なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

コチラのリンクから登録して頂けないと
システムをお渡しする事ができません!
青い文字をタップすると
該当の項目へスキップします。
FXGTのアカウントを作成します。
取引で使用するための口座開設をします。
システム稼働に必要な2つのIDを確認します。
取引で使用するための口座開設をします。

【FXGTアカウント作成】

手順①

必要情報を入力します。

氏名は必ずローマ字表記で入力しましょう。

ここで入力するメールアドレス、パスワードは
FXGTのマイページへ
ログインする際に必要なので

必ずメモに残しておきましょう。

※メールはフリーアドレス(Gmail、Yahooなど)が望ましいです。

全て入力したら
[登録]を押します。

手順②

入力したメールアドレス宛に
「【FXGT】メール認証のお願い」
という件名のメールが送られます。

メッセージ内にある
[メール認証を行う]
ボタンを押します。

手順③

「おめでとうございます。アカウントが有効化されました。」
と表示されれば、
FXGTの登録作業は完了です。

[ログインページに移動]
を押しましょう。

手順④

ボタンを押すと
ログイン画面になります。

そのままログインしましょう!

手順⑤

ログインすると
「アカウントステータス:未承認。情報を入力してください。」
というメッセージが表示されているので
それを押します。

手順⑥

ポップアップ画面が表示されるので
[アカウント認証ページへ]
ボタンを押します。

手順⑦

詳しい個人情報を登録するページが現れるので、
各項目を正しく入力していきます。

名前 ローマ字
名前をローマ字表記で入力。
山田太郎さんの場合は、
名前の欄に「Taro」、苗字の欄に「Yamada」

名前 日本語
名前を日本語表記で入力。
山田太郎さんの場合は、
名前の欄に「太郎」、苗字の欄に「山田」

性別
自身の性別を選択。

生年月日
自身の生年月日を、
左から順に「日・月・西暦」の順で入力。

18才以上ですか?
チェックを入れないと登録できない。

国籍
自身の国籍を選択。

電話番号
電話番号(携帯・固定どちらも可)を入力。
国番号(日本の場合は+81)は省略しても問題なし。

パスポートかIDの番号
身分証明書の番号を入力。
■パスポート:パスポート番号
■運転免許証:免許証番号
■マイナンバーカード:マイナンバー

納税者番号
納税者番号とはマイナンバーを指しているが、
省略しても問題なし。

手順⑧

「住所」の入力欄は全て日本語表記でも
英語表記でもどちらでも構いません。

※この後アップロードする
「現住所確認書類」
と同じ住所を記入しましょう。

現住所確認書類に記載されている住所と
異なる場合、アカウント認証に
時間がかかってしまいます。

番地
市区町村以降の住所を入力。

建物・部屋番号
建物名や部屋番号または階数を入力。

市区町群村
市区町村名のみを入力。

都道府県
都道府県名のみを入力。

郵便番号
郵便番号をハイフンありで入力。


日本居住者は「Japan」を選択。
日本国外の方は当該の国名を選択。

手順⑨

「投資家情報」のセクションでは、
自身の年収や投資経験等について答えます。

年収や貯金額が低くても審査落ちすることはありません。
ありのまま正直に回答しましょう。

そして[書類のアップロードを進める]

ボタンを押します。

年収
自身の現在の年収に
最も近いものを選択。(米ドル建て)

純資産額
自身の現在の純資産額(預金や有価証券等)に
最も近いものを選択。(米ドル建て)

