【経営者限定】
これからの時代を変革する暗号通貨事業に参入しませんか

知ってはいるけど今更聞けない「暗号通通貨」「ブロックチェーン」について、経営者が今後の世の中の流れに絡めて徹底解説します!
7月6日(Fri)
開催!

暗号通貨の波に乗り遅れていませんか

  • 暗号通貨の業界が盛り上がっており気になっているが、まだどこか「怪しい」と思っている
  • 暗号通貨やブロックチェーンの技術がどれくらい世の中に影響していくことは理解している
  • 暗号通貨に投資してみたいが、どれに投資すべきか判断する十分な知識がない
  • ICOやブロックチェーンの仕組みに興味があり、自分の事業に取り入れてみたい
  • 暗号通貨に投資してみたいが、どれに投資すべきか判断する十分な知識がない

経営者・実業家から暗号通貨の正しい情報を取りましょう

暗号通貨に関しては様々な情報が飛び交っていますが、そのほとんどが付け焼刃で暗号通貨や投資を勉強した人間によって発信されたものであり、情報商材やICOでの資金集めを目的としたものです。もちろん、ジュピターでも資金集めを目的としていますが、私たちは企業の上場にも携わったメンバーが暗号通貨やブロックチェーンに関して正しくフラットな情報をお伝えしたうえで、日本のサイバーセキュリティを世界基準に引き上げるためのプロジェクトを展開しています。まずは、暗号通貨、ブロックチェーン、およびその技術が広がるにつれ増すサイバーセキュリティ必要性を学び、時代の流れを感じにきてください。

経営者こそ暗号通貨を知るべき

昨年、ビットコインをはじめとした暗号通貨の値上がりにより、突然大金を手にする人たちが続出しました。
そんな流れを横目で見ながら、時代の変化を肌で感じながらも何もできていない経営者の方が多いのではないでしょうか。

この「ジュピタークラブ」事業に携わる、植木秀憲もつい数か月前まで暗号通貨に対してまだまだ疑念的であった経営者のひとりでした。

しかし、旧来から知っている敏腕経営者も暗号通貨業界に参入したことから、暗号通貨、およびブロックチェーンについて学び、これこそがこれからの時代を変革していく技術だと確信しました。

中国では、暗号通貨のマイニング(採掘)事業だけで日商9000万円を生み出しているような企業も存在します。
また、前述した通り日本でも多くの人が暗号通貨によって富を得ました。

暗号通貨および、ブロックチェーンの世界は劇的に社会に影響を与えつつありますが、残念ながら多くの暗号通貨に投資、および投機する人たちはお金の正しい使い道を知っている人たちではありません。

経営者こそ暗号通貨、およびブロックチェーンの世界を正しく理解し、自社サービスに取り入れるとともに、資金を生み出しそれらを社会に貢献する事業に投資していくべきなのです。



サイバーセキュリティのためのICO「ジュピター」

ブロックチェーンとは、これまでの中央集権型での管理ではなく、管理者や権威者を必要としない分散管理型でデータを管理する技術のことです。このブロックチェーンは銀行をはじめとした様々なサービスの在り方を変える技術として注目を集めています。

しかし、ブロックチェーンの普及とともに問題になるのはセキュリティ問題。
今の日本は、残念ながら諸外国に比べてサイバーセキュリティに関して大きな後れをとっています。
このままでは2020年の東京オリンピック時にはサイバー攻撃により、電気や交通など日本のインフラが危険に冒される可能性も十分に考えられるのです。

「ジュピター」は、そんな日本のサイバーセキュリティの現状を変えるために、最新のAI技術を活用してセキュリティを強化するプロジェクト。そして、そのためのICOを行うプロジェクトなのです。

ジュピタークラブ関係者紹介

松田学
元衆議院議員 
東京大学経済学部卒業。東京大学で教授も務める。
日本のサイバーセキュリティのレベルの低さに危機感を覚え、サイバーセキュリティ法案を2016年に可決させる。ジュピタープロジェクトのプロジェクトリーダーを務める。
植木秀憲
株式会社マナビバ 代表取締役
21歳で人材派遣会社を起業し、25歳で全国に展開。
その後東証一部上場のフルキャストグループの役員を務める。ジュピタープロジェクトでは経営企画を務める。
伊藤秀俊

経歴
早稲田大学経営大学院客員教授
マッキンゼー戦略コンサルティング
IBMコーポレートベンチャーキャピタル投資委員フューチャーコンサルタント東証一部 元副社長
フォーバル 東証一部 元社長
ライブドアホールディングス元監査役

風間善樹

経歴
元東京エレクトロン副社長(東証一部上場企業)
時価総額3兆4千億円 売上1兆6千億円 利益3千億円
産業活性化研究所代表
東京エレクトロンの創業時に、自身の企業をエレクトロンに合併して、その後の販路拡大を世界中に行った立役者でもある。

植木秀憲
株式会社マナビバ 代表取締役
21歳で人材派遣会社を起業し、25歳で全国に展開。
その後東証一部上場のフルキャストグループの役員を務める。ジュピタープロジェクトでは経営企画を務める。

開催概要

東京
名 称 経営者が今さら聞けない暗号通貨 入門編
日 時 2018年7月6日(金)
19:00 ~ 20:30  
場 所

GINZA MISS PARIS
スペース銀座 10F

アクセス 各線東銀座駅 A1出口すぐ
主 催 株式会社 BOB
参加費用 5,000円
お問合わせ manaviva.takahashi@gmail.com 
お問合わせ manaviva.takahashi@gmail.com 

私たちの思い

日本のサイバーセキュリティを強化することは、日本の経済を守るために急務で取り組む必要があります。
私たちは、ジュピターを通じて日本のセキュリティ基準を押し上げるとともに、このジュピターをきっかけに、暗号通貨やブロックチェーンの技術が社会に与える影響を経営者層に正しく理解してもらうきっかけにしていきたいと思っています。また、ジュピターのプロモーションの後には、みなさまのICO(