買取ファクタリングとは?

買取ファクタリングとは、企業の売掛債権をファクタリング会社が買取って現金化するものです。

買取をする際に、ファクタリング会社は売掛債権の額面を満額出すわけではなく、何%か割り引いた金額を支払います。

その割引分が、買取ファクタリングにおける手数料です。

本来、売掛債権は支払期日になって、ようやく入金処理が行われます。

しかし、買取ファクタリングであれば、売掛債権さえあれば好きなときに現金化ができますから、急いで設備投資や取引先への支払いなどをしなければいけないときの資金を調達できます。

手形割引と買取ファクタリング

将来に支払われる代金の現金化ということでは手形割引があります。

買取ファクタリングで扱う売掛債権の方は、商品を受け取った代わりに代金を支払うと言う約束であるのに対して、手形割引で扱う受取手形は支払う金額と期日をはっきりと決めた会社同士の約束です。

受取手形は法律に基づく約束になり、法的拘束力が発生します。

このため受取手形は期日を守らなければ不渡りとなり銀行との取引が停止されますが、売掛債権で期日を守らないことで法的な処罰を受けることはありません。

そして、買取ファクタリングでは、もし支払いが行われなかったときにはすでに売却・譲渡済みだからということで、現金化をした企業は責任を取る必要がなくなります

一方で手形割引は、受取手形を担保として融資を行っている形になるので、もし不渡りとなったときには融資をしてもらった金額を変換して受取手形の買戻しが義務付けられます。

さらに、手形割引が行っているのは融資ですから、貸金業法の規制を受けます。

そのため、手数料は法の範囲内でなければいけませんし、業者の登録も必要になります。

一方、買取ファクタリングについては手数料を自由に設定できますし、業者の登録も必要ありません。

ただし、売掛債権の買戻しを前提としているならば、それは買取ではなく融資となります。

裁判ではそういう商売をしていた業者をヤミ金だと認定をしましたから、利用する企業も十分に注意をしなければいけません。

売掛債権が期日になった時の入金

売掛債権が期日になった時の入金は、もともと債権を持っていた原債権者に支払われる代金をファクタリング会社に回す場合と、直接ファクタリング会社に支払われる場合があります。

取引先から入金された代金をファクタリング会社に回す場合は、入金の処理は普段と変わりませんから取引先に事前の連絡をする必要はありません。

ファクタリング会社に直接入金する形にするには、取引先に連絡をして承諾を得る必要があります。

そのことで信用が落ちる可能性はありますが、代金がより確実にファクタリング会社に入りますから手数料が安くなります

おすすめのファクタリング会社

日本中小企業金融サポート機構

・業界最低水準の手数料1.5%~、最短30分で審査結果が分かる

・審査通過率95%以上、クラウド契約により郵送も来店も不要

・利便性とコスパに優れたファクタリングとして高評価