今度の3連休

どこ行く?

都内から1時間で行けて
自然の中で外遊びができて
大人も子供も楽しんじゃお!

ザ・開墾は、
自然の中で楽しむイベントです!

土に触れて笑顔になる
自然に触れる楽しさ面白さは
ゲーム機では味わえない体験です!
大人も子供もたのしめる
食や農に興味のある仲間たちと
一緒にワイワイ楽しめます
自分で進んで動いちゃう
いつもは自分から動かないのに
今日はいつもと違う顔をみせてくれるかも!
苗植えってたのしい
ひとつずつ、ひとつずつ
命を植えるよろこびを味わえます

空き缶で炊くサバイバル飯
お米を空き缶で炊いちゃいます
これさえできればサバイバルでも大丈夫!?
野生がめざめる
野菜がニガテだったはずなのに
気がついたら勝手にパクリ!
お弁当もすごくおいしい
たくさん動いてお腹ペコペコになっても大丈夫
野菜たっぷりのおいしいお弁当!
オーガニックって何?
農業の大先生がやさしくレクチャー
野菜の見え方がガラリと変わります!
大人も子供もたのしめる
食や農に興味のある仲間たちと
一緒にワイワイ楽しめます

イベント概要

  • 日時
    11月4日(月・祝)
    10時〜15時予定

    *雨天時は開催が中止となる場合があります。
  • 場所
    ●住所 神奈川県厚木市上荻野

    ●交通手段
    ・車→東名厚木IC、圏央道相模原愛川ICから20分程度
    ・電車→小田急線本厚木駅より、バスで25分、徒歩10分程度

    *参加者には別途詳細をご案内いたします。
  • 内容
    ❶子供も大人も楽しめる!ザ・開墾
    (タマネギの苗植え)

    ❷空き缶で炊くサバイバル飯

    ❸オーガニック野菜たっぷり!
     おいしいランチタイム
     【お弁当提供 晴れ屋】

    ❹オーガニックって何だろう?
     食育にもつながるおいしいお話
     【特別ゲスト 野々川尚氏】

    ❺記念撮影など
  • 料金
    ●大人 4000円(昼食付き)
    ●子供 無料(中学生以下、昼食代別途)

    *中学生以下の料金は必要ありません。
    *ただし、お弁当は付きませんので、申込み時にお弁当を注文するか、各自でご準備ください。
    *徒歩圏内に飲食店等がございませんのでご留意ください。
  • 場所
    ●住所 神奈川県厚木市上荻野

    ●交通手段
    ・車→東名厚木IC、圏央道相模原愛川ICから20分程度
    ・電車→小田急線本厚木駅より、バスで25分、徒歩10分程度

    *参加者には別途詳細をご案内いたします。

 特別ゲスト 

野々川 尚(ののかわひさし)
アグリビジネスコンサルタント。
警察官、自衛官を経て、37年ほど前に北海道で無農薬・無化学肥料の農業を開始。日本初の生産者主体で農産物を消費者へ直送する宅配システム「野菜倶楽部北海道」を確立。
西オーストラリア州政府より要請を受け、技術指導者として豪州へ移住。300ヘクタール(東京ドーム約64個分)もの大規模農園で、無農薬・無化学肥料栽培を実現する。
世界を舞台に「ビジネスとして勝てる農業」を自ら追求・実現するとともに、日本が置かれている農業の状況を憂い、後進の育成にも力を注ぐ。

 お弁当提供 

オーガニックカフェ&エコライフ
晴れ屋
野菜料理を中心に考え、“ちゃんと作る”をモットーに素材をしっかり選んで調理。
例えば野菜は無農薬・無化学肥料栽培を基本に。調味料は化学調味料無添加。昔ながらの製法で作られたしっかりした調味料を使用。お総菜には一切動物性のものを使いません。また、お肉は与えられるエサから考えられて、愛情深く育ったお肉をありがたく。魚は自然から頂いたそのままを。
“しっかり”生産されたおいしいものを“ちゃんと作る”。そんなシンプルで贅沢な食生活を大切にしています。

厚木市中町2-8-6 中町ビル2F
小田急線本厚木駅 北口徒歩3分(一番街通り)

 主催者 

渡辺 豊(わたなべゆたか)
脱サラ農家。
20年間のサラリーマン生活を脱却し、農家としての成功を目指す野心家。
広告会社や出版社での営業経験を経て、志のある人をマーケティングで救いたいと決意。
農家をマーケティングで救い、会社に縛られているサラリーマンを農業で救えないかと画策中。
学生時代は自転車旅行で日本を6000km走破。趣味はBBQ。愛知県出身。

ザ・開墾に参加すると
こんなにもいいことが!

  • 自然の中で思いっきりリフレッシュできる
  • 土に触れて癒される
  • 子供から大人まで楽しめる
  • 家族や仲間と共通の楽しい思い出が作れる
  • おいしい野菜をもりもり食べられる
  • オーガニックについてキホンから学べちゃう
  • 大切な人との笑顔の時間がつくれる
  • 食や農業に興味のある仲間と出会える
  • 土に触れて癒される

体験者の声

さいごに

いま日本の農業は、農家の高齢化とともに耕作放棄地が増大し、衰退化の一途をたどっております。

日本の農作物は安心・安全と言われていますが、その水準を保つのが難しくなる状況が迫っています。

大きな変化が求められているのに、国の農政から現場の農家まで、農業にたずさわっている方の多くは、旧態依然としたやり方のまま、保守的な態度をとっている状況です。

私はしがらみのない新規農業者として、もっともっと農業の関心を高めていくことが大事であると思っています。これまでの社会人経験の中で培ってきたマーケティングの力を使って、農業への関心を高めていく活動を行なっていきたいと思っています。

ぜひ「ザ・開墾」への参加を通じて、少しでも多くの方の関心を農業に寄せられればと思っております。当日お会いできるのを楽しみにしております。

参加申込みフォーム

[ 締切 11/1まで ]
イベントへの参加はこちらのフォームから申込みしてください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信