KADOMA
中学生勉強会
2018.10.10スタート!!

門真市で大学生が主催をする学習支援事業をスタートします!!
大学生サポーター募集中です。

平成30年度大阪府立大学後援会チャレンジくん採択事業

後援:大阪府立大学後援会・門真市・門真市教育委員会

ご協力のお願い

「KADOMA中学生勉強会」は、大阪府立大学後援会からの資金援助で運営しております。しかし、中学生は全て「無料」で勉強会に参加していることや施設利用料、お菓子代、教材費、大学生サポーターへの実費交通費の負担等で厳しい運営状態にあります。来年度以降もこの勉強会を続けていくために、そして門真の子どもたちが夢を語り、叶えることができる街をつくっていくために、みなさまのご協力をよろしくお願いします。活動資金へのご協力をいただける方は下記連絡先までご連絡ください!

また「門真の子どもたちのために」活動していただける大学生も募集しています。勉強だけでなく、生徒たちとのコミュニケーションも重視しています。(学力レベルなどは一切問いません)熱い想いのある方、是非お問い合わせください!

ーお問合せー
KADOMA中学生勉強会(大阪府立大学後援会、門真市、門真市教育委員会後援)
主催者:八上真也(大阪府立大学教育福祉学類4年/門真小・第三中出身)
      西尾匠(大阪経済法科大学法学部4年/門真小・第三中出身)
TEL:070-1823-9293
Mail:kadoma1010start@gmail.com

1/29 メディア情報

1/29(火)ラジオ大阪「青木和雄の昼までええやん!」(9:00〜11:24)にてKADOMA中学生勉強会が取り上げられました。当日は、中学生勉強会主催者の八上が電話で生出演させていただきました。(radikoのタイムフリー機能で29日から1週間視聴可能です)

新年あけまして
おめでとうございます

1/9 通信2号配布しました!

12/26 メディア情報

産経新聞 夕刊9面

12月26日(水)産経新聞夕刊にKADOMA中学生勉強会の記事が掲載されました。11月から何度も取材に来てくださり想像以上に大きな記事をつくっていただきました。ありがとうございました。10月10日からスタートして早2ヶ月半が経過しましたが、毎回多くの大学生が協力をしてくれ中学生もほぼ休まずに参加しています。これからも勉強だけでなく生徒たちの居場所としても機能するように大学生で力を合わせてがんばっていきます。産経新聞さんありがとうございました!!

産経新聞WEB掲載記事

12/14 メディア情報

12月14日(金)FM−HANAKOの「もりかど探偵団」で大学・大学生の地域貢献をテーマに放送されました。その中でKADOMA中学生勉強会も20分間に渡り勉強会の様子や主催者・八上のインタビューを取り上げていただきました。実は10年前に小学校時代の卒業文集を読んでいただいた話もしながら、たくさんのことをお話しさせていただきました。FM−HANAKOさん、ありがとうございました!!またいつでも覗きに来てください!!

放送の内容については、以下のFM−HANAKO公式ユーチューブからご覧ください。中学生勉強会が取り上げられているのは、1:01〜約20分間です!是非、ご視聴ください。
https://m.youtube.com/watch?v=cxg2v3w58l0

12/7
大阪府立大学での講演

12月7日(金)大阪府立大学にて1限「教育福祉の諸問題A(貧困と社会)」の授業でゲストスピーカーをさせていただきました。教育福祉学類の学生が中心ということもあって熱心にすごく興味を持って聴いてくれていました。自分の根底にある中学生時代の同級生2人の話からKADOMA中学生勉強会の立ち上げまで色々と話をさせていただいて、自分でも改めてたくさんチャレンジして、行動してきたことに気づきました。

質疑応答も含めて90分丸々お話させてもらって、担当教員の先生のご配慮も含めて、本当に府大に入れてよかったなと思っていました。このような機会をいただき本当にありがとうございました。(偶然にも7日は私の22歳の誕生日でいいプレゼントをいただきました)

※写真は学生たちが感想文を書いている時に、許可を得て担当教員の方が撮影してくれました。

12/5
KADOMA中学生勉強会
通信1号配布しました!!

