あま市で解体工事、解体業者を探しの方は、安心安全、適正料金で運営の解体工事サービスセンターにお任せください

あま市で初めて住宅、マンション、空き家、古い家、アパートなどを壊すことを考えた時、どんなことを行えば良いのか、わからないと思います。まず、家などの建物を壊すためには、解体工事を行っている業者・会社に依頼する必要があります。近年、DIYブームの関係で自分でも家を壊す事ができるのではないかと考えられる方もみえるかと思いますが、解体工事には、建物滅失登記や建設リサイクル法など法律が関わってくるのと、建物を壊す作業は事故など危険が伴うため、一般的の人が解体工事を行う事はできません。そのため、業者・会社に依頼する必要があります。ただ、初めての方だと、どこの解体工事業者・会社がお勧めなのかや料金が安くて信頼できる業者は、どうやって探せば良いのか、わからないと思います。ここでは、少しでも、わからない事や不安な事を減らすことができるように、料金が安くて安心信頼できる業者・会社の見つけ方をご紹介していきたいと思います。ネットなどで口コミや評判が良いところや人気なところを見つける方法もありますが、料金の事を考えると少し不安になるので、詳細な見積書をもらいましょう。解体工事は、建物広さ(坪単価)、木造・鉄骨などの建物の構造、壊す建物の立地状況、外壁などの付帯工事、棚などの大きな家具、工事で出てきた産業廃棄物の処理、役場への申請・登録などの事務手続きなどによって料金が変動します。その他に、台風などの天候でやむを得ず工事の延期や井戸や古い配管などの地中埋設物によって追加費用が必要になる事があります。そのため、料金の内訳・工事内容・追加費用の有無など詳しくわかる見積書もらうようにしてください。ただ、複数の業者・会社の見積書を比較しても、本当に相場に沿った適正料金なのかわからないと思います。もう一つ確認してもらいたいのが、業者・会社の対応です。なぜ、この料金になったのか、工事内容について、工事前の近隣住民への挨拶や騒音・粉塵・振動の安全対策やクレーム対策について、産業廃棄物の処理はどのように行っているのかなどの説明をしてくれる。また、見積書や説明には一般の方が知らない専門用語が多く出てくるので、一般の方でもわかるように詳しい説明をしてくれるところがお勧めです。解体工事は、一生に一度あるかないかの工事なので建設業界で働いている人以外の人は、知らない事ばかりだと思います。そのため、不安になる事が多いと思いますが、まずは電話相談・無料見積・無料現地調査などを利用して不安を消していって、業者・会社は時間をかけて決めることがおすすめです。

どんなタイプの家や建物が取り壊し可能なのか、取り壊した後どのようにする方が多いのか

解体工事、家の取り壊しでは建物のタイプや広さなどによって、料金や工事内容が異なってきます。建物の構造は、木造(W造)・鉄骨造(S造)・RC造(鉄筋コンクリート造)・SRC造(鉄筋鉄骨コンクリート造)と大きく4つに分けられます。解体にかかる費用は、比較的取り壊しのしやすい木造が一番安く、工事の難度や廃材処理の関係で鉄骨造、RC造、SRC造と料金が上がっていきます。また平屋と二階建てでは、平屋の方が工事料金が割高になっています。平屋は構造上、屋根や基礎が多く、その分コンクリートなど廃材の分別・処理に手間や費用がかかってしまうためです。あわせて、外部にモルタル壁が使われている、地盤の補強のために地中杭が使われている、建物自体が重い・軟弱地盤のためにベタ基礎などになっている場合はやはり廃材の廃棄費用が高くなりがちです。そして、重要なのがアスベストの有無です。アスベストには発がん性があり、吸引してしまうと大きな健康被害を受けてしまうため、適切な処理や飛散防止のために専用の資格、許可を持った専門業者でないと解体工事が進められません。このように廃棄物の分別・運搬・処理は解体工事おいてとても重要です。不法投棄など違法行為、トラブルを生じさせないためにも解体業者にしっかり確認しておきたいポイントです。そして、解体工事が終わった後はどのようにする方が多いのかも気になりますね。家の建て替え、アパートへの建て替え、駐車場にする、土地の売却などの選択肢がありますが、その際の注意点もあります。家やアパートの建て替えの場合は、残土処分といった解体工事の面だけでなく、建築会社への引継ぎなどまで解体工事会社と打ち合わせておくことが重要です。駐車場や土地を売却する際に気をつけておきたいのが整地です。駐車場にするにも土地を売却するにも、更地から木材、鉄くず、ガラス片などのがれきを取り除き整地する必要があります。解体業者の整地作業が不十分だと、がれきが残っていたり、地下にコンクリートや廃材などのゴミが残っていることもあり、追加工事・追加料金につながってしまいます。そのため解体工事を行うにあたり、解体後のことまで相談できる業者、アドバイスしてくれる業者に依頼することをおすすめいたします。このように解体工事は、解体作業だけでなく廃材処理や解体後の整地などまで多くのことを意識しておかなければいけません。そこで解体工事業者選びの際は、料金(価格、費用)だけでなく、安心・安全に工事を行うために業者がどのような対応、対策を行っているか確認しておきましょう。

家を壊すときの作業の流れ

解体工事を安心・安全・円滑に進めるためにも、取り壊しの流れまで知っておきたいですね。まず、業者に問い合わせ、依頼をして現地調査、見積りとなります。問い合わせ時に家の構造や広さなどを伝えておくことで見積り概算を案内してくれる業者もあるので参考にしてみるのもいいですね。次に現地調査を行います。現地調査で家屋の構造や広さといった建物の情報。隣接家屋との距離、付近の道路の広さなどの現場条件。あわせて、家屋以外で解体、処分するものなどを確認します。現地調査を十分に行った上で、見積りの提出となります。その際は無料現地調査・無料見積もりといったサービスを利用して、見積もりの比較や工事内容、業者の対応の確認しておくことをおすすめいたします。工事が決まったらご近所の方々にご挨拶に伺います。その際は、施主様と業者で一緒に伺い、騒音や振動、粉じん飛散などでご迷惑をお掛けするになることのお断りから工事内容や工期といったことをお伝えします。あわせて、電気・ガス・浄化槽(便槽)、CATVなどの配線や配管の解約、撤去手続きも進めます。ここで注意しておきたいのが水道です。水道は粉じん対策の散水のために利用することがあるので、業者と相談した上で手続きを行いましょう。また、建設リサイクル法といった重要な届け出も必要となります。そして、足場の組み立て、騒音・振動対策の養生シートを設置して解体作業に入ります。最初に内部(内装)を手作業で解体し、重機で建物の本体の解体に移ります。解体作業で出た廃棄物(廃材)を分別、収集、搬出、処分は重要で解体業者が処分までできる許可があるのか、委託しているのかなども確認しておきたいポイントです。建物の解体が終わったら、地中に埋設物(木くず、コンクリート片など)がないかを確認し、整地、清掃作業まで行います。そして、施主様立ち合いで現場確認を行えば解体作業自体は完了となります。最後に建物滅失登記を行います。建物滅失登記とは、その土地から建物がなくなったことを法務局へ登記することです。申請は義務となっており、怠ることで罰金だけでなく土地の売却や建て替えができなかったり、固定資産税が余計にかかるなど多くの問題が生じるため忘れずに行う必要があります。解体工事を適切に行うために解体作業・ご近所への対応・申請や登録などの事務手続きまで業者と密に連絡を取って工事を無事に完了させましょう。