Kiyama Junko

あなたが死んで、あたしが生きることがあっても

あたしが死んで、あなたが生きることはない。

一緒に死ぬも、生きるもいいけど、どうするつもり??

木山じゅんこ

生き Hug   生きる可能を育む教室  主宰

がん食コンダクター/とくべつ温熱師/コアデトクシー

姫さまエステ の WORLD PRINCESS 代表

メジャーフェイシャリスト / 化粧品のいらなくなる化粧品開発者



末期がん患者歴 5年 ...

2013年に「 2年後の生存 0% 、1年後の再発  100% 、最も危険ながんのひとつ」といわれる
「甲状腺の未分化がん」を患い、「手術をしても、余命は 3カ月」と診断を受ける。

病院にかかる前に、すでに衰弱しきって、自宅で意識を失くし、4日後に目覚めたところから、快復への、少々長い道のりを歩むことに ...

メジャーフェイシャリスト
肌を、より自然に美しい状態にもどしていくことと、地球環境にもやさしいビューティケアを目指して「化粧品を使わなくなる化粧品」の開発を手がけるなど、美容業界の常識からは逸脱した視点と、指先に感じる感覚だけを頼りに構築した技術で、おもいのままの結果を体感。

がんを患っていることがわかり、おもわずひと安心 ...
「がんは自分の細胞」、進行の早さより解毒の早さが先になれば、がんの進行は止まり、死ぬことはないと、それまで探求をつづけた独自の美肌理論「細胞活性論」を、がんの治療にそのまま応用し、快復を目論む。笑!

「とても手術できる状態にない」
「抗がん剤も特効薬はなく、試験薬も効果があるかは分からない」
「手術まで(命が)もつか、もっても手術できる状態かわからない」

といわれた状況から、手術できるまでに回復 ...

それでも、
「手術をしても、余命は 3カ月」という診断 ...

ノドの軟骨ごと皮膚を切り取る、気道切開の手術を受け
声帯を残したまま、発生に障害をもつように ...

ま、そんなことは氣にせず、うさぎ先生(のちに紹介)の腕のよさにうっとり~ !

細胞学的、動物学的な視点から、少々?? 破天荒な人体体験を繰り返し、いまに至る。

2014年には、死んでいたかもしれない自分の命と、立って歩くことも難しくなった自分の体が、解毒を進めて、食事をみなおし、栄養を十分に摂り入れ、暮らしを変えたことで、劇的に元氣をとりもどした体感。
5年経ったいまも、再発、転移もなく、精神的にも安定した状態を保っていることから、
あらためて、解毒と栄養の素晴らしさを体感!!

がん患者さんと、健康でありたいとねがう、すべてのひちたちに、その大切さとともに、
「細胞代謝と浄血のすすめ」や「ゆる断食」糖質塩分制限のお料理なども伝えている。

▫︎甲状腺の未分化がん

がん細胞の常識からは考えられない超スピードで進行する、未分化がんの中でも、甲状腺は、またとくべつらしく、かかった時点でもれなくみんな ステージ 4 !! ☆☆☆☆

再発したら手の施しようがないともいえあれ、窒息の恐れもあることでも知られている。

▫︎細胞代謝と浄血のすすめ ▫︎ゆる断食 ▫︎生きることを休む

時代が、追いつくとき ...

もし、この生き方でなかったら、
末期の末期の、あの状態から快復することはなかったかもしれない ...

わがまま、おてんば、暴れん坊っ!! ✨
それがどーしたっ!!  モンクがあるかっ!!
ケンカ上等っ!!  来るなら、来いっ!!   笑 ♪(๑ ๑)♪

大人になって、少しは許容してもらえるようになったのか ... ??
何度となく聞いた言葉 ...

「きやまワールド✨・きやまイズム✨」

幼いころから、男勝りで、
白黒はっきり、四角四面に相手を追い込む、嫌なヤツ ...

「理屈を語らせたら、右に出るものはいない」と、い わ せ て、
負けず嫌いでは決してないけど、そーとーな、悔しがり屋だったとおもぅ。

相手に勝つことではなく「負けない自分」で生きてきて ...

甲状腺の未分化がんでなかったら、むしろ、なすすべを知らないままでいたかもしれない ...

強いものにはめっぽう強いが、
           弱いものにはめっぽう弱い ...

「じゅんこに勝つには弱氣でいけっ!! 」と、いわれたほど、強氣のひとには強かった ...

いまからおもうと、「捨て身」のときが、一番ベストなのかもしれません。笑!