12/1 メディア情報

月刊AGORA12月号 2面

12月1日(土)発行の地域情報誌・月刊アゴラにKADOMA中学生勉強会に関する記事が掲載されました。大変すばらしい記事を作っていただき大学生一同感謝しております。早速、各中学校へも新聞を届けようと思います。この事業が来年度以降も継続できるように市や各種団体ともしっかり協議をしていきます。

11/16高校での講演

11月16日(金)門真市からお誘いがあり、大阪府立門真なみはや高校にて高校1年生へ「学生だからこそできた門真での新たな挑戦」をテーマに中学生勉強会の立ち上げ経緯や門真市への想いについてお話させていただきました。想像以上に真剣に聞いてくれ、(公開はできませんが)感想文にもすばらしい内容が書かれていました。今日お話をきいてくれた高校生たちが大学へ進学して中学生に勉強を教えるボランティア活動などをやってくれればいい循環が生まれるな・・・と思っていました。大変貴重な機会をいただきありがとうございました。

11/8メディア情報

大阪府立大学学生広報誌「MICHITAKE」に主催者である八上真也(大阪府立大学教育福祉学類4年)のインタビュー記事が掲載されております。「KADOMA中学生勉強会」設立の経緯や大学生サポーターへの想い、今後の展望について述べています。

(詳しくは:以下URLへ)
http://michitake.osakafu-u.ac.jp/2018/11/08/kadoma_study/

10/22メディア情報

10/22放送 
J:COMデイリーニュース北河内に「KADOMA中学生勉強会」が特集されました。

大学生サポーター大募集中!!

中学生勉強会では大学生サポーターを募集しています。
大学生1名に対して中学生2~3名の学習サポートをしています。
一緒に勉強もしながら、色んな話をして楽しい雰囲気です。
興味のある方は
kadoma1010start@gmail.com までお問合せください!!

【日時】10月10日~ 毎週水曜日
【時間】18:00~19:30
【場所】門真市立文化会館(門真市役所裏)
(京阪門真市駅から徒歩5分程度)
※実費負担の交通費はお支払いします(上限1180円まで)

~全国からのご支援~

「KADOMA中学生勉強会」は、市からの支援金はなく全て大阪府立大学後援会からいただいた予算で運営をしております。しかし見積もりが甘かったこともあり、いただいた資金だけでは、定員を超過して申し込みした生徒を受付できないなど15万円以上の赤字が出ることが判明しました。


そこで大学生サポーターと話し合いを行い、10/3よりクラウドファンディングを開始しました。おかげさまで市民・市職員だけでなく全国からも暖かいご支援をいただき100,500円のご寄付をいただきました。まだまだ予算的にはかなり厳しいところもありますが、ご支援いただいた方々のご期待に応えられるよう精一杯がんばります。


ご支援いただいた方々に心から感謝申し上げます。

↓毎週の勉強会コメント↓

2/13 第18回勉強会・恵方巻会

2/13 第18回勉強会開催
【参加者】中学生24名 大学生12名(+1名)
【視察者】門真市長、大阪府議会議員(門真市選出)、子どもの未来応援団コーディネーター、はすはな中学校校長、地域政策課課長、大阪大学教授、共同通信記者

私立入試終了後、はじめての勉強会でした。今日来てくれた中学3年生は続々と合格との報告をしてくれました!また今日は、前半にいつも通りの勉強会をして後半の19時頃から私立入試終了のお疲れ様の意味も込めて、少し季節遅れの「節分・恵方巻会」を開催しました。いつもは中3と中1、2で教室を分けているので、1Fのホールで中学生全学年が勉強している姿は新鮮でした。