収入源
自身の現在の主な収入源を選択。

~何回取引をしましたか?
過去にFXやバイナリーオプション等の
デリバティブ取引を何回くらい行ったかを回答。

手順⑩

本人確認書類と現住所確認書類をそれぞれアップロードしたら、
[認証を送信する]ボタンを押します。

書類はスマホやカメラで撮影したものを送るだけでOK。
十分に光量のある明るい場所で撮影し、
ぼやけたりブレないようピントを合わせましょう。

それから、書類の四隅が収まるように撮影しないと、
再提出を求められる場合があるので
注意しましょう。

なお、受け付けられる書類の種類は以下のとおり。
本人確認書類は有効期限内のもの、
現住所確認書は原則として発行から
3ヶ月以内のものを提出しなくてはなりません。


【身分証明書として受け付けられるもの】
運転免許証
パスポート
マイナンバーカード
住民基本台帳カード
障害者手帳
外国人登録証
在留カード
特別永住者証明書

【住所確認書として受け付けられるもの】
公共料金(電気・ガス・水道)の請求書・領収書
クレジットカードの請求書・利用明細
銀行の請求書・利用明細
携帯電話や固定電話の請求書・領収書
住民票の写し
印鑑証明書
納税通知書・納税証明書
住所が印字された健康保険証

手順⑪

必要書類を提出してから
通常1営業日以内には認証が終わり、

無事に認証されれば
「【FXGT】アカウント認証が完了しました」
という件名のメールが届きます。

アカウントが認証されると、
マイページに緑色のチェックマークが付きます。

ここまでお疲れ様でした!

続けて
MT5用の口座開設をしましょう!

【MT5用の口座開設】

手順①

FXGTのマイページへログインしたら、
「MT5」という丸いアイコンを押して、
「口座開設」を選びます。

手順②

「どのアカウントを開設いたしますか?」
と表示されたら

[ライブ口座]を選びます。

手順③

「口座タイプを選択」と表示されるので、
セント口座・ミニ口座・スタンダード口座・ECN口座の4種類から
[スタンダード口座]を選びましょう。

手順④

口座の基本通貨を選びましょう。

【注意!】入金する予定の通貨を基本通貨として選択してください。

入金した通貨と基本通貨が合わない場合は、MT5への資金移動ができず、

システムを稼働させることができません。

例えば、
日本円を基本通貨にした場合、日本円以外はMT5に資金移動できません。
BTCを基本通貨にした場合、BTC以外はMT5に資金移動できません。


そして、選択した基本通貨を増やしていくことになります。

例えば、
日本円を基本通貨にすると日本円が増えていき、
ビットコインを基本通貨にするとビットコインが増えていきます。


仮想通貨は
BTC(ビットコイン), ETH(イーサリアム),
XRP(リップル), USDT(テザー)
の4種類、

法定通貨は
JPY(日本円), USD(米ドル), EUR(ユーロ)
の3種類から選べます。

手順⑤

続いて、口座の最大レバレッジを設定して
[進める]ボタンをクリック。

500倍・200倍・100倍・50倍・25倍・10倍・5倍
の7段階から決められますが、

迷ったら最大の500倍を
選んでおけば問題ありません。

手順⑥

「MT5口座の準備ができました。」
というメッセージと共に、
6桁の口座IDと
ログイン用のパスワードが表示されます。

口座IDとパスワードは、
MT5でログインする際に
必要になるものなので、

必ずスクリーンショットや
メモを残すなどして
大切に保管しましょう。

ここまでお疲れ様でした!

これでMT5の口座開設ができました。

次に
システムを受け取るために必要な
・アカウントID
・MT5口座ID
の確認方法をお伝えします。

【アカウントIDとMT5口座IDの確認方法】

手順①

FXGTにログインし
画面右上のメニューバーを開きます。

手順②

[設定]欄から[アカウント]リンクを押します。

手順③

[マイアカウント]を押します。

手順④

5桁のクライアントIDが
あなたのFXGTのアカウントIDです。
(システム稼働申請の際に必要になります
メモかスクリーンショットで保存してください)

手順⑤

FXGTにログインしメインメニューの
[MT5アカウント]を押します。

手順⑥

[ログイン]の右側にある6桁の数字が
あなたのMT5口座番号です。
(システム稼働申請の際に必要になります
メモかスクリーンショットで保存してください)

ここまでお疲れ様でした!

口座番号が確認できたら
あなたのMT5口座番号(5桁)
をサポートライン
にメッセージください!

※登録メールアドレスにも
通知が行きますので
併せてご確認ください!