住宅ローン返済額は簡単に安くなる方法がある

購入時、契約したご自身の住宅ローンについてきちんと把握していますか?
あれから年月が経ち、金利は世の中が驚くほど下がりました。
適正な住宅ローンに組み替えれば、お子さんが大学に行くくらいのお金が浮くかもしれません。
特に30代後半から50代前半、10年以上前に買った人。
その住宅ローン、適正ですか?
借り換え診断を一枚のシートにまとめて、無料でご提供しています。


返済額が減る、可能性大は下記✓の人

  • 住宅ローンを組んでから10年以上たっている
  • 1000万円以上残債が残っている
  • 残りの返済期間が10年以上残っている
  • 金利が3パーセント以上で借り入れている
もしあなたが住宅ローン支払額がお安くなる人に該当するなら、手続きをするだけで
簡単に数十万~数百万のゆとりができるかもしれません。
余裕ができたお金で何をしますか?どのような使い道がありますか?
契約した住宅、マンション、金融機関の担当者はお安くなることを教えてくれません。
簡単、無料でお調べいたします。

たとえばこんな場合・・・

例えば・・・
☑残高 1,800万円 
☑金利 1.275%(変動)
☑残期間  17年
☑月支払額 93,000円
☑利息総額 210万円の方

変動金利0.775%(金利差▲0.5%)で借り換えた場合、メリットが出るか?
を試算してみます。
借り換えた場合のメリット(利息の減額)は、78万円になります。

ですが、借り換えには、諸費用が必要です。
主なものとして、
☑融資事務手数料
☑保証料
☑登記費用

この方の例でみると、費用倒れになる可能性があり、借り換えの効果は期待できません。

たとえばこんな場合・・・

例えば・・・
☑残高 1,800万円 
☑金利 1.275%(変動)
☑残期間  17年
☑月支払額 93,000円
☑利息総額 210万円の方

変動金利0.775%(金利差▲0.5%)で借り換えた場合、メリットが出るか?
を試算してみます。
借り換えた場合のメリット(利息の減額)は、78万円になります。

ですが、借り換えには、諸費用が必要です。
主なものとして、
☑融資事務手数料
☑保証料
☑登記費用

この方の例でみると、費用倒れになる可能性があり、借り換えの効果は期待できません。

借り換え診断を一枚のシートにまとめて、
無料でご提供しています。

自分には関係ないことと思わずに、ぜひ診断してみてください。
今、世の中は超低金利、金融機関では日々
住宅ローンの借り換えが行われています。

田中 有未さん(37歳)

車2台分のお金が浮きました

住宅ローンは初めに契約した時から当然のものとして返済していましたので、世の中の金利が安くなっているというニュースを聞いてもまさか自分がお安くなるかもなんて考えもしませんでした。
友人の勧めで住宅ローン借り換えセンターを利用して大幅に安くなったのにびっくりです。車2台分のお金が浮きました。ありがとうございます。