恵方巻作りもいろんな具材をいれて、楽しそうに大学生と一緒に作っていたのでよかったです。中学生も大学生もたくさん食べていました。私立専願の生徒たちに「今後も勉強会に来ますか?」と聞いたところ、全員が「行きます!」と答えてくれました。ここが塾とは違う、大学生との交流やこの場所を楽しみにしてくれていることが分かる一瞬でした。

2/6 第17回勉強会開催

【参加者】中学生25名 大学生12名(+1名)
【視察者】門真市議会議員、大阪府議会議員、子どもの未来応援団コーディネーター

インフルエンザも少し落ち着いてきて、今日は中学生25名が参加でした。大学生も今週から春休みに入り、忙しいなか12名が来てくれました。私立入試がいよいよ今週末と迫るなかで、緊張感のある生徒もいれば、いつも通り元気な生徒もいました。それでも休憩時間や勉強会終了後にお菓子を食べながら、大学生と談笑している姿は微笑ましく見えました。勉強だけでなく、心理面でもこの勉強会で少しでも生徒たちの役に立てれば嬉しいです。

KADOMA中学校勉強会からは専願、併願も含めて中学3年生14名全員が私立入試にチャレンジします。みんなが精一杯の力を出せることを大学生一同で応援しています。(勉強会終了後、中3生にメッセージ付きのキットカットをあげました)

1/30 第16回勉強会開催

【参加者】中学生21名 大学生13名
【視察者】NHK記者

(写真を撮り忘れました)
インフルエンザで学級閉鎖も出ていおり、お休みの生徒たちもいました。中学生は21名参加してくれ、大学生も後期試験や国家試験が近いなか13名来てくれました。少し早く教室にきて、大学生と百人一首のカルタをしているグループもありました。今日も子ども政策課からいただいた紙袋いっぱいのお菓子は全て完食でした。

またNHKの記者さんが、開始から終了まで生徒たちと大学生の勉強している様子を見にきてくださいました。放映に向けて色々と動いてくださっています。中3は、いよいよ私立入試が近づいてきました、来週が私立入試前最後になります。大学生も精一杯応援したいと思います。大学生も色々と予定がある中で今日も遠くの門真まで来て下さって、本当に感謝です。献身的にこの勉強会へ来てくれている大学生の姿を生徒たちにも少しずつ伝わってきているのかなと感じます。

1/23 第15回勉強会開催

【参加者】中学生20名 大学生12名(+1名)
【視察者】子どもの未来応援団コーディネーター、大阪府議会議員

インフルエンザが大流行しており、学級閉鎖が出ているクラスもあるなか、中学生20名が参加してくれ、大学生も後期試験中で忙しいなか12名も来てくれました。終了時間の19:30以降も勉強を続けている大学生と中学生のグループもありました。今日と子ども政策課から大量のお菓子をいただき、みんな嬉しそうに食べていました。

またお忙しいなか、泰江府議も見に来てくださり、片付け終了まで居て下さいました。今後のことについても色々と考えてくださり、アドバイスいただきました。今日来てくれた大学生は、近所に住んでいる大学生は5人だけで、他の大学生(7人)は、全員が往復2時間以上かけて来てくれていました。本当にありがたい限りです。いつもありがとうございます!

1/16 第14回勉強会開催

【参加者】中学生23名 大学生9名(+1名)
【視察者】子どもの未来応援団コーディネーター、共同通信記者

先週は少し静かだったので心配していましたが、今日はいつもの勉強会の雰囲気で、ホッとしました。休みはいたものの中学生23名が参加し、大学生も後期の試験前で忙しいなか9名門真まで来てくれました。そして今日は、子どもの未来応援団のコーディネーターでもある秋山先生がサポーターとしてお手伝いいただきました。元教員で校長先生も務められた強力な助っ人が来てくれて、とても心強かったです。今日も子ども政策課からいただいた紙袋いっぱいのお菓子は、あっという間になくなりました。私立高校の入試もいよいよ1カ月を切りました。生徒たちの緊張を少しでも和らげ、大学生の経験談もお話しできたらなと思います。

