なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

言わずと知れた大人気漫画「鬼滅の刃」
タイトルにあるように、鬼を滅していくというのが大まかなストーリーです。

そんな鬼の中でも強さに序列が存在し、上位の者たちは「十二鬼月」と呼ばれています。
そこでこの記事は

・十二鬼月の仕組みについて
・12体の鬼を紹介してみた

と言ったような内容になっています。
ぜひともご覧ください↓↓

【鬼滅の刃】十二鬼月には2種類ある

まずは十二鬼月の仕組みについて。
十二鬼月はその名前の通り、12体の鬼によって構成されています。
その中でも下弦上弦の2種類に分かれており、それぞれ6体が所属しています。
小見出し

上弦の鬼

上弦の鬼はより強い方の6体です。
壱弍参肆伍陸の位があり、数字が若いほどより強力な鬼となります。
上弦の鬼は皆強く、鬼殺隊の柱達を行く度も葬ってきました。
そのため、100年以上もの間その顔ぶれは変わりませんでした。
小見出し

下弦の鬼

無惨様により多くの血を与えられており、並の鬼に比べれば非常に強いですが、上弦の鬼達との間には埋めようのない力の隔たりが存在します。
柱と戦えば間違いなく負けてしまうレベルの強さですね。
殺されて欠員が出てしまうため、頻繁にメンバーが変わります。
最後は無惨様の手により解体されてしまいました。

【鬼滅の刃】上弦の鬼6体を紹介

それでは続きまして、上弦の鬼メンバーを紹介していきたいと思います。
小見出し

上弦の壱:黒死牟

十二鬼月の頂点
元鬼狩りの剣士であり始まりの呼吸の剣士である継国縁壱の兄である巌勝が鬼となった姿です。
呼吸と血鬼術を使った圧倒的な強さを誇り、柱一人では全く歯が立ちません。
無限城での決戦においては、悲鳴嶼行冥、不死川実弥、時透無一郎、不死川玄弥の4人を相手取って戦い、無一郎と玄弥の2人を葬りましたが、最終的には頚を斬り落とされて死亡しました。
小見出し

上弦の弍:童磨

氷の血鬼術を使うサイコパス
実力としては申し分ないが性格に難ありと言った感じで、周りからはあまり相手にされません。
無限城における戦いでは、身体中に藤の花の毒を取り込んだ胡蝶しのぶを吸収してしまったことにより体が崩れ、忍の後に戦っていた栗花落カナヲと嘴平伊之助により頚を斬り落とされて死亡しています。
小見出し

上弦の参:猗窩座

上弦の鬼の中では最も多くの登場機会がある上弦の参
人間の頃の名残りで、戦闘方法は基本的に素手のみです。
物語においては最も早く登場した上弦の鬼であり、無限列車を犠牲者ゼロで守り切った煉獄杏寿郎を殺害します。
その時から炭治郎との因縁は続き、最終的には無限城における戦いにて炭治郎により頚を斬り落とされて死亡してしまいました。
小見出し

上弦の肆:半天狗

自らを守る複数の分身体を使う上弦の肆
本体は心臓の中に入り込めるほど小さいサイズになっています。
分身体は頚を斬り落とされたところで消滅することはないため、本体は逃げ、分身体に戦わせるのが基本的な戦闘方法です。
刀鍛冶の里に攻めてきた上弦の鬼の一人でしたが、最終的には炭治郎により頚を斬り落とされて死亡してしまいました。
小見出し

上弦の伍:玉壺

頭のイカれ具合は童磨に近い上弦の伍
自称芸術家であり、生きた人間を使った作品を作ったりする異常者です。
半天狗とともに刀鍛冶の里を攻めた上弦の鬼であり、潜入の糸口となったのもこの玉壺。
しかしそこでの戦いにおいて、記憶を取り戻した無一郎の手によって頚を一撃で斬り落とされて死亡してしまいました。


小見出し

上弦の陸:堕姫&妓夫太郎

アニメ2期のメインとなる遊郭編に登場する上弦の陸。
兄弟である2人は共に上弦の陸であり、片一方の頚が斬り落とされたとしても、もう一方の頚が繋がっていた場合死ぬことはないという特殊な能力を持っています。
ただ、実力的には兄の妓夫太郎と妹の堕姫の間に大きな隔たりがあり、堕姫は上弦の鬼としては力不足であることは否めません。
遊郭編での戦いにおいて、妓夫太郎が痣を発現させた炭治郎により頚を斬り落とされたのと同時に、堕姫も善逸&伊之助の2人に頚を斬られてしまい、死亡してしまいました。

【鬼滅の刃】下弦の鬼6体を紹介

基本的に上弦の鬼ほど登場シーンが多いことはなく、その多くが無惨様によるパワハラ会議にて惨殺されているため、簡単な紹介になります。
小見出し

下弦の壱:魘夢

下弦の鬼イカれナンバーワンの下弦の壱。
無惨様による残酷なパワハラ会議を生き残った唯一の存在です。
イカれた考え方が無惨様により評価され、大量の血と耳飾りをした鬼狩りを殺せという使命を与えられました。
その力を使い無限列車にて乗客を人質にとって戦いますが、炎柱の煉獄杏寿郎により防がれてしまいます。
無限列車と同化して力を上昇させ、頚もより太くなりましたが、ヒノカミ神楽を使った炭治郎の一振りにより頚を斬り落とされて死亡してしまいました。
小見出し

下弦の弍:轆轤

出番の少ない下弦の鬼の一体。
無惨様に血を要求し、必ずお役に立てますと懇願しましたが、指図するなとキレられて殺されてしまいました。
小見出し

下弦の参:病葉

同様に登場シーンの少ない下弦の鬼の一体。
周りの鬼たちが無惨様により殺されるのをみて逃亡を決意します。
しかし気が付けば頚だけの状態になっており、そのまま死亡してしまいました。
小見出し

下弦の肆:零余子

下弦の鬼唯一の女の子キャラ。
パワハラ会議で殺された下弦の中で唯一人気投票にてランク入りを果たしています。
とはいえ、他の下弦の鬼たちと同様にパワハラ会議にて理不尽に殺されてしまうことには変わりありません。
小見出し

下弦の伍:累

那田蜘蛛山に登場した蜘蛛の糸を使う下弦の伍。
唯一パワハラ会議以前に殺された下弦の鬼となっています。
炭治郎に対しては終始優位を保っていましたが、駆けつけた水柱である冨岡義勇の手によって一瞬のうちに頚を斬り落とされて死亡してしまいました。
小見出し

下弦の陸:釜鵺

登場シーンの少ない下弦の鬼の一人。
無惨様に対して否定的な感情を抱いたことを読み取られ、そのまま殺されてしまいました。

【鬼滅の刃】十二鬼月まとめ

いかがでしたでしょうか?
鬼滅の刃の物語が始まった時点での十二鬼月のメンバーを紹介してみました。
お気に入りのキャラは見つかりましたか?
他にも登場人物が気になるあなたは、こちらの鬼滅の刃キャラ一覧まとめサイトがめちゃくちゃ参考になりますよ。

ではでは〜