポーツクラブに通っていた夫と出会い、結婚。

思わぬ流れから、夫の母親がやっていた会社の社長に就任する。
業績は良く社外的には認められていたが、従業員や親会社との人間関係に苦労する日々。
2013年頃、ストレスが限界を超え、精神的に家から出れなくなってしまった。

そんなとき、友達が1冊の絵本を読んでくれた。内に閉じ込めていた思いが溢れて号泣する。
本来の自分の想いを解き放ち、本当にやりたいことをしようと決意した。

自分自身が救われた絵本を もっと多くの人に伝えたい!と思い、絵本セラピスト®の資格を取得した。

絵本には大人だからこそ 感じられる不思議な世界があります。

「絵本の魅力を知って、その人がまた誰かに絵本を紹介する。」
そんな人から人へ、時代から時代への橋渡しができたらという思いで活動している。

現在は、学校やママのサークル・ライオンズクラブ、商工会など、多種多様な大人の方向けに活動しています。

ナビゲーター

〜らしさプロデューサー〜
檀浦聖徳

広島の瀬戸内海に浮かぶ小さな島に生まれ育つ。
専門学校卒業後、就職氷河期と呼ばれる時代を過ごす。

そんな中、将来の起業に向けて、さまざまな経験を積むために
思いつく限り業種・職種を経験する。その数、40種を超える。

その後、起業時のために必ず必要になるだろうと思い、
営業の世界へ飛び込み、散々の挫折を経験する。

この時、如何に相手に興味を抱かせるか?
人の心理や人そのものに興味を持つようになる。

その結果、優績者平均の約3倍となる
月間約930万円の会社史上初の売上げ成績を樹立。

2004年、ひょんなことから広島で築いたすべての人脈を置いて、
全く人脈のない名古屋へ。
一年後、保険業界に飛び込み、知人3名からの人脈つくりが始まる。
あっという間に人脈を増やし、人脈モンスターと呼ばれる。

その頃、セミナーや講座など10年で1000万円以上を自己投資。
本も月20冊以上、 8年で約2,000冊を読破。
学んで得たことはすぐにアウトプット&実践することで、
学びをお金に変える方法を身につける。

その後、本を断捨離し、幸せの本質を求め、
自分の人生を楽しむことにマインドをシフト。

自然の中に豊かさのヒントがすべてあることに気づき、
自然の摂理に沿ったエネルギーの循環を意識するようになる。

自分“らしさ”を活かし、
自分自身が幸せに満ち溢れ、溢れた幸せで周りの人も幸せに、
そんな豊かさが循環していく世界にできたらという想いがある。

現在、ひとりひとりが自分らしく自然に楽しめるように、
プロデュースしている。

 お問い合わせ・お申し込み方法 

まずは『開運✨天の岩戸開き講座』のLINE@にご登録ください。

ご登録の方法はこちらからワンクリックで↓


またはこちら↓の手順でお願いします。

STEP

1

LINEアプリを立ち上げる

STEP

【友だち】マークを押す

STEP

【友だち追加】を押す

STEP

右のQRコードを読み込むか、
ID(@xif3964s)を検索してください

STEP

1

LINEアプリを立ち上げる

主催

チーム開運丸⭕️