助成金の受給方法が分からなくてお悩みの、中小・零細企業経営者の方へ

どうして従業員一人の会社でも、
初期コスト0&ノーリスクで
手間をかけずに助成金が受給できるのか?

「全国どの地域でも、会わずに今すぐ、助成金手続きに着手できる方法」

「こんなことでお悩みではありませんか?」

  • 「助成金って聞いたことがあるけど、何から手を付けていいか分からない」

  • 「忙しくて、自分で調べたり手続きに行く時間がない」

  • 「そもそも、誰に聞いて誰に頼んだら手続きが進むのか、見当がつかない」

  • 「助成金って聞いたことがあるけど、何から手を付けていいか分からない」

その解決にこんな取り組みをしていませんか?

その

1

身近な税理士・顧問社労士に聞いてみる

まずは、身近な専門家に聞いてみるというのが、経営者が最初にやることです。特に、社労士であれば当然助成金のプロであって、自社にも適用してもらえると考えます。

その

自分でやってみる/役所に問い合わせる

もちろん、経営者自らが役所に手続きに行くこともできます。電話したうえで窓口に赴き、説明を受けたうえで会社に帰って書類作成に取り掛かります。

その

うちは小さいから無理だろう/対象にならないだろう、と最初からあきらめる

「そんな簡単にお金がもらえるおいしい話はない」「それなりの要件を満たした会社でないと、受給できる権利がない」と思いがちです。

その

1

身近な税理士・顧問社労士に聞いてみる

まずは、身近な専門家に聞いてみるというのが、経営者が最初にやることです。特に、社労士であれば当然助成金のプロであって、自社にも適用してもらえると考えます。

実は、助成金専門の社労士に任せれば、
「面談なし」でも助成金は受給できます。

身近な専門家が、「助成金の専門家」であるとは限りません。
そもそも、税理士さんには、雇用関連助成金の申請を代行する資格がありません。。

助成金申請代行ができるのは、社会保険労務士だけですが、
助成金のプロと思われている社労士でも、助成金を積極的に取り扱う社労士は、意外と多くありません。

それは、社労士側にも、いろんな都合があるからです。

・手続きがややこしく、一つ間違うと受給できないリスクがある。。
・そもそも、顧問報酬の方が安定していて割がいい。。

助成金の申請・受給には、それ相応の経験値、新制度への対応が必要となり、
それよりも易しい顧問業務・保険手続き業務に軸足を置く社労士が多いのが実態です。


一方で、
雇用関連の助成金には「受給要件」が明確に定められており、
裏を返せば、「要件さえ満たせば確実に受給できる」
のも確かです。

しかも、全国一律の制度であり、
手続き自体は、どの都道府県でも同様に行われ、
遠隔であれば、郵送でも書類提出を行うことができます。
(一部、表に出てこないローカルルールがありますが、そこへの対応もノウハウの一つです。)

つまり、
助成金申請のノウハウを持っている社労士に任せてしまえば、
最短ルート、最小手続きで助成金が受給できる方法を知っており、
皆様とのやりとりも極力抑えた形で、
手続きを進めることができます。

言ってしまえば、
「いちいち会わずとも、手続が進んでしまう」
のが本当の話です。


もう、自分でわざわざ調べたり、役所に出向く必要も、
動いてくれない顧問先生に不満を感じる必要もありません。


現時点(2017年6月時点)であれば、
従業員が一人でいれば受給できる助成金(お一人の場合、受給額28.5万~最大202万)
のパターンをお勧めしています。

助成金専門社労士プロフィール

申し遅れました。

社会保険労務士法人はた楽の佐藤と申します。

私はこれまで17年間ずっと、人事コンサルタントとして、
中小企業の人事制度設計に携わってきた一方、
介護事業所の経営を行うなど、
専門家・経営者両方の立場で、
企業の人事・労務に携わってきました。

そして、2年前に社労士事務所を立上げ、
これまで、業種を問わず100社以上の中小・零細企業の助成金申請業務を代行し、
1億円を超える受給実績を残してきました。


なぜ、短期間でこのような実績を挙げることができたのでしょうか?

