転職ガイド 

転職サイト、転職エージェント、転職などの情報配信 転職サイトの中でも、評判の良いサービスと実績を持った転職サイトについて詳しく紹介していきます。

転職の前に仕事の探し方を見直してみよう!


皆さんは、転職について考えたことがありますか?

しかし実際に転職活動を始めようとしても、何から始めるのが良いのか、職場の探し方が分からないなどと悩む方も多いでしょう。

そんな方には、まず、新しい仕事の探し方についてから整理していきませんか?


転職する前に、まず仕事の探し方の視点を見直す

現在の仕事ではやりがいを感じない、もっと成長できる職場に巡り合いたいなどと考えていませんか?

でも、せっかく転職するのだからまた失敗したくないですよね?

また、自身のやりたい仕事が分からなくなっている方もいるかもしれませんね、

それならば、まず転職活動をする前に仕事の探し方を見直してみませんか?

これから、5つの視点を紹介していきます。

未来像ではなく、現状把握から考える

もし、次にやりたい仕事のイメージがうまく思い描けないときは、「どんな仕事に携わりたいか」ではなく、「なぜ現在の仕事を辞め、転職したいと考えているか」という視点で考え直してみるのです。

例えば、「仕事に魅力を感じないから」という理由なら、今度は「なぜ魅力を感じないのか」というより細かい視点で考えていきます。

魅力を感じられない理由が「仕事はルーティンワークが多くて退屈だから」というものなら、業種自体を見直す必要があります。しかし、「仕事に対する評価に不満があるから」というものなら、業種・職種の変更より、職場環境の見直しだけで解決できそうです。

将来像が漠然としていたり、転職後が想像しにくかったりする場合は、このように「現在がどのような状態かを考える」視点の探し方からスタートするのが良いでしょう。

前の仕事での良かった点と悪かった点を書き出す

現在転職を考えている方でも、全員の方が以前の職場の全てが気に入らなかったというわけではないでしょう。

そこで、前の仕事での良かったところと悪かったところを挙げることで、一から転職先を探す手間が省けます。

例えば、「成績に応じて給与額が上がる」という点が良くて、「職場内での他の社員との交流がない」という点が悪い点として挙げられるとします。

前者を特徴の一つとしている職場を探すことを優先し、後者がみられるような職場は極力選ばないようにすることが分かっていれば、転職活動をスムーズに始められますね。

転職するからといって、仕事の探し方まで新しくする必要はありません。むしろ、前の職場を分析できていた方が同じ失敗をせずに済みます。

転職について難しく考える必要はないのですね。

身に着けたいスキルは何か挙げてみる

どんな職場においても、一定期間働いていれば、多種多様なスキルや考え方を身に着けることができます。

そのため、スキルや考え方は仕事をしているうちに身に付いていくものだという、受け身のような常識が身についている方が多いのではないでしょうか?

そこで、その常識を逆転させた視点に変えてみましょう。

せっかく新たに職場を変えるのですから、今度は新しいスキルや考え方を見つけられる職場で働いてみませんか?

例えば、プログラミングやデザイン設計などの専門的なスキルや知識を新たに身に着けたいならば、研修や社員指導が徹底されている職場に照準を絞れ、転職活動を早く進められますね。

