過払い金の期間が分からない方OK!
【全国対応の10事務所を比較】
過払い金請求
優良事務所ランキング

弁護士法人サルート法律事務所

キャリアのあるベテラン弁護士が在籍しています。
豊富な経験値から、ご依頼者様に最善な解決方法をご提案します。

他で解決できないようなご相談も、あきらめずにご相談下さい。

公式サイトで詳細をチェック

天音法律事務所

家族や会社に内緒で秘密にしたまま整理可能です!

全国対応で24h365日いつでもご相談の受付をしております。専門の相談員が対応いたしますので、安心してください。

公式サイトで詳細をチェック

サンク総合法律事務所

家族に借金を知られたくない・・・手持ちがなく、弁護士費用が用意できない・・・等のお悩みがあっても大丈夫です!

あなたにとって最適な借金解決方法をお答えします!

公式サイトで詳細をチェック

新大阪法務司法書士事務所

法律家は開かれたもので、相談しやすい身近な存在であるべきという考えで業務を行っております。

「気軽に相談していただける法律家」として、完全解決まで、一緒にお付き合いします。

公式サイトで詳細をチェック

女性専用!債務Lady

旦那様、ご家族に知られずに借金を清算したい方!
月々の返済が難しくなってきたと感じている方!
自己破産または、任意整理をご検討中の方
金融機関からの取り立てに困っている方!

公式サイトで詳細をチェック

アヴァンス法務事務所

借金問題の解決方法は、任意整理、個人再生、自己破産 などいろいろな手段があります。

アヴァンスでは、あなたにお話頂いた内容から、一番最適な解決方法をご提案いたします。

公式サイトで詳細をチェック

アヴァンスレディース

借金でお悩みの女性の皆さん、債務整理の専門家のアヴァンスレディースは女性専門の債務整理の相談窓口です。
自己破産や任意整理といった債務整理の相談を無料で行っています。
アヴァンスレディースにご相談ください。

公式サイトで詳細をチェック

ベリーベスト法律事務所

ベリーベスト法律事務所では、あなたの借金の状況から迅速に過払い金が発生しているかどうかを調べ、返還請求まで一貫して行っております。

当然、完全成果報酬ですので、余分なお金を支払う必要はございません。

公式サイトで詳細をチェック

借金お助けナビ

ひとりで悩まないで!
わたしたちが一緒に解決します。借金問題が得意な弁護士があなたの借金問題を解決します!

24時間いつでも無料受付しております。

公式サイトで詳細をチェック

おしなり法律事務所

借金を抱え、悩んでいる方たちの多くには債務整理という手続きで借金生活から救われる方法があります。

最適な手続きを見つけ、少しでも早くその苦痛から抜け出し、明るい未来のために再スタートをしましょう。

公式サイトで詳細をチェック

過払い金の請求の始まりとメリット

そもそも過払い金の請求はいつから始まったのでしょうか?
それは2006年1月に最高裁より、利息制限法の上限を超える金利は無効であるという判決が出たことによります。

この法律によって、多くの貸金業者が違法行為をしていたことになり、そこから過払い金の請求が始まりました。


過払い金請求のメリットは、今まで返済していた分からお金が戻ってくるということです。
過払いとは文字通り払いすぎていたお金ですから、その分を返してもらうのは正当な権利であるという観点から弁護士に依頼して(手数料等は取られます)お金を戻してもらえます。


個人で過払い金を請求することもできますが、請求するのに必要な書類作成などは弁護士や行政書士でなければハードルは高くなります。

また、複数の貸金業者からの債務がある場合は、取り戻すことができた過払い金で、他の貸金業者への返済に充てることもできます。
そのことで、それまでの借金額を減らすことも可能ですし、過払い金は元々が自分のお金ですから、使い道は自由で何に使ってもいいのです。


貸金業者から過払い金を請求したことでブラックリストに載るなどの嫌がらせを心配する人がいますが、そういったことは一切ありません。

実は簡単!?過払金返還請求!

過払い金返還請求と聞くと、色々難しい手続きを踏まなきゃいけないと思われそうですが、そんなことはありません。
取引履歴の開示を業者に依頼し、その取引内容を利息制限法に引き直す。
その金額がマイナス、つまり過払いになればその金額プラス損害金を計算し、合計額を請求する流れになります。

取引履歴の開示についても貸金業法で義務化されていますし、交渉についても弁護士や司法書士を介入させずとも業者は応じてくれるはずです。

しかし、やはり数千件の過払い交渉をくぐり抜けてきた百戦錬磨の業者相手では不利なのは事実ですし、取引履歴の開示〜引き直し計算、業者との交渉、場合によっては訴訟対応もしなければならないと考えると、働いている方等にとっての負担は計り知れません。

それを考えると弁護士や司法書士への依頼は20%程度の成功報酬を考えても合理的かもしれませんね。

ただ、一旦は交渉を考えずに訴訟を起こし判決を取得、圧倒的有利な立場から交渉をスタートさせるのであれば専門家を入れずとも業者と対等に渡り合うことが可能かもしれません。

引き直し計算書や訴状の雛形等はインターネット上で検索すればいくらでもファイルがヒットしますし、実は殆どが当て込むだけで済む内容で、それほど難しくないのです。
法的知識よりも少しエクセルやワードが使えれば対応できるレベルと思っていただければいいと思います。

最後に注意する点は消滅時効の期間が経過していないかです。

最終取引より10年が経過し、消滅時効を援用されると過払い金債権が消滅してしまいます。
思い当たる取引があるのであれば早めに確認し、対応頂ければと思います。

過払い金請求で人生のやり直し

ここ最近では少なくなりつつありますが、テレビのコマーシャルやインターネットのバナー広告で全国各地の弁護士事務所や司法書士事務所が過払い金請求を勧めるのを目にする事が多かった事が多くありました。
過払い金請求とは文字通り払い過ぎたお金を金融機関に請求する事によって取り戻す事にあります。

ここ最近過払い金請求に関するメディアが少なくなってきた理由として時効が近くなってきた事にあります。平成22年の総量規制の法律によって過去に29%程度のグレーゾーン金利で貸し付けをしていた契約が違法という事になり過払い金請求が活発化したのですがこの請求ができるのが最後に金融機関と取引をした日から10年間ということなので既に8年経っている事もあり徐々に時効までの期間が少なくなってきました。

過払い金請求に時効がある事はあまり知られていないかもしれません。平成22年以前に特に勝記者金ゆうなどで借入をしていた経験がある場合一度は過払い金請求をしておいた方が思いもよらない金額が戻ってくる期間を逃してしまいます。
過払い金請求では払い過ぎた金利分に対して金融機関側が支払わなければならない利息がつきます。

契約期間が長ければ長いほど年に法定金利とグレーゾーン金利の差である約10%程度の金利分と利息が戻ってきますので100万円単位で過払い金が発生している事も少なくありません。