その1つは、自ら経営する介護事業所にて、助成金申請スキームを検証できたこと。
そしてもう一つは、

「助成金申請に特化し、数をこなしたこと」

に尽きます。

社労士事務所としては珍しいとよく言われるのですが、
私どもでは、依頼がない限り、いわゆる「労務顧問業務」は一切行っていません。

助成金業務、しかも一定のパターン化された受給スキームを徹底的に反復し、
その手続きの効率と正確性を磨き上げ、
最速で確実に受給できる書類作成・申請方法を見出してきたおかげなのです。

従業員1名の会社からサポートする、
助成金申請代行サービス

サポート

1

申請書類を作成します。必要箇所の押印・署名だけいただきます。

助成金の申請は、必要な書類、必要な項目が一式揃っていることが必須です。
はた楽では、今までの助成金受給申請の実績により、必要書類、必要項目を熟知していますので、
貴社での申請作業は、一部の項目の記入・押印のみ。
記入方法ももちろんお教えしますので、手間なく簡単に書類を作成することができます。

サポート

2

「就業規則」の作成・変更や、「雇用契約書」のひな形作成も行います。

助成金申請では、雇用契約書や就業規則の整備・提出が必ず求められます。
それらがまだ整備できていない企業様でもご安心ください。
はた楽が、一から雇用契約書のひな形作成、就業規則を作成致します。
通常、就業規則の作成には、15万から30万ほどの費用を社労士さんに支払うことになります。
はた楽では、それらすべてを無料で実施します。

サポート

3

書類提出や、役所(労働局)との折衝も全て代行します。

助成金を受給するまでの申請手続き一切を代行致します。
労働局への書類提出も全てお任せください。

サポート

1

申請書類を作成します。必要箇所の押印・署名だけいただきます。

助成金の申請は、必要な書類、必要な項目が一式揃っていることが必須です。
はた楽では、今までの助成金受給申請の実績により、必要書類、必要項目を熟知していますので、
貴社での申請作業は、一部の項目の記入・押印のみ。
記入方法ももちろんお教えしますので、手間なく簡単に書類を作成することができます。

<代行サービス>で手に入れられるメリット

助成金申請サポートにより手に入れられるメリット

  • 支給要件を満たすことで、従業員にメリットがある処遇・人材育成ができる

  • 場合によっては、従業員に還元することで大変喜ばれる

  • 従業員満足アップで定着率が高まり、採用コストを低減できる

  • 時間の手間をかけずに受給できる

  • 空いた時間で、専業に専念できる

  • 業績を改善できる

  • 新たな収益源となり、投資資金を得られる

  • 就業規則が、タダで作れる

  • 支給要件を満たすことで、従業員にメリットがある処遇・人材育成ができる

お客様の声

なぜ、助成金申請サービスをweb告知することにしたのか?

私はこれまで、多くの経営者と関わる中で、

・長年経営してるのに、一切助成金をもらったことが無い。。
・いろんな専門家に頼んだけど、誰も手伝ってくれない。。
・社労士資格のない営業会社から提案を受けたものの、途中で放り出された。。
・申請できるのに、どうしようか迷っているうちに手つかずのままになっている。。

