ふーちゃん式グラレコ
福祉現場の問題を視える化する!
グラフィック介護サマリー講座

このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

~思いと可能性を可視化する~
グラレコ
福祉現場
会議打ち合わせ・対話

円滑でみんなハッピーなる♪

~ちょっとのコツで
誰でも描けちゃう!~

『伝わる』可視化
ファシリテーション技術

地域包括ケア・介護のもんだい
を視える化
して身近な
話し合いをしませんか?

絵が苦手
でも
大丈夫
3時間で
誰でも

描ける♪
話題の!
グラレコ
可視化

福祉でがんばる人を

応援したい!!
 もっと【つながる・伝わる】情報共有

実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

『話し合い』『記録物』
と聞いて思い当たる、
こんなお悩みありませんか?

その【もやもや】
 スッキリ可視化しませんか?

  • 上手く伝わらない想いの【もやもや】がある
  • 研修に参加してとったノートを読み返すけど・・・
    内容を思いだせない((+_+))
  • 会議で、せっかく良い話し合いだったはずなのに、
     議事録や報告書を読むと・・・議論のズレがある。

  • ビジネス書や、勉強のために本を読んで
     メモするけど・・・頭に入らない( ;∀;)

  • やりたいことはある!!! けど、
     何から始めればいいかわからない(◎_◎;)
      頭の中が【ごちゃごちゃ】 してる

  • 研修に参加してとったノートを読み返すけど・・・
    内容を思いだせない((+_+))

そのモヤモヤ・お悩み、
シワレコにお任せください

    シワレコで学べる事  
シワレコの提供する講座では、

福祉現場の複雑で、デリケートな問題・テーマ・話題を可視化して、掘り下げる深い考察・課題抽出→解決のためのあしたの未来が視える
お手伝いを致します。


講座ではグラフィックレコーディングと言う
「何について、どのように話しているか」参加者の認識を一致させるために、発言、思想・思考・対話の情報を整理して、イラスト図解・記号・文字を使って会議や、ミーティング、議論の内容をリアルタイムで視える化するファシリテーションや板書係の手法を用いており、思考整理や、記憶に残るノート術や、
人に分かりやすく伝える技術を学べます。



\描いてみたいけど…むずかしそう・・・/

絵が苦手な方でも大丈夫!!
 ちょっとのコツで
誰でも描けるようになります

実は・・・
〇・△・▢ 点・線 

これだけで大丈夫なんです!(^^)!これが描けるなら入門編はするりと描けるようになりますよ♪絵が得意・不得意は関係ありません

会議・企画立案以外でも、
・自分自身のコト (セルフケア・自己覚知)
・働く仲間や部下のコト(人材育成)
・大切な家族に
・担当のクライアント様に
福祉現場のさまざまな場面で活用できます。

・思考整理・まとめるスキルをつけたい!
自分自身のブラッシュアップ

伝わる技術を身につけたい!
論理的思考・戦略を身につけたい!

働く仲間と柔軟な良いアイデアを創りたい
明るくたのしく地域福祉の話し合いしたい

と、お考えの方は
 まずは、私たちにお気軽にご相談ください!(^^)!

見出し

「面倒くさい会議」を
イラストの力でハッピーに♪

みなさん、会議・ミーティングって言葉を聞くと、
どうしても憂鬱な気分になりませんか?

それも当然。何かを決めたり、
アイデアをイチからひねり出すことはとても難しく。
何について話しているのか論点がズレてしまったり、
話し合いが行き詰ってしまうことってありますよね。
すんなり賛同が得られたり、一発でアイデアが
出せたりする方法ってなかなかないもので・・・
しかし!!

実はあるんです!!

最近、SNSや、ちまたで話題になっているのが
「グラフィックレコーディング」
と呼ばれる

思考・思想・対話・を
可視化する技術!!

