最速で資金調達できるファクタリング会社の特徴

ファクタリングは銀行からの融資と比較してみると、スピーディーに事業資金を調達できます。

銀行融資よりも審査に通りやすいので、私はファクタリングによる資金調達が中心です。

このページでは、最速で資金調達できるファクタリング会社に共通する特徴をいくつか挙げてみました。

来店不要&面談不要でWeb完結できる

最速のファクタリング会社をお探しの方は、来店不要&面談不要でWeb完結で現金化できるサービスを探しましょう。

一昔前までは、店舗に足を運んで担当のスタッフと直接面談を行い、ファクタリングの契約を結ぶ方法が主流でした。

しかし、近年ではオンライン審査でスピード資金調達できる会社が増えていますよ。

ファクタリング会社で違いはありますが、オンライン審査に必要な書類は主に次の3つです。

  • 本人確認書類(免許証やパスポート)
  • 通帳の入出金(Web通帳含む)
  • 請求書や基本契約書(取引先との契約関連書類)

審査時に必要な書類は、既に手元にあるのではないでしょうか。

つまり、必要書類を用意してからファクタリング会社の公式サイトにアクセスして申し込みすれば、最速で売掛債権を現金化できる仕組みです。

即日振込に対応している

ファクタリング会社の公式サイトを見てみると、「即日審査」「即日振込」と記載内容が違うことがあります。

私は以前に即日審査に対応しているファクタリングサービスを利用しましたが、現金が振り込まれるまでには数営業日がかかりました。

もし最速のファクタリング会社で資金調達したいのであれば、即日振込のサービスに依頼するのがポイントです。

もちろん、即日振込に対応している会社でも、申し込みの時間帯によっては翌日以降の振り込みになるケースもありますので注意してください。

2社間ファクタリングを利用する

ファクタリングでスピーディーに資金調達したい方は、2社間ファクタリングを利用しましょう。

2社間ファクタリングでは、売掛先への通知や同意が不要です。

その代わりに手数料が高めに設定されていますが、3社間ファクタリングよりも最速で現金化できます

私が資金調達で利用している日本中小企業金融サポート機構は、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2つの契約方法から選択OKです。

圧倒的に早く契約できる弁護士監修の電子契約サービス「クラウドサイン」を導入していますので、最短当日に売掛金を振り込んでくれます。

急ぎで資金調達したい方は日本中小企業金融サポート機構に依頼してみてください。