伸縮装置ハンドブック

このページについて

橋梁用伸縮装置ってわかりにくい!というお声をよく聞くので、伸縮装置に関する情報を一本化して閲覧できるページがあればよいのではないか?と思い作成しました。ご参考になれば幸いです。
もし知りたいことが載っていない、という場合は、お手数ですが、伸縮装置Naviにアクセスいただくか、info@jointnavi.netまでお問い合わせをお願いします。
参考図書:道路橋示方書(平成29年11月版)

伸縮装置とは

橋梁用伸縮装置とは

橋台と橋桁、又は、橋桁と橋桁との隙間(遊間)に設置されるものです。橋梁を設計する際、橋桁が温度変化などによって伸び縮みをするため、橋桁と橋台と、また橋桁と橋桁とがぶつかり合わないように、遊間(隙間)を設けます。この遊間を覆い、車や歩行者の走行を確保するために橋梁用伸縮装置が必要となります。

要求性能

伸縮装置は路面に露出しているため、アスファルト舗装と同様、傷みやすい部材です。また、破損すると、桁下に漏水してしまい、支承を傷め、結果として橋梁の寿命を縮めることになります。よって、伸縮装置は、止水性、耐久性、走行性など、あらゆる性能が要求されます。

(詳しくはこちらの記事をご参照ください。)

伸縮装置の種類

荷重支持構造による分類

突き合わせ型

「突き合わせ型」は遊間の上を鋼材が跨いでいない(タイヤが鋼材に荷重をかけていない瞬間がある)構造を指す。
縦目地や歩道部など、車両の荷重を直接受けない箇所に多く使われる。

荷重支持型

「荷重支持型」は遊間の上を鋼材が跨いでいる(タイヤが常に鋼材に荷重をかけている)構造のことを指します。
多くの箇所で広く使われる。

(詳しくはこちらの記事をご参照ください。)

積算方法による分類

フィンガージョイント

主部材が鋼材でできていて、多くの場合、桁製作時に同時に製作する伸縮装置。製品高さは桁の厚みと同じになる。
積算単位は重量(t)。

埋設ジョイント

弾性部材でできていて、舗装と見た目が近い伸縮装置。
舗装と連続しているため、伸縮量が小さい場合は優れた走行性を発揮する。
積算単位は体積(m3)

その他ジョイント

フィンガージョイント、埋設ジョイント以外の伸縮装置はすべてここに分類される。
発注者によって「製品ジョイント」「ゴムジョイント」など呼び方が異なる。
積算単位は長さ(m)。

(詳しくはこちらの記事をご参照ください。)

選定方法

道路橋示方書の内容の改定により、従来の簡易計算は使用できなくなりました。
(詳しくはこちらの記事をご参照ください。)
今後は下記の要領にて選定を行うことになります。

STEP

1

伸縮量の計算

STEP

2

遊間の確認

STEP

3

その他設計条件の確認

STEP

4

製品の検討

STEP

1

伸縮量の計算

POINT
1

伸縮量の計算

伸縮量の計算に必要な情報は、以下の通りである。
①桁長 ②支承の動き ③橋種 ④温度範囲
①②から伸縮桁長、③から線膨張係数がわかる。
これらの情報を下記計算式に当てはめると、伸縮量が算出できる。

伸縮量=伸縮桁長(mm)×線膨張係数×温度範囲+余裕量(10mm)

POINT
2

遊間の確認

現場遊間を確認した場合は、計算から標準遊間を求める。
標準遊間(mm)=現場遊間(mm)+(調査時気温-標準気温)×伸縮桁長(mm)×線膨張係数

図面から遊間を確認する場合は、支間長などの値と取り違えないよう注意する。
POINT
3

その他設計条件の確認

地震時移動量、たわみ量、クリープ、乾燥収縮など、上部工計算書に記載されている設計条件を反映する。
POINT
4

製品の検討

上記1~3と現場条件を基に、製品を検討する。
当該製品が現場に合うかというのは、メーカーに問い合わせるのが最も確実である。
伸縮装置選定ツール※などを活用すると効率的。
※伸縮装置選定ツールは簡易ツールのため、正式な検討にあたってはメーカーにお問い合わせください。

代表的な伸縮装置

※製品名昇順

KMAジョイント

メーカー:㈱橋梁メンテナンス

STジョイント

メーカー:ショーボンド建設㈱

ウェイビーフックジョイント

メーカー:㈲クリエート中川

ガイトップジョイント

メーカー:中外道路㈱

ダイヤフリージョイント

メーカー:日本橋梁工業㈱

トランスフレックスジョイント

メーカー:ニッタ㈱

ハイブリッドジョイント

メーカー:㈱クリテック工業

ハマハイウェイジョイントYSⅡ型

メーカー:横浜ゴム㈱

ビームタイプ

メーカー:㈱川金コアテック
     日本鋳造㈱など

ブロフジョイントNⅡ型

メーカー:東京ファブリック工業㈱

メタルジョイントKC型

メーカー:秩父産業㈱

埋設ジョイント

メーカー:ジャパンコンステック㈱、
     ヒートロック工業㈱など
こちらの記事でもメーカーを紹介しています。)

よくある質問

Q伸縮装置の施工にはどのような設備が必要なんですか?
A既設伸縮装置を撤去するためのブレーカー、新設伸縮装置を吊り下ろすためのクレーン車、溶接道具など、必要なものは多岐にわたります。こちらの記事で段階ごとに紹介していますので、参考にしてください。
Q伸縮装置取替の一般的なタイムスケジュールを教えてください。
A既設伸縮装置撤去に2~3時間、新設伸縮装置設置に1時間、コンクリート打設から養生で3時間程度が一般的なタイムスケジュールになります。こちらの記事も併せてご覧ください。
Q伸縮装置の後打ちコンクリートは、どのようなものを使えばいいのでしょうか?
A新設の場合は、床版のコンクリートと同程度の強度のコンクリートにしている場合が多いです。補修(取替)の場合は、交通規制の時間の縛りがあるので、3時間で強度が出る超速硬コンクリートを使用するのが一般的です。こちらの記事にてコンクリートに関する注意点を紹介しています。
Q伸縮装置の施工にはどのような設備が必要なんですか?
A既設伸縮装置を撤去するためのブレーカー、新設伸縮装置を吊り下ろすためのクレーン車、溶接道具など、必要なものは多岐にわたります。こちらの記事で段階ごとに紹介していますので、参考にしてください。

もっと色々知りたいという方へ…


伸縮装置に関する疑問を覚えたとき、誰に聞いたら良いか迷いますよね。
橋梁メーカーや設計会社の人が皆、伸縮装置の細かい知識を持っているわけではないし、かといって、特定のメーカーに聞くのはちょっと…
そんな方に、提案です。
伸縮装置Naviでは、よくある疑問に対して答えた記事を公開しているほか、個別のお問い合わせにも対応させていただいています。
こちらのボタンをクリックいただくと、伸縮装置Naviに飛びます。
記事を読んでいただいたり、お役立ちページをご利用いただいたり、動画をご視聴いただいたり、使い方は自由です。
それでもわからないことがあれば、ぜひ一度お問い合わせください。
貴方のお悩みを解決できるのを楽しみにしております。