香川子連れワーキング会議×はたらくしろくま
~親子の大事な居場所作りを少しでも叶えられる仕組み作りについてを議論する会議~

保育園に入られなくても
こどもに手がかかっても
自分らしく働く

2018年5月30日(水)
10:00~12:00

香川子連れワーキング会議

ママの生き方、考え方を発言する場所がありません!

「保育園落ちた死ね」が話題になりましたが、保育園待機児童問題はまだまだ続いています。
子連れで議会に参加した議員さんもいましたね。

「孤育て」防止と私らしく働く
「子育て」って、とても愛おしいことなのに「孤育て」になっているママは少なくありません。
そして、ママが働くこと、特に起業すること、 フリーランスとして働くことは、
まだまだ理解がありません。

親子の大事な居場所作りについてを議論
「子連れワーキング会議」では、保育園を増やす、待機児童問題を議論するのではなく、
親子の大事な居場所作りについてを議論したいと思っています。

子どもの成長を見たい!
仕事もしたい!
社会とも繋がりたい !

贅沢な望みでしょうか?
少しでも叶えられる仕組み作りをみんなで話し合いましょう♪

ストレス解消
人間は話すことでストレス解消にもなります。
話し、集い、社会とつながりましょう。
ママの生き方、考え方を発言する場所がありません。

子連れで気軽に参加
ないなら作りましょう!一緒に!!
香川子連れワーキング会議は、あなたの参加をお待ちしています♪

香川子連れワーキング会議×はたらくしろくま
~親子の大事な居場所作りを少しでも叶えられる仕組み作りについてを議論する会議~
  • 日時:2019年5月30日(水)10:00-12:00
  • 詳細
    ①ゲストスピーカーによるトーク(50分)

  ②質疑応答(10分)
  ③子連れワーキング会議(Caféタイム50分)
  ④ふりかえり(10分)

            香川県高松市番町一丁目 11‐63

  • 参加費:1,000円

   (はなはなママ工房米粉シフォンケーキ&お茶付)

  • 懇談会
終了後、ロビーのフリースペースでランチタイム♪

お隣の中央公園でお子さまと遊びながら、お話ししましょう!


  • 共催
はたらくしろくま
代表:青木 連絡先090‐8500‐1244


子連れワーキング会議
代表:久保 連絡先 info@hanamikan.com

香川子連れワーキング会議×はたらくしろくま
参加お申込みはこちら
ゲストスピーカー
はなはな*みかん
香川子連れワーキング会議
代表 久保みどり

幼児療教育メソッドを開発。
親子教室、幼児教室、学習塾主宰。
抱っことおんぶ教室、ベビーサイン教室も人気。
教育・療育を家庭とつなぐ
お手伝いをしています。
視覚支援「みるみるカード」
オリジナル知育教材を制作、
販売をしています。

活動をする中で、
ママの働く場、子どもの見守る体制、
親子の居場所作りが大切だと感じ
「香川子連れワーキング会議」を発足。

こんなママ募集中!

  • 子連れでお仕事をやりたい 
⇒取り組みのお話を聞いてください!
  • 子連れで好きなことをやりたい 
⇒あなたについて聞かせてください!
  • 子連れで自分の考えを発言する場が欲しい 
⇒定期的に子連れ会議を開催したいと思っています。
  • 保育園待機児童のママ 
⇒不安なこと、将来の夢など聞かせてください!
  • 障がいがある、発達がのんびりなお子さんをお持ちのママ 
⇒大きな声を出しても、落ち着きがなくても大丈夫!
  • 子どもがいるからと、何かを諦めているママ 
⇒本来の自分を思い出してみませんか?
  • マルシェやイベントをやりたい方
⇒得意なことで販売や体験、子連れでお仕事が出来たらと思っています。
  • 上記を応援してくれる方 
⇒たこさん、たまごさん募集中です!

     お子様も一緒に参加できます♪

カフェタイム♪

お話の後は、はなはなママ工房お手製の、米粉シフォンケーキを頂きながら、ワイワイみんなで話しましょう。

話すことから、きっと展望が見えてくるはず。

はなはなママ工房のお菓子
授乳中や妊娠中のママに、またお子さんが口にしても優しいお菓子作りを目指しています。

こんなお話しが聞けます!

こんな事業をしています

ママと社会をつなぐ

  • 定期的に子連れ会議を開き、意見や考えを発言する機会を与え、子連れのママと社会をつなぐ。

  • 子連れママ、障がいをお持ちのお子さんのママをスタッフとして受け入れ、はたらく場を作っていく。 

  • ママが好きなこと、得意なことではたらく場を作ったり、マルシェを開催する。 

たこさん・たまごさん

研修を受けた保育スタッフ
「たこさん」「たまごさん」のおかげで、
子連れでお仕事ができます。

たこさん、たまごさんとは?

