ルシャン英会和

英語力と発信ツールは均等に学ばなければ意味がない今世紀に

発信源を間違っていませんか?😥

英語を習得したらどう情報発信するかが大切になってきます。

せっかく英語習得しても発信の仕方が間違っていては。。。

SNS(Facebook、LINE、インスタグラム)
ブログ
サイト
メルマガ

これらは、あくまでもネットツール!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、あなたの友人やお客様と繋がるためのあなたの看板であります。

そしてこららをバラエティーにうまく構成して活用している人は、ほぼほぼいません。

どうせ使うツールであれば、うまく活用したくはありませんか?

あなたの主観や専門知識をSNSにシェアしてしまうともったいない

そもそも各ネットツールの役割が異なる。SNSは、タイムラインの役割で言うと、大まかに起きた出来事を5行にまとめて発信することをメインに作られたツール。専門的知識をシェアする場ではないと言うことです。

私もその一人でした

私も、せっかく身につけた英語力とコミュニケーション力をどう発信すれば良いかわからなかった張本人でした。
そして今となって思うのは、発信の知識と英語を同時に学べたら理想だったなと。

もう怖がる必要はない

僕も今やコミュニケーションや情報発信で悩むことは無くなりました。
もう英語にもネットにも怖がる必要がない!
両方効率よく学べるサービスに出会えたあなたはすごく運がいいと思います!

失敗の原因は〇〇のせい!

失敗は、あなたでなく環境のせいです。学校や関わる人が原因で、あなた自身の問題でもなければ責める必要もありません。