このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

コロナ禍は避難所へ行くのも難しく
自宅避難が一番いいと思います。
確実に減災できる方法が分かりました。
2017年放送 NHKスペシャルで放送の番組内容と一致するものです。
地震の揺れは軟弱な表層地盤で増幅します。
同じ地域で、同じ建て方でも
一つは倒壊し、一つは無事でした。
その原因が、地盤の違いによる揺れの増幅でした。
今は、地震の揺れを予測できる探査機が開発されました。
それにより、地盤のリスクを知ったうえで
適応した建て方ができるようになりました。

また、住宅業者を限定することもなく
どのエリアでも対応します。

【守るポジションのリーダーさんへ】
「家族を守りたい」と人もリーダーです



リーダーさんは人々を明るい方へ導く人です。

 リーダーさんの言葉に人は安心します。

リーダーさんの勇気ある行動に、人は希望を抱きます。

そんなリーダーさんから

伝えて欲しいことがあります。






1つ目: 安心

「安心してください。未来は明るいです」

リーダーさんの落ち着きある言葉に人々は安心します。





2つ目: 理由

「これから建てる家は、揺るがぬ大地に守られる」からです。


次の建て方により
揺らがぬ大地に守られる
家になります








3つ目: 根拠

「地面の揺らぎを予測するただ一つの探査機」が開発されました。

新しく開発された探査機が
起こる揺れを予測します。






4つ目: 逆算

逆算による設計ができます

逆算できればより良い選択ができます。



5つ目:選択

 今、行う選択が未来を決めます

より良い選択するため、
予測するデータを使用します。








2つ目: 理由

「これから建てる家は、揺るがぬ大地に守られる」からです。


次の建て方により
揺らがぬ大地に守られる
家になります









知識を得て起こる
未来を変える

頭をやわらかくしましょう。

「9個の点を4本の直線で

一筆書きにして結びなさい」というものです。





枠にこだわると見えませんが、
枠の外を見ると答えが表れます。






理想の家づくりは、
これと同じ発想。



家という枠の外。
つまり、
支えているものを見ます。


未来予測

新型探査機の出現により揺れ度合が予測可能です。
逆算し設計に活かせば、
より良い選択ができます。


揺らがぬ大地に建てる

それにより、揺らがぬ大地に家が立つ。
今日から未来に向けて安心できます。


揺らぐ土地の場合は?

そうは言っても揺らぐ土地もあります。
その場合、地盤側で揺れを抑える技術があります。


新型探査機の調査費用

調査費は約10万円。
家を建てる場合は地盤調査が必要です。(従来と同じ価格帯)
新型探査機は、地震の揺れの増幅度合を予測します。
地面に穴をあけることなく調査できます。


これから家をお考えの方、
ご連絡ください。
提携工務店を紹介します。
すでに希望の工務店があればお知らせください。

未来予測は、どの住宅業者、
どのエリアにも対応。




お問合せフォーム
相談無料

ご相談内容をご記入ください。
(法人の方は、会社名、部署名もご記入願います)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。