DAppsをまたいで利用可能なトークンを、誰でも生成できるERC721拡張スマートコントラクト

見出し

小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

開発背景

ERC721を初めとしたDAppsで使われているNon-Fungibleトークンは、移行や売買はユーザー同士で可能ですが、発行や破棄はDApps運営主体が握っており、従来の中央集権的サービスに近い形をとっています。
またそのトークンは、発行したDApps内でしか価値を発揮できないものがほとんどです。
そんな中で、発行や破棄すらもユーザー自身で可能な、かつトークンの持つデータは改竄不可能な、そしてどんな DApps でも利用でき、それぞれの DApps で価値が変化する、より柔軟で自由なNon-Fungibleトークンがあれば、既存のDAppsが提唱するトークンエコノミーよりも広い世界を創れるのではないか、という想いから開発しました。

特徴

発行の自由

誰でもトークンを発行できます。ユーザーは所有するトークンをいつでも自由に移行できます。

所有の証明

||||||は誰がどのトークンを所有しているかを証明します。

発行元の証明

||||||はトークンがどこで発行されたかを証明します。

利用の自由

トークンは||||||に対応したDApps間で自由に利用できます。

不変なデータ

トークンは発行時に任意のデータを付与でき、そのデータは誰であっても変更できません。

自由な振る舞い

あるDAppsではドラゴンとなるトークンが、別のDAppsでは投票権に、また別のDAppsでは仮想空間の土地になるかもしれません。

利用例

  • あるゲーム系DAppsでは弱いキャラクターとしての価値しかないトークンが、他のゲーム系DAppsでは強いキャラクターとして利用できる
  • あるDAppsで作成し利用したトークンを持ったまま別のDAppsを始めると、特典が受け取れる
  • デジタルアセットと紐づくトークンを発行でき、アセットの所有権を別の人に移行しても、発行元アドレスがそのアセットの作成者を証明できる
  • 発行元が不明なトークンの利用を制限できる

利用方法

Contact us