7月度 介護経営特別研修会
(テーマ:評価制度構築と活用可能な助成金)

スターパートナーズが主催する介護事業者向けのセミナーです。

仙台・博多の各拠点で、毎月様々なテーマで開催をさせていただいております。

今回は、新しく介護業界に入職してきた職員の方を対象に、
複数事業所合同での研修を実施いたします。

今回は実践的な「人事評価制度」がテーマです。
制度構築の手順や、実際の事例、効果的な運用方法、
制度構築に利用可能な助成金についてお話をさせていただきます。

是非、ご参加をご検討いただければと思います。

開催概要

●仙台会場
日時:2019年7月31日(水)14:00~16:00(開場13:30)

会場:仙台駅周辺会議室(お申込みいただいた方に詳細ご連絡します)
※申込用紙はこちらから印刷ください

●博多会場
日時:2019年7月24日(水)14:00~16:00(開場13:30)
会場:博多駅周辺会議室(お申込みいただいた方に詳細ご連絡します)
※申込用紙はこちらから印刷ください

講演テーマ

内容

「人財が育つ!効果的な人事評価制度構築に関する解説」

①評価項目の設定方法と作成の際のポイント

②事例を交えた制度運用の解説

③成長を促す!伝わるフィードバック面談技法

④制度構築に活用できる助成金情報

参加費用

7,560円(税込)/名

※介護経営フォーラム会員様は1名まで無料
内容

「人財が育つ!効果的な人事評価制度構築に関する解説」

①評価項目の設定方法と作成の際のポイント

②事例を交えた制度運用の解説

③成長を促す!伝わるフィードバック面談技法

④制度構築に活用できる助成金情報

講師紹介

株式会社スターパートナーズ 東京コンサルティングチームリーダー 垰 和宏

慶應義塾大学卒業後、金融系企業(上場企業)勤務を経て保育事業のコンサルティング会社へ入社。
東京・千葉・埼玉・神奈川各県約30か所の直営保育所および日本各地のコンサルティング先のスーパーバイジング、
保育士育成の社内研修の講師等を担当する。
その後、介護事業のコンサルティング会社に入社。老人ホーム・高齢者住宅等の新規事業開設時の市場調査および立地診断、
マーケティングサポート、求人サポート等を行う。
スターパートナーズへ入社後は、介護事業所における人事評価制度やキャリアパス制度といった人事制度の構築、
研修教育体制の整備、外国人技能実習生受け入れ支援、採用活動支援などに従事。
その他、介護施設若手社員に対する業界研修や介護マニュアルの作成等、介護事業所運営のサポート全般を手掛けている。

営業時間 9:00 - 18:00
0120-99-4306
土日祝日休み

過去にご講演いただいた講師の皆様

株式会社スターパートナーズ 代表取締役 齋藤直路

東京都出身、 大手コンサルティング会社等を経て、株式会社スターパートナーズを設立。
一般社団法人 介護経営フォーラムの代表理事を務め、東京・福岡・仙台にて、
介護経営に特化した会員制研究会である「介護経営フォーラム」を主宰する。講演、執筆などメディア実績多数。
最近は女性自身、プレシデント、週刊文春等の一般誌でも介護保険・介護施設について解説することも多い。
九州初の脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)の後遺症リハビリ特化施設
「脳梗塞リハビリステーション福岡」を開設。
九州大学大学院医学系学府卒。日本社会事業大学大学院卒。公衆衛生学修士。福祉マネジメント修士。

株式会社スターパートナーズ 博多コンサルティングチーム リーダー 松尾 厚

国立大学法人 鹿児島大学卒、国立大学法人 九州大学大学院卒(公衆衛生学修士)。
回復期リハビリテーション病棟、デイケア等を経て入社。
リハビリテーションと栄養やロボティクスなどとのコラボレーションにより、
介護現場で実行可能かつ成果の出るリハビリテーションのサービス・システム開発・導入・定着の支援を実施している。
最近は「自立支援」に即したサービス開発・現場への導入の依頼が多く、
理学療法士の経験を活かしながら介護現場でも継続できるリハビリメニュー等のサービス開発を全国で支援している。
その他、通所介護で提供されるサービスの効果測定やエビデンス構築等の研究論文支援等も実施している。

社会福祉法人にんじんの会 常務理事・事務局長
特定非営利活動法人ケア・センターやわらぎ 理事 石川正紀 氏

明治大学経営学部卒業後、ジェイ・ティー・ビーに入社、法人向け営業業務に従事。新規顧客の開拓・添乗・大型団体の受注などを行う。その後、当法人(職員数650名超)に従事し、デイサービス・グループホーム等の介護業務、経理・ 総務・労務・人事といった管理業務の構築、新規施設開発業務(総事業費80億円のプロジェクトリーダー)など、法人事務長として、経営全般を支える。株式会社船井総合研究所に入社後、介護事業者を中心とした経営コンサルティングに全力を注ぎ、戦略立案から現場定着まで、「現場を知り抜いた」一貫性の高いコンサルティングを信条とする。社会福祉法人の支援数は社内一であり、数多くの介護施設の業績アップやマネジメント強化を行う。社内最短でチームリーダーに昇格し、チームマネジメントを行う。介護系新聞・雑誌の取材多数。介護経営専門誌「介護ビジョン」執筆。
船井総合研究所退社後は、上記の法人にて法人常務理事・事務局長として、法人全体のマネジメントを行う。

