カイポケにログインしましょう

カイポケを使うには、ログインページからログインする必要があります。
導入時に付与された、法人IDとユーザIDとパスワードを使ってログインしましょう。

ログインページはこちら

カイポケはログインして使うことが出来る介護ソフトです。インターネット上のログインページからログインすることで使うことが出来るので、ネット環境さえあればどこからでも使うことが出来ます。

ログインページにアクセスしたら、法人ID・ユーザID・パスワードを入力してログインしましょう。

■法人ID
カイポケに入会する際に法人単位で付与される、数字6ケタのIDです。頭の2ケタは入会した年が反映されるようです。(例えば、2016年に入会すると、法人IDは"16XXXX"になる)

■ユーザID
カイポケには管理ユーザと一般ユーザという考え方があります。カイポケ入会時に代表者や管理者に対して付与される(正確には、代表者や管理者が好きな英数字を申告する)ものが管理ユーザID。管理ユーザが発行する、閲覧・操作に制限のあるIDが一般ユーザIDです。
管理ユーザと一般ユーザはいわゆる親子関係にあります。管理ユーザは一般ユーザをいくらでも発行できるので、一般職員がカイポケを使うことになった際は、一般ユーザIDを発行して使ってもらうようにしましょう。そうすれば、見るべきでないページの閲覧制限をかけることもできますし、もしその職員が辞めてしまった際も管理ユーザIDでパスワードを変更する等してしまえば、情報の流出を阻止することが出来ます。

■パスワード
このパスワードは、法人IDにではなく、ユーザIDに対して設定されるものになります。つまり、同じ法人内であっても、ユーザIDが異なればこのパスワードも異なるということになります。
自動で割り振られるパスワードは数字やアルファベットの羅列で覚えるのが困難なので、覚えやすい(とはいえ、他の人には類推されづらい)パスワードに変更しましょう。

■ログイン情報は大切!
法人ID・ユーザID・パスワードはどれも、大切に保管しましょう。もし忘れてしまうと、カイポケにログインすることができなくなってしまいますし、外部に漏れた場合は利用者様の個人情報流出の恐れも生じてしまいます。

もし万が一紛失してしまったという時は、カイポケのカスタマーサポートに連絡し、IDのログイン権限を止めてもらうよう依頼するようにしましょう。

■ログインできない時は…
カイポケにログインできない多くの場合、その原因はIDやパスワードが正確に入力できていないことにあります。
以下のような点に注意して、再度ログインを試してみましょう。

・大文字小文字は間違えていないか
・全角半角は間違えていないか
・数字がちゃんと打てているか(数字を打つテンキーの入力が無効になっていることがあります)
・コピー&ペーストした際に、スペースなども入ってしまっていないか

上記でも入れなければ、カイポケのカスタマーサポートに相談してみましょう。