会議やセミナー、ミーティングの議事録を
図解・イラスト化して描くものなのですが、
会議がとってもクリエイティブになるんです。



~伝えたいモヤモヤを視える化する技術~
グラフィックレコーディンと、

脳科学を取り入れた
ファシリテーション技術
を学ぶことで

会議がスムーズにすっきり進む!!
対話が深まり!アイデアが生まれやすくなる♪

お互いの専門性を活かしたスムーズな
チーム連携を目指しませんか?

USE CASE

こんな時も♪グラレコが
活用できちゃいます

自分と相手の可能性を
°˖✧引き出すメゾッド✧˖°

部下や同僚の為に

一対一の面談、日常のコミュニケーション
から、部下やメンバーのモチベーションを上げられます。部下や、同僚のサポートをすることは離職防止や、ストレスケア、リスクマネジメントにも繋がるだけでなく、可視化する情報共有は、
チームに心の繋がり・ゆとりを
もたらします。
家族や友人の為に

大切な人の力になってあげたいとき、
あなたは
どのように関わりますか?
話を聴いてあげたいとき、
どのように聴いていますか?

優しいあなただからこそ、

『在り方・引き出し方』

のファシリテーションと、
視える化するスキル

学ぶ事で大切な方の力になって
差し上げてください
ご利用者さんの為に

しわくちゃに最後の時まで、笑顔あふれる
その方らしい生活をサポートしたい。
例え、今の環境が望んだ思い描いたもの
違ったとしても…可能性を引き出す
ハッピーを目指す
自立支援をコーディネート

事例検討会や、ケアプラン・アセスメント
分析、
その方の想いや、自己実現の為の
多方面で
の深い掘り下げにも最適です。



大切なあなた自身の為に

自分の【もやもや】の根源にある感情が

分かると事前の対策や、
客観視することが出来ます。
福祉の仕事に携わるからこそ、
じぶんにも優しく問い
かける
じぶんを癒すセルフケアに♡

・もやもやをスッキリ解消したいとき
・自分の得意の発掘
・目標を達成したいとき
などあなたらしく輝くため
じぶんを深く知る
『自分との付き合い方』
を手に入れてください。


ご利用者さんの為に

しわくちゃに最後の時まで、笑顔あふれる
その方らしい生活をサポートしたい。
例え、今の環境が望んだ思い描いたもの
違ったとしても…可能性を引き出す
ハッピーを目指す
自立支援をコーディネート

事例検討会や、ケアプラン・アセスメント
分析、
その方の想いや、自己実現の為の
多方面で
の深い掘り下げにも最適です。



なぜ?シワレコは選ばれる
講座の特徴

ファシリテーションや、伝わる絵を描くことは【技術】です。学べば必ずだれでも上達できます。シワレコお絵描きファシリテーション講座は、普通のファシリテーション講座や、スクール、セミナーにありがちな「知識詰込み型」の講座ではありません。【在り方・理論・スキル】を徹底的に体感型で学んで頂けるので、絵が苦手な方・初心者の方でも安心して楽しく学んで頂けます!(^^)!

 ファシリテーション×脳科学

『理論』わかる×『体感』できる

仲間×成長

シワレコ講師

グラレコ27年
介護福祉士15年
講師ふーちゃん

【シワの歴史をこよなく愛する人】
介護現場、地域福祉の現場の
本当は【そこにあるのに】見えにくいモノ・コト
大切なことを深く視て知るために、地域福祉の
話し合いの場や、福祉現場の問題を
イラストや図解でで可視化しています。

『描くと視えるわたしの未来』を合言葉に

みんなに優しい会議、課題抽出と
【もやもや】思考整理をデザインします。

1か月
の最大受講者数は100人以上!

