1980年、ラサ

今から三十五年前、チベットが初めて外国人に開放され、私も願っていたラサを訪れることができた
この時の取材で幸運だったのは、ポタラ宮殿の内部を撮ることが出来たこと
これが外国人の撮ったポタラ宮殿の数少ない写真になったからだ
翌年写真を持ってインドにダライ・ラマ法王を訪ねた
法王は懐かしそうにしていたが、壁の傷を見て悲しそうだった

スライドショーのご案内

日時   2015年12月19日 13:30開場 14:00~1530 
参加費  1000円
場所   東京都新宿区西落合3-26-1 チベットハウス
 
    都営大江戸線落合南長崎駅 5番出口 新青梅街道沿い
主催   ダライラマ法王日本代表事務所 (チベットハウス・ジャパン)
詳細についてはこちらを御覧ください >>

申込先メールアドレス lohhdl@tibethouse.jp

五歳のリンリンポチェ

松本榮一

1970年、学生運動で荒れる日本を離れインド・ブッダガヤ日本寺で暮らす。翌年ダライ・ラマ法王が日本寺を訪ね、法王の知己を得る。以来四十年何度も法王のお姿を撮影している。1980年、初めてチベットを訪れ、以後六回のチベットの撮影の旅を続けている。
主な著書 写真集「西蔵」毎日コミニケーションズ1982 、「私たちのシャングリラ」佼成出版1985 
写真集「極限の高地 チベット世界」小学館1988 、写真集『kairas」小学館1993 、『TIBET」岩崎美術
「聞き書き ダライ・ラマの言葉」NHK出版2007 他