大学受験は
あなたが
思っている
10倍
難しいです!

大学受験は始まりが肝心!
以下のStepで最高のスタートダッシュをきろう。
  • ➀志望校の情報を集める
  • ➁過去問を解いてみる
  • ➂英語の勉強から始める

4月末までの
期間限定で無料

"あなただけ"
始め方教えます!

オンラインでも受験相談は可能です。
※高校生の方が対象となります。

大学受験を成功させる
3つのStep


Step.1

大学受験は情報戦
~志望校の情報を集める~

"どこの大学に行きたいのか?"
"第一志望校はどこなのか?"

勉強を始める前に自分と向き合い
自分が大学に行く理由を考えましょう。

そして、

"知っていれば何とか出来たのに"

という後悔を無くすために、
具体的にするべきアクションをご紹介します。
勉強を始める前のファーストStep。
"志望校の情報を集める"

大学を調べる時はここに注目!

5つのポイントで大学受験は成功する
➀入試に必要な科目を知る
➁入試の種類を把握する
➂評定平均値が必要か否か?
➃外部英語資格の利用について
⑤過去問を解いて、現状を知る

志望校の相談をしてみる


Step.2

自分の肌で難易度を感じ取ろう!
~過去問を解いてみる~

過去問とは?

"入試までに解けるようにする必要がある問題"

学習を始める際に大切なこと
学習を始めるに当たって一番大切なことは、現状の学力を知ることです。過去問を解かずして大学受験の正しい学習はスタートできませんので絶対に解きましょう!

過去問を解くときの疑問

  • Q
    時間は計りますか?
    A
    はい。計ります。大学受験の問題は限られた時間内に解くことが求められます。時間内に解けなかったことも含めて自分の実力と考えるようにしましょう。
  • Q
    全科目の過去問を解くのですか?
    A
    いいえ。まずは、英語の過去問だけ解いてみましょう。大学受験は英語の学習からスタートさせれば成功します。詳しくはStep3をご確認下さい。

  • Q
    全科目の過去問を解くのですか?
    A
    いいえ。まずは、英語の過去問だけ解いてみましょう。大学受験は英語の学習からスタートさせれば成功します。詳しくはStep3をご確認下さい。

自分でも第一志望校を目指せる?

初回のみ受験相談が無料!
こんな高校生は特にご相談ください。

  • 模試の偏差値が30台だったので焦っている
  • 志望大学を先生や親に無理だと言われた
  • やる気はあるけど、毎日の勉強が続かない。
  • 勉強をしているのに、成績が上がらない。
  • 塾で授業を受けているのに成績が上がらない。


Step.3

英語を制する者が大学受験を制する
~英語から勉強を始める~

大学受験の勉強を
英語から始めるべき理由とは?

  • 理系・文系に関わらず、ほとんどの大学に進学する場合、英語試験は必須となるから
  • 外部英語資格(英検やTOIECなど)を利用できれば、入試する前から有利になれるから
  • 英語学習は、ほとんどが暗記といっても過言ではないからこそ、継続さえできれば誰でも成績を向上させることが出来るから。
  • 外部英語資格(英検やTOIECなど)を利用できれば、入試する前から有利になれるから

具体的な英語学習について

英語学習のファーストステップは

単語や熟語を覚える

とてもシンプルなことです。

受験生の多くが
文法の勉強や、長文読解に
時間を費やします。

しかし、それは
ある一定の語彙数があることが
前提です。

単語や熟語の暗記をせずに
長文読解や、文法の勉強をすることは
効率が良いようで
逆に非効率な学習となっています。

まずは、単語と熟語を徹底的に覚えましょう。
特に英語が苦手な高校生ほど
暗記をしていません。

是非実践してください。

よくある質問

  • Q
    単語はどれだけ覚えればいいですか?
    A
    1つの目安として、塾ReQでは英検2級の過去問を利用しています。英検2級の大門1は、単語や熟語が分かれば解ける問題となっていますので、正答率8割を目標に暗記をしてみてください。
  • Q
    単語の学習と並行して文法や長文読解をやるべきですか?
    A
    個人差もありますが、前述しましたように、塾ReQでは英検2級の過去問を目安にしています。そこで、正答率が3割~5割程度の生徒であれば、単語と熟語の暗記に注力をしています。
  • Q
    単語や熟語はどの参考書で覚えればいいですか?
    A
    大学受験でよく使われる、ターゲット1900やシステム英単語で大丈夫です。塾ReQでは平均して1~3冊程度の参考書を暗記してもらっています。例えば、塾ReQの1例では以下のようなやり方です。参考までにお試しください。
    ➀ターゲット1900の700まで
    ➁システム英単語の600まで
    ➂速読英単語のStage4まで
  • Q
    単語の学習と並行して文法や長文読解をやるべきですか?
    A
    個人差もありますが、前述しましたように、塾ReQでは英検2級の過去問を目安にしています。そこで、正答率が3割~5割程度の生徒であれば、単語と熟語の暗記に注力をしています。

1人では不安というあなたは
ReQのコーチと一緒に
英語学習をスタートさせよう

お電話でのお問い合わせはコチラ
072-814-6300

お問い合わせフォーム

最後までご覧いただき、ありがとうございます。塾ReQは【大学受験専門】の塾です。プロコーチによる1対1の指導で受講生全員が半年以内に偏差値を10以上アップさせています。これまでの塾や予備校のように授業をするのではなく、生徒1人1人に合わせた学習計画を作成し、合格へと導きます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。