株式会社アール・ケア 取締役 通所介護事業部長 小馬 誠士 氏

岡山市生まれ。岡山医療技術専門学校理学療法学科卒業後、
愛媛県で医療法人松山平成会平成脳神経外科病院を経て株式会社アール・ケア入職。
訪問看護事業部配属後、2009年6月通所介護事業部へ異動して以降、
デイサービス事業所の新規立ち上げ、事業所管理などに携わる。
理学療法士として、訪問リハビリ、通所介護での業務を担いつつ、デイサービスの新規開設に携わり、
ノウハウと知識を培う。現在では経営、管理監督者として 現場の指揮をとる。
2015年に現職。 最近では、外部法人岡山県通所介護事業所協議会理事として、
通所介護における機能訓練加算についてのセミナー等を開催している。

社会福祉法人恩賜財団済生会支部山形県済生会
特別養護老人ホームながまち荘 管理課長 岩﨑 勝也 氏

羽陽学園短期大学専攻科卒業後、
社会福祉法人恩賜財団済生会支部山形県済生会特別養護老人ホームながまち荘に入職。
ホーム(長期入所)・デイサービス(通所介護)の経験を経て、
平成19年(2007~)施設・居宅・地域包括支援センター兼務の介護支援専門員として勤務。
平成20年(2008~)副主任介護員兼介護支援専門員。
平成24年(2012~)主任介護員兼介護支援専門員業務主査 平成27年(2015~)、
平成30年(2018~) 管理課長 現在に至る。施設全体の業務管理・人事管理を行っている。
一般社団法人山形県老人福祉施設協議会21世紀委員会委員長、
山形県防災士会理事(兼)事務局長、山形県認知症介護指導者等。

社会福祉法人あけぼの会 統括本部長・理事
株式会社あけぼのミライズ 代表取締役 小原 秀和 氏

法学部4年生の時、福祉業界への入職を思い立ち、現法人へ入職。
介護職、相談員、介護支援専門員と専門職として勤務したのち、
1997年より事務次長としてマーケティングを事業に取り入れ、
2011年より副施設長として事業運営を担う。
当時、低迷していた施設の再生に奔走し、リハビリテーションを軸とした組織・サービス改革に着手。
地域で唯一の独自サービスを実践する。
本気の人財育成と進化する事業所として地域からも評価を得ている。
2017年、一般社団法人日本介護支援専門員協会副会長。
PHP研究所「あの介護施設にはなぜ人が集まるのか」、
日総研「相談援助&運営管理」「介護人財マネジメント」「稼働率アップ実践例とQ&A」等、メディア掲載多数

Y’s Group 代表 国中優治 氏

理学療法士。保健学修士(神戸大学大学院 医学系研究科)。
理学療法士として整形外科病院に勤務。理学療法士養成校にて13年程専任講師を務めた後、
リハビリ特化型訪問看護ステーション「ラシクアーレ」、歩行リハビリセンター「HOKORU」の運営を開始。
トースト専門店の併設したデイサービスや、ニューヨークスタイルピザのお店と保育所が一体化した複合施設など、
ユニークなサービスを打ち出し注目を集める。
2018年には脳梗塞後遺障害者向け保険外リハビリテーション施設「脳梗塞リハビリセンター熊本」を開設。
熊本県内初のサービスとして高い注目を集める。
高齢者の「人」「個性」を把握し、課題指向型アプローチに徹することを理念に
リハビリテーションの提供をおこない、業界内でも高い評価を獲得している。

株式会社佐田 代表取締役社長 佐田 展隆 氏

一橋大学を卒業後、東レ(株)に入社して営業職に就く。
2003年、父からの要請により(株)佐田に移り、2005年には代表取締役に就任。
破綻寸前の会社を黒字化するも、莫大に抱えた有利子負債の問題を解決すべく2007年、金融機関の債権放棄と共に会社を再生ファンドに売却することを決意。
経営コンサルタントを経て2011年、当時のオーナーから再び立て直しを任され(株)佐田に復帰。
社長としてオーダースーツの工場直販事業に注力、現在関東を中心に全国に直販店40店舗を展開。
若者向けオーダースーツ店店舗数日本一、オーダースーツチェーン出店速度日本一を誇る。
また、オフィシャルスーツサプライヤーとして千葉ロッテマリーンズ、東京ヤクルトスワローズ、大宮アルディージャ、柏レイソルなど数々のプロスポーツチームにスーツを提供している。

株式会社誠心 代表取締役 吉松泰子 氏

看護師として20年間、福岡県内の病院で勤務した後、
2005年に福岡県太宰府市で介護付き有料老人ホーム「アクラス五条」を開設。
2007年在宅事業所開設。
2011年住宅型有料老人ホーム「 アクラスタウン」開設。
「暮らし」の提供を重視したケアプランなど独特の取り組みが注目を集めており、見学・視察も多数。
2014年リビングオブザイヤーグランプリを受賞。
現在、(社)全国特定施設事業者協議会理事。

社会福祉法人伸康会 理事長 蒔苗 俊二 氏

高齢者、障がい者を中心に、地域のニーズに対応した柔軟なサービス提供をおこなうことを方針に、
特に高い付加価値の提供を目指している。
第4回介護甲子園において優勝、第5回介護甲子園においても優秀賞を獲得。
嚥下食レシピ対象においてエピソード賞、クックパッドレシピ大賞を受賞するなど、
その取り組みは各方面から高い評価を受けている。
また、「健康マイレージ」や「プランナー制度」など、法人内インフラ整備のための取り組みにも力を入れている。