なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

Girl needs Honey
~はちみつの奥深き効能~

はちみつ美容ケア
【はちみつ美容ケア①】はちみつが持つ美容効果と選び方

はちみつについて、飲んだり食べたりといった一般的な使い方はともかく、「塗る」という方法を実践している人はあまり多くはないでしょう。

アミノ酸やミネラルを豊富に含むはちみつは、美肌づくりや頭皮のケアなどに効果的と言われています。また、殺菌や抗菌、消炎作用にも優れているため、乾燥による肌荒れや唇のひび割れなどにもぴったりです。

そんな医薬品としての効果も期待できるはちみつですが、どんなものでも良いというわけではありません。成分は甘味料が含まれていない天然もの、なおかつ熱が加えられていないものを選びましょう。原産国もヨーロッパ、特にはちみつに関する法律があるドイツ産のものは高品質で安心と言われています。

【はちみつ美容ケア②】肌や唇に効果的とされるはちみつの使い方

まずは、美肌づくりに効果的なはちみつの使用方法について紹介していきましょう。

肌のお手入れに欠かせない洗顔の際は、泡立てた洗顔料に適量のはちみつを加えます。すると、つやつやでしっとりとした洗い上がりになることでしょう。

次のお手入れである化粧水にも、適量のはちみつを混ぜ合わせます。はちみつが持つ保湿効果が肌の保湿力をアップさせ、潤いたっぷりのもちもち肌へと導いてくれます。

はちみつパックもぜひ試しておきたいところです。顔全体の場合は、顔に直接はちみつを塗って数分後に洗い流します。肌荒れが整えられ、続けていくうちに肌の透明感が増していくことでしょう。唇の場合も同じで、ラップをするとさらに効果アップが期待できます。

【はちみつ美容ケア③】頭皮や髪に効果的とされるはちみつの使い方

次に、頭皮や髪といったヘアケアに効くはちみつの使い方を紹介します。

はちみつにはアミノ酸をはじめとする髪や頭皮に必要な成分が多く含まれているほか、高い保湿効果も備わっています。

基本的な使い方は、はちみつに適量のオリーブオイルや椿オイルを混ぜたものをパックとして髪や頭皮に塗り、洗い流すという方法になります。オリーブオイルは頭皮や髪の乾燥に、椿オイルはかゆみやフケの予防におすすめです。

使う際は指やハケなどを使って、頭皮にまんべんなく塗り込むよう心がけましょう。くしで髪をこまめに分けながら行うと、塗りムラが生じにくくなるかもしれません。頭皮への塗り込みが終わったら、くしを使って毛先まで伸ばしていきましょう。数分寝かせたのち、普段どおりに髪を洗い流して完成です。

 

はちみつでファンデ不要の美肌に!
自宅で簡単スペシャルケア

「活動してきた中ではちみつが肌に合わないという方はこれまで一人もおらず、じんましんやアレルギーが出たとか、肌荒れがひどくなったという話もありません。ですから、肌が弱くてなかなか合う化粧品がないという方には本当にオススメです。はちみつには、合わない成分や、食べ合わせが悪い食材もないそうです。

ただし、例えば『そばアレルギー』の人が『そばはちみつ』を食べたり、塗ったりするとアレルギー反応が起こる事はありますのでパッチテストは必須になります。はちみつは100%天然のものを選びましょう」

―最近では、日本でも皮膚治療や病気に対するはちみつの効果が認められ、統合医療の現場でも用いられているとか。

「その代表格は“UMFマヌカハニー”です。また、それだけではなく、昔からはちみつは『薬』として様々な薬物書に記載があります」

―はちみつ美容に向いていない肌質はありますか?

「はちみつは乾燥肌には保湿効果、オイリー肌にはノーマルな肌状態にしてくれる素晴らしい特質がありますので、どの肌タイプの方にも合います。ビタミンB群が豊富なので、皮脂バランスを整えてくれますから、混合肌の方にもオススメです」

―スキンケアにはちみつ美容を取り入れることで、期待できる具体的な効果を教えてください。

「まずクレンジングにはちみつを加えることで、保湿をしながらしっかり汚れを落とす事が出来ます。またはちみつは粒子が細かいので、毛穴の中に入り込んで汚れを奥からかき出してくれます」

―洗顔もはちみつを入れて洗うようですが、前の工程で汚れをかき出し、後の工程で保湿することができるのに、洗顔でも混ぜる理由は?

