なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

刺す化粧品を試してみました

「刺す化粧品」という気になるキャッチコピーに惹かれて、ヒアロディープパッチを試してみました。

今まであまり肌を気にしていませんでしたが、ある日じっくり鏡で顔のあちこちを見た時に「あれ?」と衝撃が…

思わず心臓がギュッとなりました。「衰え」という恐怖にはじめて向き合った瞬間でした。

目の周りやほうれい線など、皮膚の柔らかい箇所がハリを失い、重力に負けて毛穴がキュッとならない感じに見えたのです。

これはマズイ。といろいろリサーチしてヒアロディープパッチにたどり着き、藁にもすがる思いで使い始めました。

気になる箇所に貼ってみると痛みは全然なく、初日から使用後に潤っている実感がありました

長い間ちゃんとケアもせず放置していた肌ですので、急激な変化というよりじっくり変化しているように感じます。

少しずつですが確実に肌質が変わってきました。これからが非常に楽しみです。



刺すヒアルロン酸化粧品でシワを消すことは可能か?

あたかもシワを治療することができるかのようなネット広告です。刺すような化粧品は、もし効果があったとしても、薬事法や医師法に抵触するのではないでしょうか?

正当な皮膚科医や美容皮膚科医は、小じわをなくすためには、真皮の網目状の形成を修正する必要があると認識しています。ヒアルロン酸は、その高分子量のため、皮膚の表面に塗布すると、表面には保湿・潤いを与える効果がありますが、細胞内には浸透しにくいという特徴があります。

そのため、刺すような化粧品は、高分子量のヒアルロン酸が「刺す」という行為によって体内や皮膚を構成する細胞内に入っていくような印象を与えます。大きなシワは真皮の中で網目状になっていることが原因です。

私は個人的に、上場企業であれ、モンドセレクション金賞受賞企業であれ、製品を広告することは、ハロー効果という認知バイアスを生み出すことができる手法だと思っています。この方が合理的で、効果的で、結果的に経済的だと思うのです。

以前、美容皮膚科クリニックでヒアルロン酸を配合した韓国製品が紹介されたことがありました。

刺す美容液「オデコディープパッチ」の効果は本当?

ヒアルロン酸の注射は、美容皮膚科ではシワの治療として使われています。

ヒアルロン酸を主成分とした "刺すような美容液 "と呼ばれる美容液が、額のシワの治療に使われているのを見たことがあります。この美容液の効果が本当なら、500ダルトンの法則に対する大発見ですが...。

ラクダが針の穴を通るというありえない比喩を、このシワ対策美容液は実現したのでしょうか?

オデコディープパッチは、もし広告に書かれていることが科学的・医学的に真実であれば、シワを治療する美容皮膚科医は職を失い、500ダルトンの壁を越えることができれば、製薬業界はパニックに陥り、多くの薬が経口ではなく経皮的に服用されるようになるだろう。

ちなみに、オデコディープパッチの主成分が美容皮膚科医がシワ治療に使うヒアルロン酸だとすると、ラクダが針穴を通らない限り、ヒアルロン酸が体内に浸透することはあり得ない。

500ダルトンの法則を無視した刺すような美容液を自称するオデコディープパッチは、広告に小さな文字で「仮に針があったとしても、額の横ジワの原因となる真皮層に有効成分は届きません」と記載しています。ハロー効果は認知バイアスの一種で、広告によく用いられます。

泌尿器科をはじめとする一般診療に加え、化粧品部門も併設している。一般論としては、ヒアルロン酸を針で注入し、シワは筋肉の動きによって生じるものなので、ボトックス注射が根本的なシワ治療として用いられます。

刺す化粧品を使う場所によって商品を変える

刺すようなヒアルロン酸が売れています。そんなわけで、この刺すような化粧品が売れているのです。少し前までは、刺すような化粧品の種類はそれほど多くなく、おでこ用を目の下に貼ったり、目の下の小じわに貼ったりと、工夫が必要でした。

そんな噂の刺すような化粧品の中から、おでこ専用の「オデコディープパッチ」が登場しました
刺すような化粧品のファンが増えるにつれ、「おでこにも使える刺すような化粧品が欲しい」という声が多く寄せられ、その声に応えて誕生したのが「オデコディープパッチ」です。

目の下の小じわやたるみ、乾燥小じわなどのケアに使われてきたマイクロニードル技術を、新たな分野に応用したものです。革新的な美容法として一世を風靡したマイクロニードル技術ですが、ついに。頬の "毛穴ケア "新製品は、カバーエリアを拡大!

頬の毛穴が深く気になる部分を「頬の毛穴ゾーン」と名付け、これまでにない「頬の毛穴密集部」専用のエイジングケア商品を商品化しました。一度は試してみたいスキンケア商品です。

刺す化粧品「ヒアロディープパッチ」の通販購入

チークポアパッチは、刺して届けるという画期的な美容法であるマイクロニードルテクノロジーを採用した頬の毛穴ケア製品です。

チークポアパッチを肌に貼ると、引き締め成分などの美容成分を含んだ針が肌に突き刺さり、5時間かけてゆっくりと肌に溶け込むことで、確実に肌に浸透し、悩みに直接アプローチします。

化粧水やクリーム、パックのように肌に塗るものではなく、美容成分を直接肌に届けることができる画期的な技術なのです

チークポアパッチは、引き締め成分などの美容成分そのものでできた小さな針がシート状になっており、毛穴が集中している頬の毛穴にピンポイントで刺さります。

この針を肌に貼ると、5時間かけてゆっくりと溶けて肌に浸透し、毛穴の悩みに直接アプローチすることができます。

毛穴をケアするには、肌に潤いを与え、ハリを与え、引き締めるためのすべての美容成分を肌に届けることが重要です。頬の毛穴パッチは、マイクロニードル技術を用いて、どんな状態の肌にもハリ・潤い成分を "密着 "させることができます。

頬の毛穴パッチには、毛穴そのものを引き締めるアーチチョーク葉エキス、ハマメリスエキス、サンショウ果実エキスの3つの主要成分が配合されています。

チークポアパッチは、マイクロニードル技術で頬の毛穴に「刺す」ことで毛穴を引き締めます。ヒアロディープパッチは、抗シワ試験で効果が確認されています。

“刺すヒアルロン酸”化粧品が注文殺到で予約待ち

"驚くほど良いものができてから商品化する "を信条とする北の達人コーポレーションが販売する化粧品「ヒアロディープパッチ」の予約待ちが3万人を突破したことをお知らせします。

本商品は、発売以来、初めて肌に貼るヒアルロン酸化粧品ということで話題となり、累計約1,000万枚、4秒に1枚のペースで販売される爆発的なヒット商品となりました。

高い保水力を維持したまま、角質層の奥まで届けるために採用されたのが「針」です。

高濃度・高分子のヒアルロン酸を主成分とし、加水分解コラーゲン、プラセンタエキス、EGF、FGFなどの美容成分を針に凝縮しています。針を直接肌に刺すことで、高濃度・高分子の状態を保ったまま、成分を直接肌に届けることに成功しました。

また、水を一切使用しない工程で成分を濃縮しているため、高濃度のヒアルロン酸などの成分を角質層の奥まで届けることができます。さらに、非常に高い浸透力を持つ画期的な新美容液として注目され、多くのメディアに取り上げられています。