氣がつくと、がんの末期で、日に日に衰弱して、意識もかすれていたある日、
ドックンドクン!!  脈脈と腫れあがる、のど元のがん細胞に話しかけました。

「あなたが死んで、あたしが生きることがあっても
   あたしが死んで、あなたが生きることはない。
   一緒に死ぬも、生きるもいいけど、どうするつもり?? 」

この時から、のど元の細胞と、すっかり二人三脚で、
体がほとんど利かなくなった数ヶ月を、仲よくすごしました♪

いま、こういう、少々破天荒な生き方が、時代の主流になった氣がします。

自分中心 ...
みんなが中心なら、それほど調和した世界は、ほかにない ...

ココ・シャネルの言葉
「時代が、追いついた ...  」

まさに、そんな感じ。♪(๑ ๑)♪ ✨


  By  きやま  じゅんこ

My Story


2003年 …

都内に小さな隠れ家サロンをもって、

お客さまの肌から伝わる、細胞配列の状態だけを感じてすごしていたころ ...


ふしぎと、ちゃんとわかることがあって、

「どうして、わかるの??」と、尋ねられるたびに「わかりません ...  」

「わかりませんけど、わかります ...  」と、そう答えていました。 笑♪


「ここ」とか、「こっちこっち」とか、「もっと ...  」とか、

初めはそんな感じでした。


まもなく、次第にだんだん進化?というのか、もっと聞こえる??というか ...


「きょう、なにがあったか、聞いて ... 」とか、「結婚するんだー」とか、

お肌さんから、いろんなことを語りかけられるようになりました。


いまおもうと、これは、とても嬉しく、光栄なこと ... ☆


そして、そのうち、細胞たちは、

お肌とお顔のよくなる情報を、言葉ではなく、感覚で、伝えてくれるようになりました。


「細胞対話」 ...

のちのちそう呼ぶことにした、この、細胞たちとの「声なき会話」から

細胞の活性化が、素肌をより自然な状態にもどし、美しく健康な肌をつくるだけでなく、

その人の人生を、もっともっと幸せなところにみちびく、唯一、もしくは、一番、シンプルで確実性の高い、理論と確信 ...


その 10年後 ...

それまで、風邪ひとつひかないで、元氣すぎるほどに元氣だった自分の体が、ある時、強烈な疲労を感じたあと、あっという間に衰弱しきって、自力で立つこともままならなくなり …


「これ、死ぬ ... 」と、感じて、

ベッドに横になったあと、三日ほど意識を失くしていましたが ...


四日目の早朝に、なぜかはっきり目覚めて、起き上がり ...

その後に、がんを患っていることがわかった時には、すでに末期の状態でした。


「がんの疑いが非常に高いです。


「がんは自分の細胞 ... 」と、

自ら構築した「細胞活性」の理論を、そのまま がんの治療に応用。


元氣に快復できる可能をもたらす、ひとつの力になりました!! ♪(๑๑)♪


うさぎ先生との出逢いから、遡ること 10年前 ...

※ うさぎ先生とは

いうさぎ先生は、あたしの命の責任者!笑

  「細胞対話」の冒頭に登場する、主治医で執刀医の外科のお医者さまです。

がんとわかって初めにしたことは…

先の短すぎる余命宣告には、おもわず大笑いっ!!
「早くいってょ ...  」と、うさぎ先生の肩をたたいて笑ったけ ...  笑

がん とわかって、初めにしたこと ...

自分の体に、死ぬことを許可した

体さんに「死んでいいよ ... 」と、伝えました。
もう、これ以上、頑張らなくていい、あとはあたしがやるから

なにもしないで、ゆっくり休んで、と ... 

この子(体)のために、できるだけのことをするっ!! と、決めた

このまま、なにもしないで、死なせるわけにはいかない ... と、

おもいつくすべてのことを、なんでもすると、決めました!! ♪(๑ ๑)♪

未来をみた ...

自分が死んだあとも、子どもたちは、仲よく、助けあって暮らしていく ...

どこからみても変わりなく、楽しそうにしている二人の姿がみえました。

そして、たまたま、いまも生きて、ここでその様子をみているだけ。

ときどき、質問されることで、

いまでも返事に困ることがいくつかあるけど ... 


中でも、ほんとに困る質問


なぜ、死ななかったとおもう?

なんのために、生かされているとおもう?


知るかぃっ!! 

っていうか、それ聞いてどうすんのかなー??