といった嘆きの声を、数多く耳にしてきました。

その一方で、当方の代行サービスを活用いただくことで、

・わずか5名程度の会社でも、2年のうちに500万もの助成金を受給できた経営者
・自分では煩わしい管理・手続きをせずに、定期的に助成金を受給している経営者

といった成功事例をたくさん見てきました。

そこに、特別な経営努力や経営能力があったわけではありません。

その違いは結局、

「信頼できる専門家に出会えて、すぐに動いたかどうか」

だけなのです。


今回の<助成金申請代行サービス>は、

・着手金無し(ノーリスク)で、

・就業規則も無料で作成/変更できて(相場では、15~30万円ほど)、

・顧問契約締結など、その他の付帯条件も一切無し

で提供いたします。

もしかすると、世の中の社労士やあなたの会社の顧問社労士さんからは、
いい顔をされないかもしれません。

それは、

「就業規則作成や労務顧問契約こそがおいしい仕事」

と思っている社労士さんにとっては、都合の悪い話だからです。。


それでも、今回の代行サービスのweb公開に踏み切ることにしました。

なぜなら、

<全国の中小・零細企業様が持っている本来の権利を負担なく行使し、
経営者と従業員の双方にリスク無く恩恵を行き届かせたいという>

という使命が、私どもにはあるからです。

「はた楽」という社名の由来は、

「はた(傍)を楽にする」

という言葉にあります。

「働く」という言葉の根源の意味はそこにあり、
私たちは私たちにできること、持っているノウハウによって、
全国の企業様のお役に立ちたいと願っています。

サポート費用について

<助成金申請代行サービス>は、

・着手金一切無し(0円)

・就業規則の作成・修正、一切無料(0円)

・助成金受給後にフィーお支払い(リスク0)

の完全成功報酬です。


もちろん、助成金を受給していただくことが本サービスの第一義ですが、
単にそれだけではないメリットがあります。


例えば「就業規則」の作成。

これ自体も、社労士さんに依頼すれば、
通常は15~20万円はかかってくるものです。

またある時は、スタッフからその提示を求められるかもしれません。

多くの零細会社では、就業規則が未整備なため、
スタッフからの信用を低め、不安がられるもととなります。 


・助成金受給の対象にもなって、
・会社サイドにリスクがなく、
・スタッフにも見せられる就業規則がある

これだけで、中小・零細企業にとっては大きな進歩です。

加えて、
・雇用契約書(労働条件通知書)

・人事評価シート

も、助成金受給の取り組みを通じて、
無償で入手することができます。


これらの、基本的な労務管理ツールがあることで、
スタッフからの信頼感を高め、
また何よりも、
「経営者サイドでの不要なストレス」

を減らすことができます。


さらに言えば、
労務管理体制が整備されることで、
他の助成金、新たな助成金受給への取り組みも、容易になるのです。


以上を合理的に考えていただければ、

 ・着手金一切無し(0円)

・就業規則の作成・修正、一切無料(0円)

・助成金受給後にフィーお支払い(リスク0)

で始められるサービスであるだけでなく、
さらに「大きなおつり」が返ってくることも、
ご理解いただけると思います。


特典

  • <特典1>受給見込み額シミュレーション

  • <特典2>助成金受給ハンドブック

  • <特典3>電話無料相談

  • <特典1>受給見込み額シミュレーション

場合によっては、ご利用いただけないことがあります。

自信を持っておすすめする<助成金申請代行サービス>ですが

1つだけお伝えしておかなければならないことがあります。

 

あなたがもし、以下のようなことを望まれるなら、
必ずしもこのサービスにはご満足いただけないかもしれません。

・定期的に訪問し、時間をかけてコミュニケーションをとってほしい

・ありとあらゆる助成金を、全て受給したい

・コンプライアンス度外視で、とにかく助成金をとりたい

等々。

 
私たちは、お客様にとっての「コストパフォーマンス」を重視しています。

つまり、
かけたコスト(費用だけでなく時間も含めた)に対して、
受給金額+αの付加価値を最大化することを目指しています。

いくら、助成金の受給額を積み上げたとしても、
お客様がいたずらに時間と労力を要し、
本業にかける時間を損ねたり、
わずかな助成金額を得ることに血眼(ちまなこ)になってしまうことは、
避けたいと思っています。


そのため、
現時点での助成金制度において、
かける労力と受給額が見合うものに絞って、
ご提案、ご支援をさせていただいております。
(それこそが、クライアントファーストだという信念から)


つまり、もしもお客様のお望みが、

・面談に時間を取られず、ピンポイントで効率的なコミュニケーションで進めたい

・受給効率の良い助成金から着実に受給したい

・欲張らずに、会社とスタッフにとってメリットがある(デメリットが無い)助成金を申請したい

といったことであれば、私たちの<助成金申請代行サービス>は、
きっと気に入って頂けるはずです。

よくある質問(Q&A)

Q

成功報酬の支払い方法・支払時期は?