常に満員御礼!1講座、最大62名動員
オンライン・オフライン講座開催
一般対象のグラレコ講座では、
最年少は11歳 から 最年長は70代
までの初心者さんが受講されております。
令和2年11月時点での実績

豊富な対応範囲

今年は、すでに全国8都道府県の開催決定
(仙台・東京・大阪・京都・鳥取・茨城・群馬・沖縄)

ご要望あれば、日本全国お伺いいたします。
ただいま、どこにいても誰でも参加できる
オンライン講座で対応しております
令和2年3月時点での実績

受講満足度 96%


入門編受講後、グラレコ中級編講座も
受けたいと答えたお客様なんと
驚異の92%
自社アンケート・受講者データより
令和2年3月時点での実績

受講満足度 96%


入門編受講後、グラレコ中級編講座も
受けたいと答えたお客様なんと
驚異の92%
自社アンケート・受講者データより
令和2年3月時点での実績

受講された
お客様のお声


(40代)男性 Yさん
 介護施設経営者・管理職
本当に素敵な学びをありがとうございました。
担当者会議や事例検討会、ちょっとしたミーティングなど、ちょっと絵があるだけで、余裕が生まれて、テーマがブレにくいと感じました。
福祉分野の対話にでてくるテーマは生活に直結しており、微妙で慎重を要する「センシティブな問題」が含まれ重たいテーマです。だからこそ、グラレコはいいですね。視覚的に見えるから、結局何話してたんだっけ?とならないんです。


(40代)女性 cさん
 介護福祉士養成校職員
絵が苦手な私がたった3時間で本当に描けるようになってビックリしました。丁寧な解説で、絵が苦手でも描けるという体験は少し自信がつきました。お絵描きではなく情報を可視化する学びを少しでも身につけるには「続けること」が最重要、ということで恥じらいを捨ててアウトプットします‼️

(50代)女性 Tさん
元・介護施設長 管理職
施設の毎月のお便りをグラレコで描いてみるのもいいねって担当のスタッフに伝えてみました。それから個別ケアにも活かせるなぁっても思います。先ずは出来るところから取り掛かってみます。色々な場面で実現出来たら良いなぁって思ってます!本当に様々な拡がりのあるグラレコ
ワクワクしちゃいます。ありがとうございます。
(40代)女性 Sさん
 福祉職
私の今年の目標は「参加した研修や勉強会をグラレコで記録して記憶に残す!」です。先日のグラレコ講座も家でまとめてみました!見返すとまだまだ内容に不備が多いですが…子供達には「ママって絵が上手だったんだね〜!凄〜い」と褒められました…楽しく続けられそうです!!
(50代)女性 Tさん
元・介護施設長 管理職
施設の毎月のお便りをグラレコで描いてみるのもいいねって担当のスタッフに伝えてみました。それから個別ケアにも活かせるなぁっても思います。先ずは出来るところから取り掛かってみます。色々な場面で実現出来たら良いなぁって思ってます!本当に様々な拡がりのあるグラレコ
ワクワクしちゃいます。ありがとうございます。

絵が苦手でも(*^^)v大丈夫
たった3時間で
描けるようになっちゃう!
(before・after)


実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

シワレコに込める
講師ふーちゃんの想い

私はこの手法を、グラレコと知らずに小学2年生の時から授業をノートにとるときや、考え事をするときに使っていました。黒板の清書は…文字だけでは理解できず、絵や図を描くと覚えられたからです。担任の先生には、ふーちゃん落描きせずにちゃんとノート取ろうね!とよく叱られたものです(笑)

私にとっては、
ただの落書きでも、お絵描きでもなく
文字と同じように 
伝える・覚える・考える
手段だったのです(笑)


介護福祉士として働くようになり、
担当のご利用者さまの想いを深く知りたい!
病気や、老い、認知症によって自分の気持ちを
上手に伝えられない状況だからこそ・・・
ふと…些細な会話のなかでなにげなく
話してくれた【ささやかな願望・希望】を
ひとつでも叶えたくて