1/9 第13回勉強会開催

【参加者】中学生21名  大学生10名
【視察者】門真市立第三中教員、共同通信記者

新年あけましておめでとうございます。本日から2019年の「KADOMA中学生勉強会」が始動しました。大盛況だったクリスマス会とは一転、いつもは元気な生徒たちも、今年はいつもより長かった冬休み明けで疲れているのか静かな勉強会でした。また三中の中3は明日が実力テスト、はすはな中・三中の中2はチャレンジテストがあるそうで緊張感もありました。インフルエンザや風邪も流行っているようで今日は4名お休みでした。また来週、全員と会えるのを楽しみにしています。元気はなかったものの今日も子ども政策課からいただいた紙袋いっぱいのお菓子はすべてなくなりました。大学生も後期のテスト前や卒論など忙しいなか今日も10名駆けつけてくれました。本当にいつもありがとう。感謝の一言です。

12/26 クリスマス会

【参加者】中学生25名  大学生13名
【視察者】門真市長、大阪府議会議員(門真市選出)、教育委員会学校教育部長・学校教育課課長、はすはな中学校校長、魅力発信課課長補佐、門真なみはや高校教諭、NPO法人「門真っ子」代表、共同通信記者

中学生25名(全員出席!)と大学生13名が出席してくれ、ケーキ作りやクリスマスプレゼントじゃんけん大会、大学生の余興も思っていた以上に中学生が喜んでくれて本当によかったです。いつも寒い中、遠方からボランティアで来てくれている大学生の笑顔も見ることができてよかったです。また年末の忙しい中、市長をはじめ多くの方々が駆けつけてくださり、中学生と大学生に激励をしてくれました。ありがとうございました。おかげさまで今日のクリスマス会で折り返しの12回目を迎えました。新年は1月9日からスタートします、2月には恵方巻会、3月にも卒所式を予定しています。今後とも暖かいご支援、ご協力よろしくお願いいたします。
※写真は、じゃんけん大会の様子です。

12/19 第11回勉強会開催

【参加者】中学生24名 大学生14名
【視察者】子どもの未来応援団コーディネーター、門真市議会議員

中3生はいよいよ入試が近づいてきていつもより緊張感がありました。休憩時間や終了後は大学生と色々な話で盛り上がっていました。中1、2は相変わらず元気で楽しそうにしていました。中には延長して20時前まで大学生に勉強を教えてもらっている子もいました。今日はお菓子も完食でした、子ども政策課からいただいたパンも30個あっという間になくなりました。中学生の胃袋はすごい。大学生と中学生が仲良く話したり勉強している姿はいつみても嬉しいですね。

いよいよ来週がクリスマス会です!いつもお手伝いいただいている大学生にもお腹いっぱいで帰ってもらえるようにたくさん用意したいと思います。

12/12 第10回勉強会開催

【参加者】中学生23名 大学生11名
【視察者】共同通信記者、地域政策課職員

大学生も卒論や忘年会で忙しい中、11名が参加をしてくれました。また中学生も23名(1名欠席)が参加してくれ、外は極寒でしたが教室内は熱気であふれ暑いくらいでした。また先週に引き続き、子ども政策課よりお菓子をわけていただき、いつもより量も多く生徒たちも喜んでいました。

門真市から地域政策課の職員さんもお越しくださり、落ち着いた雰囲気に驚いておられました。共同通信の記者さんも先週に引き続き密着で取材をしていただいており、ご協力いただいています。

12/5 第9回勉強会開催

【参加者】中学生21名 大学生9名
【視察者】FM花子さん、産経新聞記者、共同通信記者

今日はテスト明けで少し休んだ生徒もいましたが中学生21名と大学生9名が参加してくれました。2学期期末テストの話をたくさん聞かせてもらいました。中には勉強会のおかげで点数上がりましたよと声をかけてくれた生徒もいて嬉しかったです。また門真市子ども政策課よりお菓子をわけていただき、生徒たちも喜んでいました。ありがとうございました。

