目の下のクマ治療の費用相場とは?

加齢によって悩みの種となっているもの、それが「たるみ」です。特に目の下はたるみやすく、年齢以上に見られる人も少なくありません。今回は、これから目の下のクマ治療をする人のために費用相場などについて紹介していきましょう。

目の下のクマ治療内容とは?

こちらでは、目の下のクマ治療ではどんなものがあるのかを見ていきましょう。たるみ治療と言ってもさまざまな方法があるので、自分に合う方法はどれかを見極めてください。

 ・レーザー治療

切開をしないレーザー治療は痛みをほとんど伴わないものです。多少の痛みはありますが、ゴムで弾かれる程度の痛みなので特に大きな影響はありません。ダウンタイムも短いので、日常生活に早く戻りたい人におすすめされています。

 ・ヒアルロン酸注入

注射器のみで施術を行えるものであり、針を刺した時などに若干の痛みが伴います。しかし、我慢できないほどの痛みではないので身構える必要はありません。ダウンタイムも短いので日常生活にも早く戻ることができます。ただ、人によっては内出血を起こす場合があるようです。

 ・サーマクール

表皮にダメージを与えずに、皮膚の深部に働きかけてコラーゲン生成をする治療方法です。レーザー治療よりも肌の真皮に働きかけるので高い効果が期待できます。痛みも腫れもないので、ダウンタイムを起こしたくない人におすすめです。

目の下のクマ治療の持続期間について

こちらでは、目の下のクマ治療の持続期間について見ていきましょう。治療効果がどれくらい続くかを知ってから決断しても遅くはありません。

 ・施術方法によって持続期間が異なる

目の下のクマ治療は施術方法によって持続期間が異なります。比較的効果が長い施術にレーザー治療やハムラ法などがあります。治療方法を選ぶ際は持続期間などにも注目するといいでしょう。

 ・永続性がある治療はある?

何度も施術をするより、永続性がある治療方法を1回だけしたいと考える人もいるでしょう。しかし、目の下のクマは加齢によって引き起こされるものもあるので、治療後も加齢によってたるんでしまうのが一般的です。そのため、永続性がある治療はないと考えた方がいいかもしれません。

 ・持続期間が短い治療法とは?

ボトックス注入やヒアルロン酸注入は比較的持続期間が短いです。しかし、施術時間も短いので手軽に目の下のクマ治療をしたい人におすすめされています。

目の下のクマ治療の費用相場

美容治療で気になるのは、やはり費用ではないでしょうか。こちらでは、目の下のクマ治療にはどれくらいの費用がかかるのかについて見ていきましょう。

 ・施術内容によって差がある

持続性と同じように施術内容によって費用の差も大きくなります。数万円のものもあれば、数十万円の施術もあるからです。基本的に費用が安いものほどお手軽感があり、持続性も短い傾向があります。

 ・料金の安さだけに飛びつかない

なるべく費用を抑えたいという気持ちは分かりますが、安さだけに飛びついてしまうと、予想していないトラブルに巻き込まれる可能性があります。どんなに簡単な治療であっても、医師の技術力が求められます。料金が安いということは「安い理由がある」ということなのです。

 ・クリニックによって費用の差がある

同じ治療であっても、クリニックによって費用の差があります。そのため、なるべく複数のクリニックでカウンセリングを受けてから決めるようにした方がいいでしょう。

目の下のクマ治療でおすすめのクリニックについて

美容クリニックにはさまざまなところがあります。め、クリニック選びに悩んでいる人もいるでしょう。こちらでは、目の下のクマ治療でおすすめのクリニックについて見ていきましょう。

 ・セオリークリニック

傷跡が残らない治療をモットーにしているクリニックです。院長がカウンセリングから施術まで担当してくれるので、安心して目の下のクマ治療を受けることができます。治療メニューも豊富であり、患者に合わせた治療を受けることができるのです。

 ・タカミクリニック

メスを使わない治療にこだわっているクリニックとして注目を集めています。定期的に美容メンテナンスとして訪れる患者も少なくありません。親身な対応などに定評があります。

 ・恵比寿美容クリニック

海外向けの治療を日本人向けに改良した施術メニューが特徴的なクリニックです。目の下のクマだけではなく、美容治療全般に対応しています。

目の下のクマ治療の費用について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

目の下のクマは生活改善などで防げる場合もありますが、加齢によるクマは防げません。
だからこそ、美容治療が注目されているのでしょう。
色々な施術方法があるので、
しっかりと自分に合う治療方法を提示してくれるクリニック探しをするようにしましょう。