福祉の仕事をするうえで、
 ケアで関わる中で視えてきた、

その方の『シワに刻まれた歴史』
泣いたり・怒ったり・笑ったり、大切な人たちと
歩んできた絆できた人生の歴史をしわくちゃに笑った笑顔の中や、顔のシワ、手のシワから垣間見てきました。

 【ちいさな夢】【好き】【やりたい】を
  引き出したケアをしたいという想いから
   シワレコは生まれました。

もっと仲間に伝わりやすく・伝えたい!
分かり合いたいとの思いから、絵で伝える情報共有
現場での申し送りや、アセスメントに取り入れて来ました。しかし…上司には、報告書や、レポートの記録物として認めてもれらず…やっぱり私は馬鹿だから絵がないと、みんなのように文字で覚えられないんだと凹んだり、悔しい思いをした時期もありました。



そして、シワレコがあったから、
 介護のしごとを続けてこれました。

あんなに…介護の仕事が好きなはずのに

介護の仕事をやめようと悩んだとき、
職場での人間関係でイライラしたとき、
自分に介護の仕事が向いていないと悩んだとき、

『なぜ? 嫌なのか?』
『なにが 怖いのか?』
自分の こころの もやもやの内側を絵や図解で
視える化することで 救われて来たからです。


今では、
沢山の方に『スッキリ分かりやすい!』
『絵でまとめることで議論が進む』と
喜ばれたり、会議や、仙台市の行政からの委託でグラレコのお仕事を頂く事が増えました。地域福祉や、まち創りの話し合いの場でも呼んでいただいたりと、自分でもびっくりしています。

子供のころは、
集中力がない絵ばかり描いて
と学習障がいがあると言われた私の
ノートや、情報をお絵描きする特技は
誰かの役にたてる技術になりました。

だから、
あなたの中にも まだ気が付いていない
素敵な可能性がたくさんあるはずです。


講座を通して、目に見えない、
思考や、物事をイメージし、ビジュアル化して捉えることの楽しさや、奥深さ、簡単に描けるコツを体験して頂き、明日からでも使えるシワレコの魅力をお伝え出来ればと思います。


人間だからこそ、考え・悩みます。
互にとっての【大切にしたいモノ】
譲れない信念やこだわりがあるからこそ
『もやもや』は生まれます。

描くことで 見えなかったものが
分かり合えなかったものが
もやもやの 正体が【視える】

思考を視覚化することを学ぶ事で、
話し合いの場や、会議の世界が

シワレコと通して
 みんな にとっての優しい世界に
  じぶんのための小さなイノベーションの
   一歩になりますよーに

聴く→頭で変換・分析→可視化に変わる⁉
楽しく描く瞬間を体験してみませんか?

まずは、自分の日常のメモや、ノートに記録する事が分かりやすく・楽しくなる事から、一緒にはじめましょう(*^^)v

法人・団体・企業様
の研修料金について

人数は40名まで対応可能です
テキストは研修のご希望内容によってカスタマイズいたしますので、研修料金とは別途で人数分のテキスト代がかかります。

料金10万円から
テキスト代金(一人分) 1100円(税込み)
研修時間は4時間です。
研修料金には交通費は含まれておりません。
お気軽にご相談くださいませ。
研修時間は4時間です。
研修料金には交通費は含まれておりません。
お気軽にご相談くださいませ。
準備物
プロジェクター プロジェクタースクリーン
マイク・
 40人以上ピンマイク
一人4枚の
 A3の紙コピー用紙可
付箋・筆記用具 水性マジック
マイク・
 40人以上ピンマイク
一人4枚の
 A3の紙コピー用紙可