また、別の機会の転職を見越して、どんな職場でも活かせる対人能力や交渉力などの万能的なスキルを身に着けられそうな職場を探すのも手ですね。

このように、転職先の職場で求めるものを事前に決めるという探し方もあるのですね。

視点が決まったら

新しい職場を探すにあたって重要視する視点が決まったら、実際にそれらに当てはまる転職先を探していきましょう。

現代の日本には仕事を探す方法がたくさんあります。今回はその中からタイプの異なる2種類の方法を紹介します。

転職サイトを利用する

一つはネットの情報量を利用するやり方です。マイナビやdodaなどの企業が展開していることで有名ですね。

転職サイトを利用するうえでのメリットは、

・多くの求人を扱っているので、求人の母数が多いこと

・求人を検索する際に、条件を設定して自身にあった調べ方ができる

というのが大きなメリットとなっています。

またその代わりにデメリットとして、

・求人数が多すぎて絞り切れない

・転職先と現在勤務している職場との予定調整を自己管理しなければならない

というのが挙げられます。

転職サイトを利用するならば、

・細かい希望条件を設定して検索したい

・求人を自身で比較したい

という場合に向くでしょう

ハローワークを利用する

ハローワークと聞くと、「失業者のための求人紹介先」のように考える方もいるかもしれませんが。転職サイトとはまた違ったメリットがあるのです。

・地域別に転職先を紹介してもらえる

・失業給付金などの手続きが行える

といったものです。全国規模で有名企業や大企業を扱いがちな転職サイトとは違い、地元での就職や転職を考えている方に向いているのがハローワークです。

これに対し、デメリットは、

・利用するハローワークや担当者によって受けられる支援が異なる

・求人の中には質の悪い企業が混ざっていることもある

といったものが挙げられます。

転職サイトにはないデメリットもありますが、勤務地や支援事業に特化した転職をしたい方はハローワークを利用すべきでしょう。


転職先を決める際に知っておきたい福利厚生のポイント


転職活動を行う上で、給料の次に重視されるのが「福利厚生の充実度」。でも売り手市場の今、どの会社も人材確保に必死で、福利厚生が充実しているように求職者に見せかけようとします。

今転職しようとしている会社の福利厚生は本当にどうなのか、転職コンサルタントの経験に基づいてこのページで見極めるポイントをご紹介します。

福利厚生だけを見て入社したものの、実態は超絶ブラック企業...こんな経験をしないためにも、ぜひ確認しておくことをおすすめします。


福利厚生の仕組み

福利厚生は企業が働く人の環境を整備するための一環です。「法定内福利厚生」と「法定外福利厚生」に分かれています。

一般的に言う企業の福利厚生は、後者である法定外福利厚生を指すことが多いです。

例えば、社会保険や残業代支給は一応法定内福利厚生に当たりますが、法律で決められた当たり前のものなので、会社任意の福利厚生と思わないようにしましょう。

法定外福利厚生について知っておくべきポイント

法定外福利厚生は法律で定まっておらず、任意で行っています。なので、設けていない会社もあります。

そのような会社は悪い会社なのかというと、一概に言えません。

福利厚生の原資は会社の経営活動から得られた収益で、それを社員のベース賃金に当てるか、福利厚生費に当てるかは会社の考えによって異なります。

福利厚生がない会社でも、本来は福利厚生に当てるはずのコストを従業員のボーナスに当てたりして、平均年収が普通よりも高い企業も山ほどあります。

パッと見てわかりやすい魅力的に見える福利厚生の言葉にあまり踊らされないようにしましょう。

法定外福利厚生はあくまで「あったら嬉しい」という気持ちで受け止めたほうが賢明です。

残業代100%支給は当たり前

転職サイトで求人を調べたら、よく「残業代100%支給」を福利厚生の中に入れる会社を見かけますね。果たして、残業代100%支給=良い会社なのでしょうか。

実は残業代は労働基準で決められた法的なルールであり、企業が独自に定める福利厚生とは言えません。

残業手当などの書き方をされても、100%支給と書いていても、すぐ良い会社だと鵜呑みにしないでほしい。

残業代を支払うのは義務なのに、それをアピールしている会社は他に良いところがないんじゃないの?と疑ってみるのも良いかもしれません。

もちろん残業代を支払わない会社よりマシですが、「支払っていて普通」と考えるべきです。

残業代込みの給与体系に注意しよう

会社によって、固定残業代が給料の中に含まれる場合があります。業務の関係で毎月一定時間の残業が発生するのはやむを得ない場合、デフォルトで残業代を給料に組み入れるという考え方です。

固定残業代の存在は違法ではありませんが、適切に運用されていないケースがあります。それは、「固定残業時間として決められた時間を超えた場合、超えた分を支払わない」ケースと、「固定残業時間に満たない場合は給与から差し引く」ケースです。

これらに該当すると、違法になります。

残業に対する会社の考え方を見る

残業代を支払っている会社でも、残業を減らす取り組みをしていなかったり、残業を推進・奨励するような姿勢がある会社に注意が必要です。

これらの会社は業務そのものを改善しようとせず、忙しい時期を人海戦術でなんとか乗り切ろうとします。

逆にノー残業デーを設けたり、従業員が早く帰れるように業務の効率化を図ったりする会社は、残業を減らす努力をしているので、ここはかなり重要なポイントです。


日本で将来性のある仕事


あなたの現在の仕事は、将来性がありますか?