今日は地域のラジオ番組「FM花子」さんが取材に来て下さりました。現場を視察してくださり、勉強会後にラジオ収録させていただきました。放送は12月14日の16:00~(再放送12月15日、22日の22:00~ 16日、23日の23:00~)で予定されています。また産経新聞、共同通信の記者さんも駆けつけてくださり記事化に向けて動いてくれています。記事にされる日程が分かりましたらお知らせいたします。

11/28 第8回勉強会開催

【参加者】中学生24名 大学生8名
【視察者】元門真市立小学校教員(主催者八上の小5、6時の担任)

今日は雨が降っていましたが中学生24名全員出席でした。大学生は風邪を引いた子が数人出てしまい、いつもより少ない8名でしたが大学生1名に中学生3名がついてテストに向けての勉強や色々な話で盛り上がっていました。はすはな中は今日でテストが終了、三中はテスト1日目だったようで、大学生に「この問題分からんかったから解いてみて~」と言ったり本当に兄弟のように仲良くなっているグループもありました。

また今日は小学校時代に大変お世話になった恩師の先生が駆けつけてくださりドーナツを生徒と大学生にもって来てくださいました。定年退職をされた後も門真市の適応指導教室で指導員をされるなど小学校を卒業してからも本当にいつも色々と教えていただいて、少し今日はその先生にいい姿を見せれたかなと思いました。また来週も頑張りましょう!!

11/21 第7回勉強会開催

【参加者】中学生24名 大学生10名
【視察者】門真市立第三中学校教員1名

本日は、中学生24名(全員出席)と大学生10名が参加してくれました。テストが近いということで勉強にも熱が入りながら、大学生とも今流行りのドラマの話や中学校の話など素晴らしい雰囲気でした。やはり大学生が目の前にいてくれる安心感はすごい力がありますね。今日もジュースとお菓子はあっという間になくなりました。よかったです。

また門真三中から先生が覗きにきてくれて、大学生の数に驚いておられました。差し入れで大学生にジュースも持ってきていただきました。ありがとうございました。

11/14 第6回勉強会開催

【参加者】中学生20名 大学生10名
【視察者】大阪府議会議員(門真市選出)、「門真っ子(小学3、4年生学習支援事業)」の指導員2名、月刊アゴラ編集長

本日は中学生20名と大学生10名が参加しました。帰省で大阪に帰ってきていた慶応ボーイも2人参加してくれ、中学生も興味津々でした。「次は東大生をつれてきてほしい」とある中学生から言われたので頑張って連れてきます(笑)また月刊アゴラさんと門真市選出の府議さんも視察に来られ、感心して激励とお褒めの言葉をいただきました。さらに昨日は14年前に門真市の元教員の方々が立ち上げられた「門真っ子(小3・4対象の学習支援事業)」の先生方とも勉強会開始前の16時ごろからお話をさせていただき、大変共感できる部分が多く、身に余るほど評価をしていただき、すごく嬉しかったです。これからも門真っ子の方々としっかり協力をしていきたいと思います。

「門真っ子(小学3、4年生対象学習支援事業)」ホームページ

11/7 第5回勉強会開催

【参加者】中学生19名 大学生11名
【視察者】魅力発信課課長補佐 子どもの未来応援団コーディネーター、産経新聞記者

本日は中学生19名と大学生11名が参加をしました。今日はじめて参加した大学生も4名いましたが、すぐに中学生と打ち解けてよい雰囲気が築けていました。また産経新聞さんが取材にきてくださり生徒と大学生の様子に大変関心をされていました。新聞掲載日が分かり次第告知するようにいたします。全国からご支援いただき教室を2部屋にし中学生3名を追加で受け付けることができました。12月までに残りの6名も受付できるよう最善を尽くします。また来週もがんばります。