「肌に優しいといわれる弱酸性の洗顔料を使っても、洗い終わるとPHが上がって乾燥してしまいます。また洗顔中はPH7~8となり、とても肌が乾燥します。洗顔後、ゆっくりと自分の力で元のPHに戻るのですが、PH5~7は菌が繁殖しやすい数値!はちみつによって乾燥する肌状態を最短にすることで、肌トラブルを防ぐことができます」

―化粧水や乳液はどうですか?

「もともと肌に持っている水分があるのですが、乳液にはちみつを混ぜて使うことで、その水分を閉じ込めてくれる効能があります。

ポイントは、洗顔後は乳液を初めに使うこと。肌が濡れていると水分が蒸発し、乾燥させるように働きますが、それを防ぐことができます。その後、化粧水にはちみつを混ぜて使うと、化粧水の効果がより浸透しやすくなります」

―各工程ではちみつを使うようですが、役割に違いはありますか?

「どの工程にもはちみつを混ぜるのには、『水分保持』『毛穴の汚れを落とす』『ターンオーバーの促進』『殺菌力』など、それぞれに重要な理由があるので、全てにおいて使用することで、より効果を実感しやすくなります」


 

はちみつが健康に良い理由とは

はちみつは甘いイメージを持つ人が多いですが、砂糖よりも甘味料として優れています。はちみつに含まれている糖分はブドウ糖と果糖で、ブドウ糖はエネルギーに素早く変わるため、胃腸の負担が軽くなり、脳などへエネルギーを送ります。一方で果糖はゆっくりと体内に取り込まれるため、肝臓の負担が和らぎ、糖分を摂取しても血糖値が上がりにくいといえるでしょう。

また、100g単位でみると、はちみつは一般的な砂糖(上白糖)よりも低カロリーなので、調味料として砂糖よりもはちみつを使用した方が血糖値も上がりにくく、ダイエットの効能にもつながります。

はちみつは風邪にも効果があります。はちみつはグルコン酸という優れた殺菌効果のある成分が含まれていますので、喉に付着したウイルスを殺菌し、喉の粘膜を優しく保護して炎症を予防。これによって風邪の予防にもつながります。

はちみつにはこの他にもビタミンやミネラル、アミノ酸といった健康を維持する有効成分が150種類以上含まれており、一種の健康サプリメントのように体内環境をサポートしています。

さらにはちみつは優れた保湿効果を持っており、ビタミンCや鉄分がシミ・シワを防いで肌をみずみずしくさせています。はちみつに含まれているポリフェノールには抗酸化作用がありますので、肌の老化を防ぎ、ビタミンBで血流をよくして肌を若々しく保つことが可能でしょう。女性にとっては健康的な美容液ともいえます。

このことからも、はちみつは健康的で美容への効能があり、アンチエイジングにも期待できます。

すべてのはちみつが健康的ではない

 

はちみつは健康的で美容の効能があることを理解できても、どのようなはちみつを購入すればいいのか悩む人もいるでしょう。実際にスーパーで売られている商品、専門店、ネット通販で購入できるタイプをみていくと、数千円から200~300円と幅広い値段で提供されているのが分かります。

そもそもはちみつには3つの種類「純粋」「精製」「加糖」があり、基本的に純粋以外のはちみつは健康的な効能は期待できません。

・純粋はちみつ

純粋はちみつは、ミツバチが作ったはちみつに人工的な手を加えていないものを指します。純粋はちみつにおける水分含有量の基準では、国産のはちみつだと23%以下、海外産に至っては20%以下のとなっています。

ミツバチが採取してきた蜜は水分が多く含まれていますが、巣に持ち帰ってから3日ほど羽を使って水分の多いはちみつを扇ぎ、水分を飛ばして糖度を上げていきます。糖度を上げると甘味が増しますが、腐敗防止の効能が見込めるでしょう。

