海外駐在の任期を終え 
 本帰国をする際に 

 こんな課題はありませんか? 

現地銀行口座や現地通貨を 
 どうするべきかわからない 

せっかく外貨となっている部分は 
 日本円に戻さず管理したい 

現地通貨からUSドルなどに替え 
 将来どこへ行っても管理が行き届く形で 
 資産運用したい 

マレーシア在住のファイナンシャルアドバイザー
「海外駐在中に現地口座で貯まった資金をどうするべきか?」の課題
Infinity Financial Solutions
ファイナンシャルアドバイザー

柏村 信光

海外駐在員の方々は一定量を現地の銀行口座に、残りを日本の銀行口座に分けて給与を受け取っていることかと思います。

赴任先の任期は3年間、場合によっては5-10年間もその国で駐在を続けるという方も決して少なくないのではないでしょうか。

海外駐在先がアメリカやイギリスであれば、USドルやポンドなどの基軸通貨の所有割合が多少程度膨らんでも問題ないかもしれませんが、後進国通貨の場合はどうでしょうか?

自身の生活・仕事が国際的になればなるほど早い段階で対策を考え準備を行う必要があります。



 現地銀行口座の資金に 
 関する注意点 


世界的に進むAML規制

  • AML規制とはアンチマネーロンダリングに関する金融当局や金融機関が行う規制で、世界中で確実に厳しくなってきています。
  • 私自身はマレーシアを中心にファイナンシャルアドバイザリーのサポートをさせて頂いていますので、マレーシアを例に挙げると、個人銀行口座の継続保有が認められるのは本人がマレーシアに住んでいることが前提とされます。
  • 一昔前は、駐在員としての任期期間を終えて銀行口座を当地に残して行ってもなんとかなりましたが、現在は帰国してから数か月から半年ほどで銀行口座が凍結されるというケースも発生しています。
  • 自身の銀行口座に凍結など面倒なことが起きてしまうと、海外のほうが金利が良いとか、日本円以外の通貨を持っておきたいとか、全くそういう話ではなくなり、ただただ”やっかいな案件”になってしまいます。
  • 私自身はマレーシアを中心にファイナンシャルアドバイザリーのサポートをさせて頂いていますので、マレーシアを例に挙げると、個人銀行口座の継続保有が認められるのは本人がマレーシアに住んでいることが前提とされます。

 本帰国に向けた現地資金に 
 関する対策は2つ 


1.日本に送金する

  • 海外駐在期間に現地通貨の形で貯まった資金を日本へ送金し、日本円に戻すことは、不必要なトラブルを避けるために有効な手段です。
  • 海外の方が金利が良いから、、、と言って資金を現地口座に残したとしても、もし凍結されてしまえば、金利がどうだとか、リターンがどうだとか、もはやそういった話ではなくなります。

    わざわざ当地に出向いて凍結を解除するというシナリオになることが考えられますが、このようなリスクが発生し得るのであればまっすぐ日本へ戻すというのは正しい考え方ではないでしょうか。
  • 海外の方が金利が良いから、、、と言って資金を現地口座に残したとしても、もし凍結されてしまえば、金利がどうだとか、リターンがどうだとか、もはやそういった話ではなくなります。

    わざわざ当地に出向いて凍結を解除するというシナリオになることが考えられますが、このようなリスクが発生し得るのであればまっすぐ日本へ戻すというのは正しい考え方ではないでしょうか。

2.国際資金として運用する

  • 現地の銀行口座に現地通貨の状態で貯まっている資金を、敢えて全て日本円に戻さず基軸通貨などで長期管理・運用するというのも一つの手ではないでしょうか。

    預金も現在収入も将来収入も日本円という人は多いと思いますが、その一部だけでもUSドルなどの信頼に足る基軸通貨で運用することはリスク管理の観点で非常に重要なことです。

    現地の通貨で何かしようと"国内用の金融サービス・商品"を利用してしまうと、本帰国の前に全て清算する必要がありますが、"国際立て付けの金融サービス・商品"であれば、日本に帰国する場合も再度他の国へ海外駐在となったとしても100%自分自身に繋がった国際資金として管理・運用をすることができます。
  • 自分が今後どのような人生設計を辿っても、その動きに対応できるのが国際商品・プランの特徴です。
  • 海外駐在員の方々においては、中・長期の積み立て運用のサポートも比較的多いですが、それに加えて本帰国のタイミングが見え始めた時の、現地資金をどうするかについてのサポートも行っております。
  • 自分が今後どのような人生設計を辿っても、その動きに対応できるのが国際商品・プランの特徴です。

 国際的に資金を 
 管理・運用する際のポイント 


① 個人資産の保全性

海外資産の管理・運用において最も大事なことは、何%のリターンがあるとかそんな話ではなく、"個人の資産がきちんと保全されるか"です。

当社ではリングフェンスを徹底している金融機関をお客様の資金の管理・運用に使用しています。

リングフェンスとは、個人資金を託している金融機関が万が一倒産することがあったとしても、その個人資金は隔離管理・保護されなければならないという投資家保護制度のことです。