10/31 第4回勉強会開催

【参加者】中学生19名 大学生16名
【視察者】門真市教育委員(教育長職務代理者)、教育委員会学校教育課課長、門真市立はすはな中学校校長

本日は過去最多の大学生16名、中学生19名が参加しました。本日から中3生と中1.2で2部屋に分けて開催をしました。今日は門真市教育委員会から教育長職務代理者(旧教育委員長)と課長が視察にこられました。市からの資金援助はありませんが最大限応援していただいています。今日はハロウィンだったこともありお菓子もいつもより少し多めで、仮装道具を持ってきてくれた大学生もいて楽しい90分でした。来週参加する大学生の人数次第で、来週から中学生を追加で受付をするか検討したいと思います。

10/24 第3回勉強会開催

【参加者】中学生19名 大学生12名
【視察者】なし

本日は中学生19名、大学生12名が参加をしてくれました。まだ3回目ですが、毎週来てくれる大学生のおかげもあって中学生とよい関係が築けているように感じていました。大学生がもう少し増えれば11月以降に今、待機をしてくれている10人の中学生を随時受付し、教室も2か所使えるようになれればいいなと思っていました。今日は新しく来てくれた大学生や遠方から来てくれた大学生もいて、本当に感謝です。またよろしくお願いします。

10/17 第2回勉強会開催

【参加者】中学生19名 大学生10名
【視察者】J:COM北河内取材班

はすはな校区で地域のお祭りが開催されていたため欠席者もいましたが、中学生19名・大学生10名が参加をしました。しっかり勉強もしながら休憩時間は大学生と色々な話をして今日もすばらしい90分でした。またJ:COM(デイリーニュース~北河内~)さんが取材に来て下さりました。放送については、主に北河内に住む大学生への協力を求める内容になる予定です。放送予定日が分かり次第お知らせいたします。

10/10 第1回勉強会開催

【参加者】中学生20名 大学生13名
【視察者】門真市長、門真市議会議員、子ども政策課課長補佐、魅力発信課課長補佐、子どもの未来応援団コーディネーター

10/10(水)門真市長を始め子ども政策課、魅力発信課の職員さんにも視察に来ていただきました。大学生13名に対して中学生20名が参加し無事に第1回目を終了することができました。次回は来週の10/17(水)18:00~同じく門真市立文化会館3Fで開催いたします。

【ご支援のお願い】
10/18現在、定員20名を上回る32名の中学生から応募がありました。大阪府立大学後援会から頂いている予算の関係で20名しか受け入れることができない状況ですが、1人でも多く追加で中学生を受け入れたいと思っています。1日でも早く中学生が参加できるよう、みなさんのご支援・ご協力お願いします。

ご支援については 
070-1823-9293 までご連絡ください。

地元・門真の子どもたちのために

夢や目標を叶えられる街に

門真市の教育環境は残念ながらよい状況とはいえず、特に全日制高校の進学率は9割に届いていません。「学校の勉強についていけない」「高校に行きたいけど何を勉強したらいいかわからない」、、門真にはそういう思いを持っている中学生が多くいます。そこで彼らの学ぶ場を用意してあげたいと思い、立ち上げたのが「KADOMA中学生勉強会」です。全て手弁当で大学生がボランティアで想いだけでつくってきました。勉強はもちろん、クリスマス会や恵方巻会も用意して大学生と触れ合い、少しでも将来のビジョンを描いてくれればと願うばかりです。

10月1日~生徒募集スタート!

10月1日、生徒募集スタート!

門真市立第3中、はすはな中の中学1年生から中学3年生まで全員が対象です。定員は20名となっておりますので参加希望の方は10月1日以降に070-1823-9293までお電話にてご連絡お願い致します!

3月まで毎週水曜日開催!

門真市立文化開館にて3月まで毎週水曜日開催いたします。勉強会に加えてクリスマス会や恵方巻会も実施します!

