過バライ金を完済後に請求するデメリット
正しい債務整理事務所の選び方

過バライ金デメリット完済について

過バライ金の請求を考えたときにメリットばかりではなく、デメリットがあるのではと気になる方も多いかと思います。過バライ金請求時ににどのような過バライ金デメリットが発生するのかお話していきます。

過バライ金デメリットのひとつとして、過バライ金請求先のカードが解約になってしまうことが挙げられます。これは借金を完済している場合でも返済中の場合でも自ら解約を名乗り出なくても解約になります。過バライ金請求先以外のカードは解約にはなりません。
また、いわゆるブラックリストに載らなかったとしても過バライ金請求をした業者にその情報は残ってしまうので、今後、再びその業者から借入をしたり、カードを作ることができなくなるケースがあります。(余談ですが、私はたまたまかもしれませんが、過バライ金請求で解約になった業者に再申込した際、問題なく審査が通ったので、必ずしもできなくなる訳ではありません)

完済した上での過バライ金請求ならブラックリストに載ることはありませんが、返済中の場合で引き直し計算後にも借金が残る場合は、その残った借金を債務整理することになるので、ブラックリストに載ってしまうことになります。
ブラックリストに載ってしまうと、これから住宅ローンや車のローンを組もうとしていたり、クレジットカードを発行しようとしている場合に審査を通るのが難しくなるので、少なからず生活に影響を及ぼすので過バライ金デメリットと言えます。

借金を返済中の場合で引き直し計算後にも借金が残る場合に債務整理をした場合にブラックリストに載るのであり、過バライ金請求=ブラックリストという訳ではありません。ブラックリストに載らないためには完済後に過バライ金請求するほうが確実で過バライ金デメリットにはなりません。
過払い金請求を依頼するまでの流れ

STEP

1

事務所を複数比較する

当ページでご案内している、全国対応の優良過払い金請求事務所を比較して、気になる点は問い合わせする。

STEP

2

無料相談を利用する

当サイトで紹介している事務所は全て、無料相談が可能ですので、気になる事務所の無料相談を利用する。

STEP

3

ご提案・お見積り

事務所から貴方の状況に応じた最適な過払い金請求のプランや費用などについて提示されます。

STEP

4

ご契約

事務所からのプランに納得が出来たらご契約、という流れになります。

当サイトでご紹介している事務所は、低報酬額で全国対応、そして初期費用も無料ですのでご安心ください。

STEP

1

事務所を複数比較する

当ページでご案内している、全国対応の優良過払い金請求事務所を比較して、気になる点は問い合わせする。