富山で評判の良い
リノベーション業者

マイホームを検討している人は、新築を建てる人も多いですが、中古物件を購入してリノベーションをして新しく作り変える人も多いです。こちらでは、富山で評判の良いリノベーション業者について紹介します。

リノベーションが注目されている理由

築年数が古い住宅をリノベーションする人が増えています。こちらでは、なぜリノベーションが注目されているのかについて見ていきましょう。 

・物件の選択肢が増える
新築住宅を考えていると土地選びや住宅会社など、さまざまな悩みがあります。既に好立地には家が建っていることが多いので、少し不便なところに建てないといけない場合もありますが、リノベーションを検討することで中古物件という選択肢が増えるのです。

・費用を抑えられる
新築住宅を建てる際は土地代、建築費用などさまざまな点で費用がかかります。しかし、リノベーションを目的とする場合、中古物件の購入とリノベーション費用のみで良いので費用を抑えることができます。

・間取りなどの変更が可能
リノベーションは土台などはそのままに中身を作り変えるというものです。そのため、自分たちに合わせた間取りなどを考えることができます。注文住宅でも同じことができますが、リノベーションをすることで注文住宅のような自由なマイホームを手に入れることができるのです。

リノベーションのデメリットはある?

リノベーションには数多くのメリットがありますが、逆にデメリットはあるのかを考える人もいるのではないでしょうか。こちらでは、リノベーションのデメリットについて見ていきましょう。
 
・すぐに住めない
一般的に中古住宅を購入すればすぐに引っ越すことができますが、リノベーションの工程が残っているため購入後にすぐ入居することはできません。そのため、物件購入をしてもリノベーションが完了するまで入居できないのがデメリットのひとつと言えるでしょう。
 
・構造上できないこともある
リノベーション=どんな無茶な間取りでも可能、という認識を持つ人がいますが、建物の構造上どうしても難しい間取りなどがあります。そのため、自分の希望を100%叶えられるわけではないことを覚えておきましょう。
 
・思わぬ修繕費がかかることも
建物は解体して初めて分かることがあります。例えば壁の内側の状況、柱の状況などは解体前だと見極めることは難しいでしょう。そのため、予想以上にリノベーション費用がかかってしまうこともあるようです。

リノベーション業者の選び方

富山県には数多くのリノベーション業者があります。こちらでは、失敗しないための業者選びのポイントについて見ていきましょう。
 
・施工事例を見せてくれるか
リノベーション業者の中には、施工事例を見せてくれないところもあります。しかし、依頼する側としては過去の施工事例をしっかり見ておきたいところです。施工事例の写真などを見せてくれないところは避けた方がいいでしょう。
 
・過剰な値引きがあるところは怪しい
リノベーションは規模によって費用が変わってくるため、明確な相場を出しづらいものです。複数の業者を検討しようとした際「今なら値引きをします」など、過剰な値引きをする業者は残念ながら信用できません。値引き分を過剰に上乗せしている科可能性があるからです。
 
・時間はしっかり守ってくれるか
打ち合わせなどで業者側が遅れてやってくる場合があります。事情があって遅れる場合もあるでしょうが、何度も遅刻を繰り返すなど時間のルーズさが見えてくる業者は施工時もルーズなことをするのではないかと不安になるので避けた方がいいでしょう。

富山県で「株式会社ユニテ」がおすすめされる理由

富山県で評判の良いリノベーション業者と言えば、やはり株式会社ユニテでしょう。こちらでは、ユニテの評判が良い理由について見ていきます。
 
・実績が豊富
創業28年という実績と信頼を持っていることから、多くの人に注目されています。リフォームやリノベーションをメインで行っていることもあり、年間1,000件以上の依頼があると言われています。実績が豊富だからこそ、さまざまなケースにも臨機応変に対応できるのでしょう。
 
・アフターフォローが万全
365日24時間体制というアフターフォローの万全さが注目される理由のひとつです。どんなトラブルがあってもすぐに相談できるのは依頼する側にとっても心強いでしょう。
 
・得手不得手がない
ユニテは建物のリフォームやリノベーションに関して、得手不得手がありません。得意なものもないけれど苦手なものもないというオールマイティさがウリとなっているのです。

富山県でリノベーションを検討している人は、こちらのサイトもご覧ください。
さまざまな情報が詰め込まれているので、きっと役に立つはずです。

まとめ

以前は注目されていなかったリノベーションも古民家が増えてきたことで、注目されることが多くなってきました。新しいものだけを良いとするのではなく、古くて良いものも残すという考えは今や当たり前となっているようです。