主催者コメント

八上 真也

こんにちは、大阪府立大学教育福祉学類4回生の八上 真也です。
私にとって門真市は人生を変えてくれた恩師と出会え、野球と巡りあえた大好きな街です。
大学では「子どもの貧困」について専攻し、1回生の頃から東淀川区での学習支援事業に週2回学生ボランティアとして携わっています。また2回生からは門真市でも週1回、不登校対策学生フレンドとして活動してきました。

2年前から門真市で学習支援事業を立ち上げてほしいと各方面に要望をしてきました(以下、URL参照)。そして今回、大阪府立大学後援会のご後援をいただいて学習支援事業を立ち上げることができました。改めて感謝申し上げます。この事業では、勉強だけでなく居場所としても機能し、大学生と触れ合うことができる場をつくっていきたいと考えています。この事業が来年以降も続いていくように努力し、大学4年間の集大成を込めたいと思います。

http://michitake.osakafu-u.ac.jp/2017/10/19/yakami_shinya/

西尾 匠

こんにちは、大阪経済法科法学部4回生の西尾匠です。

 私も主催者の八上と同じく門真市で育ちました。幼い頃から野球、柔道、サッカー、水泳、リトミックダンスや絵画教室を門真で習いました。門真市に対する思い出も多く恩返しをしたいと思っております。

 大学では、ネパール国家代表コーチ(野球)就任や北京大学への留学など多様な経験を積んできたことで門真市の子供たちに勉学以外にも何かのきっかけを掴んでほしいと強く思っております。

 最後に大学生だからこそ教えることもあると思っております。

 宜しくお願い致します。

協力者 コメント

高井 海星

こんにちは。大阪府立大学 マネジメント学類3回生の高井です。
この度代表の誘いを受けて
KADOMA中学生勉強会のアシスタントをさせていただきます。私自身も代表と同じく、東淀川区の勉強会事業に携わり、今年で3年目となります。門真に限ったことではないですが子供たちはまだまだ将来を担う原石となるので、少しでも多くの子供たちに普段とは異なる環境に身を置いて、得られるものを得てほしいと願います。

小川 菜那

はじめまして。
小川菜那です。京都女子大学 発達教育学部3回生です。心理学を学んでいます。教育学と心理学の両方を学ぶ上で子供たちの将来に少しでも役に立てたら良いと考えこの勉強会事業に参加します。
門真市の子供たちが安心出来る居場所を作れるように頑張りたいとおもいます。よろしくお願いします!

柏原 優真

こんにちは、慶應義塾大学環境情報学部3回生の柏原優真です。
枚方市出身で八上君とは高校時代からの大親友です。共に切磋琢磨し受験勉強に励んできました。
今は世間からおぼっちゃま学校というイメージの慶應大学に身を置いていますが、そこで教育格差を感じます。
僕自身は小中と公立で育ちましたが、周りは小中高と私立で育ってきた学生ばかりです。そんな状況に疑問を感じ、環境に左右されず勉強出来る機会を作る手伝いを少しでも出来たら良いなと思っています。
遠方のためあまり参加出来ませんが、宜しくお願いします。

山崎 郁弥

こんにちは、大阪府立大学教育福祉学類4回生の山崎郁弥です。
八上くんには門真の現状を散々聞かされ、門真を少しでも良くしたいという熱い気持ちに日々触れさせられました。

私自身、大学では児童虐待や少年非行を専攻しています。
中学生といえども、日々を必死に生き抜いています。
そんな子どもたちの気が抜ける場所、そして未来の自分のために頑張れる場所、そんな居場所になるといいなと思っています。
たかが大学生にできることは少ないかもしれません。それでも大学生だからこそできることがあると思います。
中学生勉強会、全力で応援します!!!

森 壮太郎

大阪府立大学 工学域機械系学類4回生
僕は広島から上京してきたこともあり、生まれた土地による教育格差は、かなり拡がっていると実感しています。また解決策もなかなかないのが現状だと思います。こういったアクションを興すというのは、なかなか自治体では難しい事だと思いますし、同じ大学生として精一杯支援していきたいと思います。

アクセス

門真市駅から徒歩5分
門真市役所裏