働く女性に彩りとそして癒し


生け花瞑想を取り入れた

日本初の華道スタイル

生け花メディテーション 


【華道歴25年/池坊御城流 華道教授】

日本初の華道スタイル「生け花メディテーション」の創始者。

生け花とメディテーション(瞑想)を組み合わせ
自分の心と向き合うことで自由に美しく生きる女性を輩出します。

生け花とは・・・

生け花とは
生花を扱いながら自分の心を扱うもの。


私自信、花の魅力に気づき、惹かれたのは”花器には自分の心が表れる”ということに気づいたから。


お花を生けることを通して自分の心と向き合い自分の心を丁寧に扱うことで
瞑想と同様の効果を得ることができます。


「こうあるべき」というルールの生け花ではなく楽しむための生け花もっと生活に身近な生け花を伝えたい。


花に触れ心を癒やし自分の心に向き合うことを通じて頑張る女性を応援します。


こんなお悩みありませんか?



・頑張り屋さんでまじめ過ぎちゃう
・いつも何かに追われている
・リラックスできていない
・忙しくて自分のことを考える余裕がない
・頑張ってるのに何か満たされない思いがある
・自分に自信がない
・モヤモヤ、モンモンとした気持ちを抱えている


生け花メディテーションで得られるメリット



・自信が持てる

・リラックスできている

・頑張る自分を認められる

・自分の本音に耳を傾けられる

・自分と向き合うことの大切さに気付く

・自分を丁寧に大切に扱えるようになる

お客様の声

プレゼン資料デザイナー・セミナープロデューサー/山下ゆきさん
私もついに、生け花初体験しました。
こんなにも自分の心が、花器の中に現れるんだ・・・驚きとともに、感動しました。 
正直、私は生け花を体験したことがないし、実は瞑想もイメージだけで、体感としてはわからなくて。。
でもでも、やってみてすごくよくわかりました!!!!
 生け花をしている間に、自己対話、内省が深まっていきます。
私の今の状態も、まさに!生け花に現れました。 
「あーーーもっと落ち着こう。   私ちょっと、最近余裕がないなぁ。」なんて気づいたり。
無心になって葉を削ぎ、まっすぐに花を生けると、自然と心もスッキリして、気持ちにもゆとりが生まれていく。
これは、ほんとに不思議な体験でした。  
花に触れ、花に癒される時間生け花×瞑想。ハマりそうです。

お客様の声

フェイスアドバイザー/やまぐちさまこさん
生け花と瞑想を取り入れた「生け花メディテーション」
参加していちばん嬉しかったのは、
私のイメージにあわせて花を選んでくれたこと!
メインが真っ赤なガーベラでした。
花言葉を聞くと「希望」「チャレンジ」など、イメージや思いで選んでくれたことが嬉しく新しい自分発見でした。
講座では、一本づつバランスや向きを考えながら花と向き合う
新鮮な時間を過ごすことができました。
花は自分の中で、特別なイベントの時に送るものや頂くものと思っていましたが、
日常に花があることで、心も豊かにしてくれることを再確認できた時間でした。

40代主婦

お花を教わって気がついたことがあります。
その花がどんなに不格好でも、それを変えるのではなく、その形を生かせる場所を探すのです。まさに生け花を通して自分をみているのですね。

50代 自営業

綺麗なのはもちろん、やっぱり生きているからなのか、お花は、いろいろなことを教えてくれます。
お花を見ても、「あ、花だ」としか感じられないころのわたしには、未来にお花を家族のように感じる日が来るなんて知る由もありませんでした。
月澄庵楽滋先生は、わたしの人生を豊かにしてくださっている先生です。

40代 会社員

同じお花でも生ける人によって全然違います!!生け花は敷居が高いと思っていましたが、とっても楽しかったです。

Junko・Yさん

月澄庵楽滋先生が教えてくださるお花の魅力は、「私が望む人と人との在り方そのもの」。
「どの子を主役にしますか?」と聞かれた時は衝撃でした。
主役の子を中心に、それぞれのお花や枝たちの役割が決まっていく。
まるで人間社会の縮図がそこにあり、出来上がった作品は、わたしが望む人と人との在り方そのものです。


開華道塾 主宰
『生け花メディテーション』

鈴木  滋子
Suzuki  Shigeko




池坊御城流 華道教授

月澄庵 楽滋
げっちょうあん らくしげ



日本メンタルヘルス協会
研究コース修了









月澄庵 楽滋のブログ


Amebaブログ