大切な人へ想いを託す

相続対策は専門家の知恵が必要

相続対策は、方法を間違えると正しい効果が期待できません。また、ある人には効果的な対策でも、別の人には向かない場合もあります。相続対策を実行するときは、相続に詳しい専門家に相談することが大切です。

例えば、相続税に関する対策や相続税の申告は税理士、法律上の問題が生じたときには弁護士
戸籍謄本類を取得するのが難しいときには司法書士行政書士など、それぞれの専門家がいます。

死後の手続きの中で最もトラブルやもめごとが多いのがこの相続です。

  • 相続とは、人が亡くなったときに、亡くなった人の財産(権利や義務)を相続人である配偶者や子などが引き継ぐことです。
    被相続人がのこした財産の中には、遺産分割の対象となる財産とならない財産があります。プラスの財産(権利)とマイナスの財産(義務)

  • 相続の手順、被相続人が亡くなったときに、その人の財産の相続が始まります。被相続人の財産は相続人全員の共有財産となるため、相続人のひとりが財産を勝手に処分したり、名義を変更したりすることはできません。財産を処分するためには、相続人全員が遺産分割に合意するなど、一定の手続きが必要です。

  • 相続税、相続が発生すると、財産をもらった人に相続税がかかる場合があります。しかし、相続税を払うために住んでいる家を売るような事態になっても困ります。そのようなことにならないために、相続税にはさまざまな控除や特例などの制度があります。

  • 相続人と相続財産を把握できたら、次に相続財産の分け方を考え、必要な相続対策を行います。相続対策には、遺族同士の相続争いを避けるための対策、相続手続きの煩雑さを避けるための対策、また相続税がかかる場合は税金対策などがあります。


  • 子や孫の喜ぶ顔を見たいときには、生前贈与をするのもひとつの方法です。生前贈与とは、本人が生きてる間に贈りたい人に財産を渡すことです。配偶者や子・孫への目的を絞った贈与であれば、一定額まで贈与税が非課税になる制度や特例があります。

  • 相続とは、人が亡くなったときに、亡くなった人の財産(権利や義務)を相続人である配偶者や子などが引き継ぐことです。
    被相続人がのこした財産の中には、遺産分割の対象となる財産とならない財産があります。プラスの財産(権利)とマイナスの財産(義務)

連携をとる専門家と相談窓口

専門家
弁護士 相続などで争いになったときに、相続人の代理で法律行為を行うことができる法律の専門家
司法書士 不動産の登録手続き、法務局、裁判所、検察庁に提出する書類や、遺産分割協議書を作成する
行政書士 遺産分割協議書や自動車の名義変更の書類など官公庁に提出する書類を作成する
相談窓口
法テラス
(日本司法書士
センター)

法的なトラブルの解決に必要な情報やサービスを無料で提供している
全国各地に事務所があるが、事務所での相談だけでなく電話やメールでも相談できる
司法書士 不動産の登録手続き、法務局、裁判所、検察庁に提出する書類や、遺産分割協議書を作成する

税金関係の専門家と相談窓口

専門家
税理士
各種税金の相談や納税申告書を作成する
相続や贈与の相談をする場合は、相続税・贈与税に詳しい税理士に相談することが重要
相談窓口  
税務署
確定申告の時期には税務署内に相談コーナーが設けられている。また、それ以外のときでも、
税金に関する相談ができる
各税務署には電話相談センターが設けられているので、最寄りの税務署に電話で相談ができる
相談窓口  
税務署
確定申告の時期には税務署内に相談コーナーが設けられている。また、それ以外のときでも、
税金に関する相談ができる
各税務署には電話相談センターが設けられているので、最寄りの税務署に電話で相談ができる

年金関係の専門家と相談窓口

専門家
社会保険労務士  労働や社会保険に関する書類を作成する
相談窓口 年金事務所
(日本年金機構)
街角の年金相談センター
 年金に関する手続きや相談ができる
 日本年金機構のねんきんダイヤルでは電話で年金相談を受け付けている
相談窓口 年金事務所
(日本年金機構)
街角の年金相談センター
 年金に関する手続きや相談ができる
 日本年金機構のねんきんダイヤルでは電話で年金相談を受け付けている

不動産関係の専門家と相談窓口

専門家
司法書士   不動産の名義や権利関係の調査や、登記(名義変更等)をする
不動産鑑定士  土地や建物などの不動産の価格を鑑定する
土地家屋調査士   土地や建物の物理的な状況の調査および測量を行う。不動産登記の代理もできる
測量士  土地の面積を測量する
宅地建物取引士  土地や建物の売買契約の手続きをする
不動産鑑定士  土地や建物などの不動産の価格を鑑定する

医療・介護関係の相談窓口

相談窓口
地域包括支援センター  地域包括ケアシステムの中心となる場所
 高齢者の暮らしについて困りごとがあったときの総合的な相談窓口となっている
医療安全支援センター  患者や住民から医療に関する相談や苦情を受け付け、病院と調整などの対応をする
 自治体が運営し、各地の保健所に設置されている
医療安全支援センター  患者や住民から医療に関する相談や苦情を受け付け、病院と調整などの対応をする
 自治体が運営し、各地の保健所に設置されている

■終活のご相談なら

042-707-9515

■営業時間■
平日(月~金曜日):午前9時~午後6時
お気軽にご相談下さい
お見積り・ご相談無料
WEBからは24時間受付

Contact
お問合せ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信