と、逆に、こっちがつっこみたくなる ...  笑!


なぜ死なないかはわからないけど、

なぜ生きているか、なんのために生きているかは、少しわかる氣がします。


元来、かわり者っぷりには、かなり定評のあるほうで、笑

この変わりものっぷりが、幸いしている氣がします!! ♪(๑๑)♪


命ある限り、元氣に快復して、よろこび多く生きる可能があること ...

ねがわくば、恐れも不安を感じないで、心静かにすごしてほしい ... 

そのおもいから、この教室を、始めました。

2013年 …
進行がんの末期で、意識の失くなる状態まで悪化させた、自分の体に
この子(体)のために、できるだけのことをするっ!! と、決めたから ... ??

そう決めたからか?どうかはわかりませんが ... ??
激しすぎる痛み以外に、自分を追い込むものはなにもなかった氣がします。

恐れがないから、挑戦できた
命を賭けたわけではなくて、この子(体)と生きる時間を賭けて始めたこと。

    ずっとずっと、一緒に生きたこの体 

    このまま、ここで 死なせなぃ ...  ♪(๑๑)♪


立ち上がることができなくなった自分の体が、がんを患っていることがわかった時から ...

豊臣秀吉の、中国大返し張りの快進撃で、快復し
体験をもとに、がん患者さんをはじめ、健康回復の可能を伝えています♪

自分のこの、ふしぎな体験から ...


恐れや不安があると、ないとでは、世界が変わるくらいの違いがあること ...


がん患者さんとご家族が、不安や恐れを感じることなく

いつも楽しく朗らかに💕喜びあふれる未来を感じて居られたら ...


きっと、もっと、いろんなことが、かわるとおもう。


不安そうな、患者さんのその表情に、いつも胸が苦しくなって ...

代わってあげたいと、本氣でおもうことがある。


大丈夫 !! 💕✨


例えどんな状況でも、

元氣に快復して、楽しく豊かな暮らしにもどる可能が ...


必ずあるから、大丈夫ぃっ!!  🌟♪(๑ ๑)♪🌟✨


 -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


がん患者さんのための がんトレ 🌟✨


がん患者さんには、がん患者さんのトレーニングがあるとおもう ...


例えば、どんな状況でも、「 がん 」という病を患う自分を理解することで

おもわぬ可能と、回復の糸口を見つけることもあるかもしれません。



がんトレは、心の交通整理からスタートする

がん患者さんのための、とくべつなトレーニングの時間です♪(๑ ๑)♪ 🌟✨

心のトレーニング 

心の交通整理と、いまと過去をつなげる、マインドのトレーニング

腸のトレーニング

腸内環境を整えて、健康の豊かさを腸で感じる実践的なトレーニング

脳のトレーニング

いつもの習慣から、過去の約束の書きかえをしていくトレーニング

がん食

がん患者さんのための、糖質塩分制限🌟美味しいお料理

命を育む食事を、楽しくつくり、美味しく食べる♪(๑ ๑)♪ 

食事のエネルギーと、生きる力の調和を感じる時間です。

食膳養🍽

食事の負担を極力軽減し、より効果的に、必要な栄養素を摂りいれる ...

食事の 30分前から、お水(水分)をとらない たっぷりの生野菜と発酵食品から食べ始める よく噛んで、美味しく味わい楽しく食べるっ!!

食後は、しばらくリラックス ☆ 運動、お風呂、パソコン作業もしばしお休み ...

がん患者さんのための、糖質制限ケトン食元氣ごはん

いつも自分で手づくりして、実際に食べているお料理を紹介しています♪(๑ ๑)♪

糖 質 制 限 ケ ト ン 食 ! 元氣 CLASS ♪

がん患者さんのための食事を基本に、糖質だけでなく、塩分も、乳製品と動物性の食材も極力使わない、ちょっとコアな 糖質制限ケトン ごはん を紹介しています。


メンバーはおよそ1000人ほど。
非公開ページとなっています。
ご興味のある方は、facebookページから、申請をお願いします。

糖質制限ケトン食!元氣CLASS♪

☆ うらプロフィール ☆

ちょっとこっそり ♡ 伝えます ...   

一女 一男 の 母、孫 二人

裏稼業 ...

ゲルとんお料理研究家

個性學:内面  人志向 実績    外面  大物志向 挑戦

              七赤金星   数秘 33  動物占い:正真正銘のたぬき!! 

根拠のない自信で、いまでも快適な人生をおくる。♪(๑ ๑)♪  🌟