作業効率を高めるためにおすすめ?
歯医者予約システム比較について

作業効率を高めるためにおすすめされているもの、それが歯医者予約システムです。今回は、歯医者予約システムの必要性や注意点、おすすめシステムの比較について紹介していきます。歯医者予約システム比較をすることで、各システムの強みなどを見ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

歯医者予約システムのメリット

こちらでは、歯医者予約システムのメリットについて見ていきましょう。どんな必要性があれば、多くのデンタルクリニックで取り入れられているのでしょうか。

・待ち時間の減少
歯医者予約をしていても、早いもの順番で後の予約の人が先にされてしまうことがあります。そのため、時間よりもはるかに早くクリニックに行って待っている人もいるでしょう。歯医者予約システムを導入することで、クリニックスタッフの作業にも余裕が出るだけではなく、患者側も慌てていく必要が無くなるのです。

・治療時間を考慮した予約が出来る
歯医者に来る人と言っても症状は異なります。そのため、治療時間が長引いてしまうこともあるでしょう。歯医者予約システムを導入することで、治療時間を考慮した予約ができるようになるので医師側にも患者側にもメリットがあります。

・ネット上で予約ができる
歯医者予約システムの最大のメリットとして、ネット上で予約ができることです。スマホやパソコンからすぐに予約ができるので、わざわざクリニックに訪れたり電話をしたりせずとも簡単に予約を取ることができます。

歯医者予約システムのデメリット

歯医者予約システムはメリットばかりに思われがちですが、実はそうではありません。こちらでは、歯医者予約システムのデメリットについて見ていきましょう。

・費用がかかる
当然ながらシステムを導入するということは、相応の費用がかかってしまうことを指します。総合的に見ればメリットが大きいのですが、初期費用がかかること、月額費用がかかることはデメリットに感じられてしまうようですね。

・機能が異なる
歯医者予約システムと言っても、すべてのシステムが同じ機能であるわけではありません。システムによって搭載されている機能が異なってくるので、しっかり比較しないと必要な機能がなかったり、不必要な機能が搭載されていて費用が高額になっていたりなどがあります。

・使いにくさ
基本的に使いやすいように作られていますが、安価なシステムの中には使いにくい仕様のものも珍しくありません。使いにくいシステムを導入してしまうと、再設置費用を選ぶか、使いにくいものを使い続けるかのどちらかを選ばないといけません。

歯医者予約システムの選び方

先述したように、歯医者予約システムにはさまざまなものがあります。こちらでは、どんな部分に注目して選ぶべきかを見ていきましょう。

・患者が使いやすいか
スタッフの使いやすさも重要ですが、患者が使いにくいと感じてしまえばせっかく導入したシステムも無駄になってしまいます。そのため、機械が不慣れな人でも使いやすい仕様となっているかに注目しましょう。

・サポート
初めて歯医者予約システムを導入するクリニックにとって、サポートは重要です。使い方やトラブルの際にすぐ対応してくれる運営会社かどうかもチェックしてください。

・費用
安価なものばかり選んではいけないと先述しましたが、高額すぎてもコスパが悪いです。そのため、必要な機能をチェックしてなるべくコストを抑えられるようにしましょう。人気システムであればいい、と考える人もいるかもしれませんがそういった選び方は不要な機能が搭載されていて高額費用を支払うことになりかねません。

おすすめの歯医者予約システム比較について

こちらでは、おすすめされている歯医者予約システムの比較をしていきましょう。これからシステム導入を検討している人は、候補のひとつにしてみてください。

・Apotool & Box
月額料金は18,000円からのシステムです。レセコン自動連係機能も搭載されているので、データ移行も簡単にできます。安全性の高いSSL通信なのでセキュリティ面も安心できます。

・デンタマッププラス
月額利用料金が4,800円からというリーズナブル差が特徴的なシステムです。導入コストを抑えたい人におすすめです。必要最低限の機能が搭載されているので、無駄な機能を省きたい人に注目されています。

・デントネット
導入クリニックが900以上の実績を持つシステムです。業界のリーディングカンパニーてきな存在なので安心して使用できるという意見も多いです。

歯医者予約システム比較について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

歯医者予約システムは人気のシステムを導入すればいいわけではありません。
必要な機能が搭載されていれば、安価なシステムでも問題ないのです。
大切なのは「自院にとって必要な機能があるか」ということであると覚えておきましょう。