!期間限定!
お得なキャンペーン実施中

zoomオンライン講座
  • 介護グラフィック記録協会ベーシック3級
福祉職のための考えを整理する伝わる技術
(ディプロマ付き) 
【価格】10,000円


zoomオンライン講座
介護グラフィック記録マイスター
福祉現場の問題を
視える化する組織の
ファシリテーション・コーチングと可視化技術
 


【価格】30,000円


zoomオンライン講座
福祉現場の
・アセスメント・記録・事例検討・ケアプランを可視化実践 
グラフィック
介護サマリー認定
講師養成
講座2日間

《ディプロマ付き》
60,000円


キャンペーン期間:
令和2年11月1日〜令和3年3月30日
※注意事項※
(上記の講座どちらかを受講された方
が申し込み可能です)

LINE@では入門講座や、中級編の講座
・セミナー開催や、イベント情報
楽しく【もやもや可視化お茶会】など
最新情報をお届け♪

ここまで見てくれた
あなたに感謝を込めて

プレゼント♡


ご利用までの流れ

1. お問合せください
メールまたは、お問い合わせホームより希望される
講座・研修テーマを教えてくださいませ。
2. 担当よりご連絡致します。
3日以内に必ず、連絡差し上げます。
電話またはZOOMにて、お送り頂いた内容を
基に、具体的なヒアリングさせていただきます
万が一、5日経ってもご連絡がない場合には恐れ入りますが、お電話頂けましたら幸いでございます。
3. ご提案・お見積り
【法人・団体様・イベントをお考えの場合】
訪問させていただき、東北県外の方の場合は電話
またはZOOMにて、打ち合わせをお願いいたします。
ニーズ抽出、日程について、お答えいただいたアンケートをもとにご利用に合った研修の提案、説明・見積もりをいたします。お気軽にご相談ください。



4. 日程・内容の合意
【法人・団体さま】
研修内容や、講座内容、日時・場所等、細かな最終確認をさせていただきます。当日に向けて、良い講座ができるようにご不安な点や、ご要望はいつでもご相談くださいませ。

【個人さま】
お送り致しました講座予定から選んで頂き、
申し込みくださいませ。
4. 日程・内容の合意
【法人・団体さま】
研修内容や、講座内容、日時・場所等、細かな最終確認をさせていただきます。当日に向けて、良い講座ができるようにご不安な点や、ご要望はいつでもご相談くださいませ。

【個人さま】
お送り致しました講座予定から選んで頂き、
申し込みくださいませ。

よくある質問

Q. 絵が苦手で、マッチ棒人間くらいしか描けない私ですが受講は大丈夫でしょうか?
まったく、問題ありませんのでご安心ください。
〇・△・▢・点・線が描けたら情報を図解・イラストで視える化するのに必要な絵は大抵描けます♪上手でキレイな絵は必要ないのです。絵が苦手な方でも、丁寧にひも解いて楽しく学んで頂ける内容です。まずは、入門編がおすすめです。
Q. 当日持ち物は必要ですか?
筆記用具、いつも使っているもので構いません。
道具はすべて準備ありますのでご安心ください。
Q. 個人で受講したい時はどちらで開催していますか?
基本は、【仙台・大阪・東京】で講座を開催を致しております。まずは、LINE@に登録して頂き、セミナー開催の日程をご確認して頂き、お申し込みくださいませ。LINE@で開催日のお知らせを致します。
Q. 介護や、福祉関係ではないのですが受講は可能ですか?
受講は可能ですが、福祉・医療に特化したこうざになりますので、組織の情報共有や、ワークショップ、一般向け講座や、もやもやを可視化するセミナー・グラッフィカーとしてイベントや、シンポジュームの発表・会議を可視化することも可能です。
個人コンサルもしておりますので、お気軽にご相談くださいませ。まずは入門編の講座を受講されるとよいかと思います。
Q. 当日持ち物は必要ですか?
筆記用具、いつも使っているもので構いません。
道具はすべて準備ありますのでご安心ください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせは下記のフォームからお願い致します。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信

ついてる合同会社 

しわしわカンパニー代表

山﨑 史香 (やまざき ふみか)


〒984-0015
宮城県仙台市若林区卸町2丁目9−1
INTILAQ 東北イノベーションセンター