多くの人は、できることなら将来性のある仕事に尽きたいですよね。
しかし、将来性といっても様々です。

例えば、日本の将来は、AI(人工知能)が仕事をするようになると言われています。事務職や、窓口業務、タクシードライバーや電車の運転士などは、なくなってしまうかも。

どんな仕事なら、AIに取られないでしょうか。

今の仕事がAIに取られないとしても、その仕事は将来発展・成功するでしょうか。

日本の将来を見据え、転職を考えている人は今よりも将来のある仕事を紹介します。


将来性のある仕事とは?

将来性のある仕事とは、主にAIにはできない仕事と言ってもいいでしょう。

日本の将来は、これまで人間がパソコンを使って行ってきた仕事の多くが、AIによって自動化されることになります。
そのため、「AIができない」仕事を人間がおこなっていくことになります。

 

AIのできること・できないこと

AIができないことって何?と思いますよね。
以外にも、AIはできないことが多いです。

AIとは、人間の脳が備えている知的能力をコンピュータシステムによって再現したものです。

今までのロボットのように、事前に人間が作成したプログラムの指示通りに行うだけでなく、物事の認識から分析、判断、学習、予測などまでを自律的に行えます。

そのため、いろいろな業種から注目を浴びていますが、考えることや新しいものを生み出すことなどはできません。



将来性のある仕事

「新しいモノを作り出す」仕事か、「定型作業ではない」仕事になるでしょう。

書類作成などのルーティン作業は、様々な職場で自動化されて行くことになりますが、インタビューや毎日違う仕事を行うのは、臨機応変に対応できる人間にしかできない仕事です。

この2つから見ても、大きな特徴として「人と関わる」仕事を人間が行うということになります。

その仕事はどんなものがあるでしょう。絶対日本の将来なくならないといわれている仕事を3つ紹介します。



1つ目は「エンジニア」です。

エンジニアは、企業のシステムやWEBサービスを開発する仕事です。

一見、パソコンも使うしAIでもできるんではないか、と思う仕事ですよね。

もちろんクリエイティブな要素がありますが、それだけではなく、企業が本当に求めるシステムをヒアリングするなど、人とのコミュニケーションを多く必要とする仕事です。

2つ目は、士業です。

士業とは、弁護士や行政書士などのように、名称の後ろに「士」と付く国家資格を持っている人のことを指します。

医療関係の資格を持ってる人も入ります。

資格を持っていることで、他の人とは違う仕事につくことができます。

このような仕事は、人と関わり相談に乗り解決策を見つけるので、仮にAIに能力があってもできない仕事です。

3つ目は営業職です。

営業職は、どれだけAIが発展しても必要とされる仕事です。

ネット通販の普及によって、人々の購買行動は、数十年前と大きく変わりましたが、BtoBの取引や、金額の大きな買い物をする際は、営業担当者と直接話をしたいと考える方も多いです。

担当の営業者と話があったから大きな買い物をする決断をした、という人も多くいます。

コミュニケーションが第一な仕事の営業職は、いつの時代も重要な仕事といえるでしょう。



悶着を避けたい方にオススメの退職代行


みなさんは、退職をしたいと思いますか?

両手を上げてはい、という方はなかなかいらっしゃらないことと思います。
〇〇代行サービスというのは、近年様々な分野で行われていますが、ついに退職代行をするサービスが生まれました。

退職って、同僚や上司に言うわけですから、非常に伝えづらいものであるのは確かですよね。

退職代行とは退職代行ってなに?

退職代行とは、退職をしたいと思っている方が、自分で伝えづらかったり、話を切り出しにくくなったりした場合に、退職を希望するものに代わってその意思を会社に伝達するというサービスです。

退職代行の利用場面

退職代行を利用する機会は、自分にはないだろう。と思う方も多いでしょうが、意外にも利用する機会があるものです。

というのも、近年働き方改革が叫ばれてはいるものの、依然として企業倫理を守らない会社が数多くあるからなのです。

退職代行を利用する機会としては、以下のものが挙げられます。

・退職意思を伝えると過度に引き止められる

退職届を正当に提出したのに、受理されない

・退職についての相談をしたら上司から露骨な嫌がらせをされた

・労働環境の改善を伝えても会社が聞く耳を持ってくれない

こういった会社では、本人が強い意志を持って退職するということを伝えたとしても。なかなかうまくいく場合が少ないです。退職代行には、こういったトラブルの火種を避けながら、新しい世界へと羽ばたくための第一歩を後押ししてくれるという側面もあるといえるでしょう。