A

助成金の受給が確定したら、労働局より、「受給決定通知書」という書面が届きます。それをお知らせいただいた時点で、ご請求申し上げます。

Q

着手依頼にあたっての必要手続きは?

A

まずは、私ども(社会保険労務士法人はた楽)との「業務委託契約書」を取り交わします。報酬発生は助成金の受給後ですので、契約締結自体では費用は発生しませんのでご安心ください。

Q

就業規則や雇用契約書などの書類が、まったくそろっていない会社は?

A

「就業規則」「雇用契約書」の作成から代行いたします。(費用は無料です)

Q

手続を推進する形態は?

A

郵送、電話、メール、LINE、スカイプ等の通信手段を用いてコミュニケーションを図り、手続きを推進します。

Q

最初に準備が必要な書類は?

A

今ある「就業規則」(労基署に届済みの場合はその届出印)、「登記事項証明書」のコピーをいただきます。

Q

他の助成金サポートを謳うwebサイトとの違いは?

A

多くのサイトでは、社労士資格のない会社が代行サービスを謳ったり、社労士を紹介することをメインにしています。もちろん、しっかりとサービスを提供されている会社さんもありますが、「対応する社労士の顔」が見えて、「責任を持って最後までサポートできるかどうか?」が大事なポイントです。

Q

訪問対応はしてもらえるのか?

A

関西近隣の会社様であれば、着手時に訪問することも可能ですが、それ以外のケースについては、原則訪問しての打ち合わせは行っておりません。その代り、電話、メール、郵送、SNSなどのツールを駆使してコミュニケーションを図ります。実際の受給可否には、訪問の有無は大きな関わりがありません。

Q

成功報酬の支払い方法・支払時期は?

A

助成金の受給が確定したら、労働局より、「受給決定通知書」という書面が届きます。それをお知らせいただいた時点で、ご請求申し上げます。

追伸

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございます。

もしくは、ここからお読みいただいてもご理解いただけるよう、
再度ポイントをまとめますと、

私たちは、
全国どこの会社様でも、打ち合わせ面談なしで、
雇用関連助成金の申請代行サービスを提供する、
助成金専門の社労士法人です。

なるべくお客様の手間をかけずに、
効率的に助成金を受給いただけるスキームを構築しています。


中小・零細企業にとって本当に大切なキャッシュ、
本業収入とは別に、ほとんどの中小企業で受給可能な助成金を、
経営者が極力時間と手間を取られずに得られること

に、真剣に取り組んでいます。


「でも、まだもらえるかどうか分からないことに対して、報酬を払うのは気が引ける。。」

という中小・零細企業の経営感覚もよく分かります。
(私自身が中小・零細企業を経営者ですので。。)


そこで、本申請代行サービスは、

着手金0円のノーリスクで始められる、

という「完全成功報酬」形態で提供します。

それは、私自身が経営者という立場で経営に携わり、
財務と人事を扱ってきた身であるからこそ、その価値が分かっているのです。
時間と情報・リソースを持ちえない中小・零細企業経営者様に、
一人でも多くその価値を提供したいという思いで取り組んでいます。

もしもご興味を持たられました、なるべく早めにお声掛け下さい。

助成金受給までには、着手から受給するまでに、
おおむね1年程度の時間がかかります。

しかし、逆に言うと、
今決断して手続きを開始しておけば、
1年後には助成金を受給できるのです。

(何もしなければ、1円も入ってきません。)


助成金制度は、年度ごとに、
あるいは予算を消化しきった段階で、
打ち切りになることも珍しくありません。

もしも、あなた様が、雇用保険適用事業所としての正当な権利を行使したい

と意思決定されれば、
私どもはすぐにお手伝いできる用意がこざいます。

ご不明な点がありましたら、いつでもご連絡ください。

きっと、それだけでも皆様のお役に立てるはずです。