・精製はちみつ

純粋のはちみつだと食品加工や飲料水に利用するのは使いづらいケースがあります。はちみつ本来の香りと色が食品加工に影響を及ぼしかねません。そのような場合は人工的に加熱処理を行い、香りや色を除去します。こうして出来上がった商品に使用されるはちみつは、精製はちみつといいます。この精製はちみつのように、60℃を超えて加熱すると豊富な栄養素が失われてしまいます。

・加糖はちみつ

一般的にスーパーやコンビニで数百円の安価で陳列されているのは加糖はちみつといいます。はちみつを甘くするために砂糖などの甘味料を加えています。甘くなって食べやすいという人もいるでしょうが、人工的に手が加えられた加工品ですので、はちみつの栄養素が多く失われています。

純粋はちみつは価格も1瓶で数千円する高価なものになります。

はちみつを食べて健康的な栄養価値を摂取したいと考えている人は、純粋はちみつをそのまま食べるようにしましょう。せっかく純粋はちみつを購入しても、加熱して調理すれば貴重な栄養素を損なってしまう恐れがあります。

 

はちみつの効能

女性に嬉しい効果がいっぱいのハチミツはまさに自然の恵み。

まずはハチミツの成分を一部抜粋して見てみましょう。

ビタミンC
ビタミンB1、B2
ポリフェノール
グルコン酸
ミネラル(鉄分・カリウム・カルシウムなど)
アミノ酸(バリン・アルギニン・リジンなど)

なんとなく良さそうな感じはします。

でもこれだけだと何に効くのかよく分からないですね。

では気になる効果をみていきましょう。

◇健康効果
疲れを癒す
のどを保護
二日酔い緩和  

◇美容効果
むくみ予防
脂肪がつきにくい(低GIなので血糖値が急上昇しないため)
便秘解消の手助け抗酸化作用(美肌作り)
睡眠の質が上がりやすい(寝る1時間前に摂取)

こう見るとハチミツの効能ってすごい!


ホームページ作成が誰でも早くカンタンに!
皆さんは「はちみつ」のことをどこまで知っていますか?

単純な甘味だと思ってる人がいるとしたら、それは大間違い

「はちみつ」は多くの効能を持つ食べ物なのです!!



食べると体の内側からもキレイになれ、スキンケアに取り入れると更に美肌効果が期待できる

他にも・・・

ビタミンB2、B6、ビタミンC、酵素やアミノ酸、ポリフェノールなど、美しい皮膚づくりには欠かせない栄養素が多く含まれる
ハチミツにはピーリング効果もあるので、古い角質を落として、保湿だけでなくお肌をつるつるにしてくれます。
蜂蜜には、強力な保湿効果があるうえ、蜂蜜に含まれているビタミンB群はエネルギー代謝を良くしたり、肌荒れを整えたりする作用があります。
健康効果

高濃度の糖分が細菌内部の水分を減少させ、繁殖を抑える力を持っている。成分として含まれるグルコン酸に殺菌消毒作用がある

他にも・・・

飲めば短時間で腸壁から吸収されるため胃腸の負担にならないので、体力の衰えた方にも効果があります。
ハチミツに含まれるコリンやパントテン酸には肝臓を強化する作用があります。このため、二日酔いの防止や解消にとても効果的です。
ハチミツに多く含まれているカリウムが体内の余分な塩分を排出してくれる働きがあることから【高血圧の予防】などがあります。
ダイエット効果

砂糖の代わりにはちみつ

カロリーは白砂糖と比べると約3分の2程度。蜂蜜は100gで294キロカロリーなのに対して、白砂糖は100gで384キロカロリー。

他にも・・・

天然甘味料であるハチミツは何と22ものアミノ酸と数多くのミネラルを含んでいます。これはメタボにとても有効的なのです。
年齢を重ねるごとに痩せにくくなってしまうのは、成長ホルモンが減少してしまう事が一つの要因になります。
はちみつはミネラル・ビタミンが豊富で体の奥からキレイにやせられます。
いかがでしたでしょうか?

ただ、これでも効果はまだ一部です

まだまだ効果のある「はちみつ」

興味出てきたんじゃないですか?