中長期で資金を運用する上でこれらの資産保全性の観点は非常に需要です。

この資産保全性が満たされて初めて運用効果やリターンの議論の話をするべきと考えております。

② 徹底した分散管理

当社では「今はこの分野がおすすめ」とか「来年はこの国が良い」のような、"予想行為"を行いません。

予想がうまくいかないことはランダムウォークという事象として証明されています。

当社の資産運用の管理手法は徹底した分散投資です。

アメリカや世界の株式インデックス、またインデックスを超えるパフォーマンスを出すことができている投資信託を使用し分散投資を行います。

また、個々のリスク許容度によって金や国債・社債関連商品なども同時利用することで、経済危機・不況時の"下げ"を大きく軽減することができます。

2020年のコロナショック時にも価格の下落に十分対応することができました。

注意点としては分散投資は集中投資と異なり、リスクを分散することでリターンも抑制されます。

リスクを分散した上で過去統計と合わせて考えると、4-6%が現実的な目標値となります。


③ 年金問題の対策手段の一つ

公的年金はあくまで"防貧の手段"であり、一定量は自分自身で将来の準備をしなければならないという状況になってきています。

任期中や本帰国前に海外駐在員の方々よりご相談頂く運用額は大体50,000-100,000USドルの範囲が多いですが、中・長期で運用することができれば、将来への準備内容としてかなり立派な内容となります。

中・長期運用=ガチガチで身動きがとれなくなる資金とはなりませんが、短期目線の投機のサポートしている訳ではありませんので、やはり「この部分はしばらくは触る必要がないだろうな」という部分の資金で運用を行います。

例として70,000USドルの運用を保守的な想定で考えてみます。

3.5%/年の平均成長と仮定し、複利計算すると、

5年後 >> 83,000 USドル
10年後 >> 99,000 USドル
15年後 >> 117,000 USドル
20年後 >> 139,000 USドル

となります。

何も15年20年と長期で運用しなければならないということではなく、触らなくて良い状態が続くのであれば運用継続すれば良いでしょうし、5年や10年でやはり何かしらの出費に使用しなければならなければ、それはそれで運用を終了すれば良いと思います。

ポイントとなるのは、海外駐在員としての任期期間を終えても収入がある状態は継続される訳ですから、触らなくて良い資金の管理・運用によって将来に向けた準備を大きく強化できるという点です。

そして同時に日本円だけにリスクが集まることを防ぐ手段もなります。



 海外駐在員としての 
 機会を活かした将来設計 

 海外駐在員としての任期の間に貯めることのできる 
 現地資金は、
資産形成の観点やリスク分散の観点で 
 将来設計への準備を 
 大きく強化することができます。


 改めて本帰国のタイミングを意識しつつ、
 その立場と機会を活かした 
 準備を行うべきではないでしょうか。


 まずはお気軽にお問合せ頂ければと思います。



>>国際運用に関する資料を請求する

*資料請求への返信メール以外にメルマガ等の配信メールをお送りすることはございません。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

資料請求後の流れ


  • 1.資料請求をして頂いた方にはPDFをEメールにてご送付いたします。

    2.資料の内容に関して追加説明を希望される場合や関連した質問がある場合には、ZoomやLINE電話等でフォローアップさせて頂きますのでその旨をお知らせください。


  • 1.資料請求をして頂いた方にはPDFをEメールにてご送付いたします。

    2.資料の内容に関して追加説明を希望される場合や関連した質問がある場合には、ZoomやLINE電話等でフォローアップさせて頂きますのでその旨をお知らせください。


マレーシア在住ファイナンシャルアドバイザー柏村
プロフィール
柏村 信光(かしわむら のぶみつ)

Infinity Financial Solutions
マレーシア金融庁登録ファイナンシャルアドバイザー

University Malaya
Asia-Europe Institute 卒

マレーシア・日本人商工会議所
編集長/副広報委員長

マレーシア在住13年目

2020年12月時点でサポートさせて頂いているお客さまの居住国
マレーシア、タイ、シンガポール、ベトナム、
カンボジア、フィリピン、ミャンマー、ドイツ、
イタリア、香港、中国、日本

Infinity Financial Solutions
Infinity Financial Solutions
海外駐在や海外就職、海外移住・リタイア、母子留学など、国際的なキャリア・生活を送られる方々のサポートを行っており、マレーシアやベトナム、香港、上海、カンボジアなどの支社から、日本人を含む3,000名以上のお客様のサポートをしています。

Infinityの全てのアドバイザーが適格なアドバイザリーライセンスを所有しており、お客様の国籍や希望される言語、現在のご状況等に応じて業務を行っております。