海外最強デオドラントは
マスキング?
制汗タイプ?

海外のデオドラントは臭いが抑えられると好評ですよね。

ただ、選び方によっては逆効果になってしまうものもあるので注意が必要。

しっかり選んでいきましょう!

海外で最強のデオドラントは
マスキングと制汗どっち?

海外のデオドラントには大きく分けると「マスキングタイプ」と「制汗タイプ」があります。

シークレットデオドラントスティックなどに代表されるマスキングタイプは、臭いに油膜を張って隠すタイプのデオドラント。

対して、デトランスαなどに代表される制汗タイプは、臭いの元になる汗が出る「汗腺」にフタをすることで汗そのものの発生を抑えます。

マスキングタイプの特徴

  • 脇に油膜を張るので水に強い(水でも落ちない)
  • ポリマーが入っているのでお風呂で落ちづらい
  • 熱に弱く、体温で溶けるとベチョベチョになって流れる
  • 不純物が多く雑菌が繁殖しやすくなる
  • 洗い流すと効果がなくなる
  • ポリマーが入っているのでお風呂で落ちづらい
  • 匂いでも隠すため香りを楽しめる。
    が、ワキガの場合はワキガ臭と混じって臭くなるので×
  • ポリマーが入っているのでお風呂で落ちづらい

制汗タイプの特徴

  • 制汗成分が強いと肌刺激が強苦なる
  • 1度塗れば3〜4日汗を抑えられる
  • 日本では手に入らない濃度の高い制汗剤がある
  • 洗い流しても効果が落ちない
  • 制汗タイプは不純物が少ないものが多い
  • ほとんどの製品が無臭
  • 1度塗れば3〜4日汗を抑えられる

海外で最強のデオドラントを選ぶ時のポイント

不純物が少ないものを選ぶ

油分など不純物が多いと、成分が脇に留まってしまい雑菌が繁殖します。
短期的にニオイを抑えられても、長期的に見るとワキガ悪化の元です。
必ず不純物が少ないものにしましょう。

制汗力が高いものを選ぶ

脇の臭いはアポクリン汗腺からの汗が雑菌に分解されることで発生します。
制汗力が低いとアポクリン汗が多くなり、体臭がキツくなることに。
制汗力が高いものを選びましょう。

洗い流せるものを選ぶ

ゴシゴシ洗わないと落ちないようなデオドラント剤の場合、脇の肌を傷めることにつながります。

ご存知だと思いますが、脇の肌が痛むと雑菌が繁殖してワキガ悪化に。
特別な理由がない限り落ちにくい製品は避けましょう。

海外で最強のデオドラントは

絶対に制汗タイプ

海外で最強のデオドラントは紛れもなく制汗タイプです。
ここまで読んでいただいているあなたは既に気づいているでしょうが、理由は2つ。

  1. ワキガの元を抑制できる
  2. ワキガを悪化させない

この2点から総合的に見て、一般的に人気なマスキングタイプよりも制汗タイプが優れています。
理由1
ワキガの元を抑制できるから
ニオイを隠しても意味がない
結局ニオイの元を断たなければ意味がありません。
この点で海外の制汗タイプは非常に優れています。
理由2
ワキガを悪化させることがないから
ワキガを悪化させるなんて言語道断
一時のニオイを抑えられたとしても長期で使って悪化するなら、いずれデオドラントが効かなくなりますよね。
これは体臭を気にする者にとって死活問題です。
理由2
ワキガを悪化させることがないから
ワキガを悪化させるなんて言語道断
一時のニオイを抑えられたとしても長期で使って悪化するなら、いずれデオドラントが効かなくなりますよね。
これは体臭を気にする者にとって死活問題です。

ワキガを改善したいなら
制汗タイプの海外最強
デオドラントを使おう!

その日1日だけニオイを消せばいいならマスキングタイプでも良いですが、長い目で見て体質から改善したいなら制汗タイプを選ぶべきです。

ではどんな商品がいいのか?
今回特別に効果の高い3つを厳選しました。
選んだ基準は3つ

  1. 制汗力の高さ
  2. コスパ
  3. 肌刺激
この3つの観点で商品を選んでいます。

海外の最強デオドラント
厳選の制汗タイプ3選

1位:デトランスアルファ

デトランスアルファは最も強いと言われる海外製品の中でも、最強の成分濃度を誇る最強のデオドラントです。

その効果の高さは折り紙つきで、全世界中で愛用されるほどです。
最も強力な制汗成分「塩化アルミニウム」濃度が医療クラスでも最大値の30%!
デトランスαは医療品でも最高値の30%濃度の塩化アルミニウムを配合しており、汗を抑える効果が高いのはもちろん、持続性も非常に強力です。

その持続性たるや、なんと最大5日間!
一回塗るだけで1週間近く汗を抑えてくれるんだから驚きです。

ちなみに洗っても問題ないのでお泊まりや、スポーツをしても全く問題ありません。
海外デオドラント普及委員会