海外赴任で家を貸すときの不動産業者選びは無料一括査定で

海外赴任で家を貸すときの不動産業者選びは無料一括家賃査定で。海外赴任の間持ち家を賃貸に出すことを検討しているならご覧ください。
せっかくマイホームを購入したのに海外への転勤辞令。

転勤の間、家をどうすればいいのか悩みます。

貸すべきか売るべきか。

住宅ローンを組んで買ったばかりなら売るに売れないです。

それに苦労して手に入れた家ですから、愛着がある家を手放したくないという方が大半です。


でも、家を貸すにしてもどの不動産業者に任せればいいのか?

海外赴任だと色々な手続きなどもあってバタバタしています。

不動産業者を探す時間も惜しいのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが不動産の一括査定サービスです。

複数の不動産屋さんから一括で見積もりが取れるので、より良い条件で家を貸せます。

何よりネットで申し込んで見積もりが取れるので時間の節約になります。


一括査定で紹介してくれるのは、数ある会社から選りすぐった優良不動産会社ばかりなので安心してご利用ください。

海外赴任で家を貸すつもりの方におすすめです。

契約内容によっては海外赴任の間だけ家を貸すことも可能です。

持ち家が新築なら貸した方が良い

家を建てたばかりで住宅ローンが丸々残っており、売るに売れないという方は賃貸に出すことをおすすめします。

賃貸に出す場合、新築ならではのメリットもあります。


まず、当然ですが新築は古い物件と比べてきれいです。

借り手は家を選ぶときに築年数も考慮しています。

たとえば、不動産屋さんで紹介してもらうときに、「築5年以内がいいです」とか、具体的な希望を言って紹介してもらいますよね。

古い物件よりも新築を希望される方が多いです。

新築の物件は貸すときに借り手が早く見つかるというメリットがあります。

そして、ここも大きなポイントですが、築浅物件は家賃設定を高くできます。

このように、新築には新築のメリットがあります。

海外赴任で持ち家をどうしようかと悩んでいるなら貸すことも検討してみてください。

空き家にして放置するのはどうなのか

中には「新築の家を他人に貸したくない!」「とりあえず空き家にしておこう」と思っている方もいるかもしれません。

長期間の転勤なら、空き家にしておくのはやめておいた方が良いです。

半年とか数カ月の短い期間なら空き家にしておいても問題はないと思います。


しかし、海外への転勤は3年や5年という長期間になる場合が多いです。

長期間空き家にすることの何が問題かというと、よく、空き家にすると家が傷みやすくなると言いますよね。

家が傷むと、その分リフォーム費用が余分にかかってしまいます。

そして、海外赴任だと物理的にも遠くなるので何かあったときの対応がどうしても遅れてしまいます。

トラブルがあっても気づくのが遅れるのです。

空き家だとわかるといたずらされやすかったり、極端な例だと知らない人が勝手に住んでいた、なんてこともあります。


長期間空き家にすることの問題は、傷みやすくなること、そしてなにかと物騒なことです。

1年以内の短い期間でしたら、空き家にしておくのもアリだと思います。

空き家にすることを検討している方は転勤の期間で判断してみてください。

一軒家でも貸すことはできます

海外赴任などで自宅を賃貸に出そうと検討している方の中には、一軒家をお持ちの方も多いと思います。

「一軒家でも借り手が付くのかな」と不安に思うかもしれませんが大丈夫です。


賃貸物件を探している人の中には、一軒家を希望される方も一定数います。

小さい子供がいる家庭では、騒音による近所迷惑をマンションほど気にしなくて済むので需要があります。

ペットを飼っている家庭にも人気です。

あと、楽器で演奏するのが趣味という方もいます。

気兼ねなく趣味を楽しめるところも一軒家のメリットです。


あなたの持ち家が一軒家でもマンションでも貸すことは可能です。

もしも海外赴任などで家を貸したいなら、無料で一括査定してくれるサービスがあるので、興味のある方は申し込んでみてください。

海外赴任の間だけ家を貸すことも可能です。