  • たこさん(他子)とは…
他人の子も自分の子と同じように可愛がってくれる方のこと。

  • たまごさん(他孫)とは…
他人の孫も自分の孫と同じように可愛がってくれる方のこと。

  • 見守り保育をしてくれる、たこさん、たまごさんには、抱っことおんぶのやり方やオリジナルの療教育メソッドにて研修を受けます。

仲間の紹介

得意な分野でお仕事しているスタッフさんを紹介します。

  • お菓子・お弁当作り 

【グループリーダー】
はなはなママ工房 
湯浅 由美

  • ホームページ・チラシ作成

【グループリーダー】
フリーランス歯科衛生士協会はははの研究所
代表 赤澤 美裕記

  • 知育教材制作・発送作業

【グループリーダー】 
はなはな*みかん
代表 久保 みどり

将来の展望があります

ママのはたらく場
障がいのあるお子さんをお持ちのママや保育園待機児童になってしまったママのはたらく場を目指しています。
子どもの預け先がない、病弱で呼び出しがあるかもしれないなどの 不安を解消するために 、はなはなママ工房で自分サイズのおしごとをします。

共に生きる
将来は、障がいを持った人も一緒に働くことを目標としています。

独居老人や孤育てママへ配達
まだ、周辺設備が整っていませんが、一人暮らしの老人や一人で子育てをしているママ、なかなか外に出られない妊婦さんへ、お弁当の宅配も視野に入れております。

応援していただけたら嬉しいです♪

香川子連れワーキング会議×はたらくしろくま
参加お申込みはこちら

子連れワーキング会議

「みんなで生きる「協同」の社会を目指して、ママと社会をつなげます!」 を理念と掲げ、ママの得意なことを活かし、地域貢献、社会貢献が出来る場づくりを中心に活動をしています。 


子連れワーキング会議は、親子の大事な居場所作りを少しでも叶えられる仕組み作りについてを議論する会議です。

保育園に入られなくても
こどもに手がかかっても
自分らしく働く

と願います。

この活動は4つの柱で構成されています。

1、“孤”育て(こそだて)ママと社会をつなぐ!
現代社会に於いて核家族化が進み その中でも子育てをしていく中の大きな問題点でもある
孤独な育児に悩む母親たちを社会とつないでいきます。

2、自分らしく働けるママを増やす!
「保育園が足りない」と待機児童問題が世間で取りざたされています。それでも子連れでお仕事をすることは簡単な社会ではありません。社会問題を改善し、子連れでも働けるママの働き方を見直します。


3、障がいがある子もない子も共に育つ!
ママがお仕事をしている間は、インクルーシブ教育を取り入たプログラムで自主保育をします。子どもには、学びや遊び場を体験しましょう。
教育、療育は、社会の温かい取り組みが必要です。

4、三世代の交流の場をつくる!
自分の子どもの手が離れ、子育てを手伝いたいという 他人の子どもを見る「たこさん(他子)」と、定年退職するなどリタイア後に 子どもの世話をしながら社会との接点を持ち続けたい高齢者「たまごさん(他孫)」を想定しており、 ママや高齢者の働く場の創出につなげたいと考えています。


この上記の4本を柱として、子育てを応援しています。

香川子連れワーキング会議
~子連れで働けるお仕事企画~

✩お菓子・お弁当作り

グルテンフリー・白砂糖フリー・添加物フリー
身体に優しくて安全
それでいて美味しいスイーツを作っています。
将来的には、お弁当を調理し配達を行いたいと思っています。


【グループリーダー】
はなはなママ工房 湯浅 由美

✩ホームページ・チラシ作成

難しい専門用語を使った本格的なものではなく
文字入力とコツさえつかめば行えるノウハウを伝え
制作作業を行います

【グループリーダー】
フリーランス歯科衛生士協会はははの研究所
代表 赤澤 美裕記

✩知育教材制作・発送作業

オリジナル視覚支援「みるみるカード」、知育教材の加工、縫製、缶バッチ作成などを行います。

【グループリーダー】
はなはな*みかん
代表 久保 みどり
会場 アイパル香川3F和室
共催 はたらくしろくま

香川子連れワーキング会議

お問合せ はたらくしろくま 
代表:青木 連絡先 090‐8500‐1244
子連れワーキング会議
代表:久保 連絡先 info@hanamikan.com
会場住所
香川県高松市番町一丁目 11‐63
アイパル香川3F和室
お問合せ はたらくしろくま 
代表:青木 連絡先 090‐8500‐1244
子連れワーキング会議
代表:久保 連絡先 info@hanamikan.com