ジョイントベンチャーを成功させる7ステップ メール講座

ジョイントベンチャー(JV)を
成功させる7ステップ
メール講座の内容

初心者の方でも、実践し、成功させるためのジョイントベンチャーの進め方を7つのステップで説明しています。
それぞれのステップにはワークも付けていますので、見て終わりにはならないようになっているので、ぜひ実践できるようになっていただければと思います。
Step.1
ゴールを設定する
自社のニーズとウォンツを明確にします。

そこからアンゾフの成長マトリクスを元に方向性を決めます。
「市場浸透」「新市場開拓」「新製品開発」「多角化」
Step.2
必要なリソースを明確にする
あなたの持つリソースと、ゴールを達成するために必要なリソースを明確にします。
リソース(経営資源)は有形無形は問いません。
大別するならば、「商品力に関するリソース」と「集客販売力に関するリソース」です。

例えば、
商品力であれば、売れる商品サービス・ノウハウ・スキル・事例など 
集客販売力であれば、顧客リスト・店舗施設・Webサイトなど
Step.3
JV先となる人や企業をリストアップ
ステップ2で出した、必要なリソースを持っている人や企業をリストアップします。

Facebookで繋がっている人、名刺交換した人や企業、Webで検索した人や企業など
すでに面識がある人でも、まだ面識がない人でもリストアップします。
Step.4
企画する
JVを成功させる企画のポイントは、
JV相手といかに” win-win ”の関係を築けるかです。

そのためには相手のことを知る必要があるのと、
あなたが向かう方向性に可能性があるのかを市場と商品のリサーチで情報収集をします。

そこから、リサーチ情報をもとに企画をまとめます。

必ず企画に入れて欲しいのは、
相手のメリット、3つのないの回避(手間ない・金かからない・リスクない)、断れないオファー、明るい未来です。
Step.5
アプローチする
企画が出来上がったら、リストアップ先にアポイントを取ります。
できる限り直接会うようにしましょう。

そして、あなたがまとめた企画を断れないオファーで提案する
Step.6
契約する
あなたのオファーで相手がJVを了承してくれたら、契約です。
ここを疎かにするとあとあと問題が起きることがあるので、しっかりとした契約と計画を相手と詰めましょう。

特に、報酬配分・方法、役割分担、スケジュールは具体的に。
Step.7
実行する
契約が済んだら、あとは計画に沿って実行します。

最後にメール講座受講者には特典があります。
Step.2
必要なリソースを明確にする
あなたの持つリソースと、ゴールを達成するために必要なリソースを明確にします。
リソース(経営資源)は有形無形は問いません。
大別するならば、「商品力に関するリソース」と「集客販売力に関するリソース」です。

例えば、
商品力であれば、売れる商品サービス・ノウハウ・スキル・事例など 
集客販売力であれば、顧客リスト・店舗施設・Webサイトなど

メール講座講師 / メール発行責任者

岸本雄平
(きしもとゆうへい)

JVプロモーター
ペライチ公式東京都認定サポーター

「ヒト・モノ・カネ・トキに縛られない、
あなたの個性を活かした夢中に成れる志事」=楽職、
自分ビジネスを一人一人が持つことを広めるために、
学ぶ機会・繋がる機会を提供しています。


2016年4月に独立するまでは、
ダイレクトマーケティングの広告代理店にて
100社・800件以上の企画提案をしてきた。

面白い仕事ではあったが、会社に頼っていては、
“大切な人を守ること”も “自分らしくいる”こともできないと、
7年間の試行錯誤の末に、独自のメソッドを創り、
自分の個性(知識・スキル・経験)を活かした志事で独立。


独立して常に右肩上がりに行かず、
1日1食で過ごすような時期もあったが、
JVをすることでその苦境を脱してきた。

2週間で売上370万を達成したり、
1イベントで売上100万円を達成してきた実績がある。


『全ての人には価値があり、全ての人には役割がある』
を信念に、独自のメソッドを提供し、
“自分らしく”いられる志事を探す個人を対象に活動している。

【無料】メール講座へのお申込みはこちら