労働問題に強い弁護士です。



じょうばん法律事務所は、労働者の味方です。

不当なことをする会社と戦います。
会社の不当な対応は許しません。
労働は、生きるための手段です。
会社のために尽くしてきたのに、会社からひどい仕打ちを受け、生きるための手段を脅かされる。
こんなにひどいことはありません。
じょうばん法律事務所は、会社の不当な扱いと戦うために全力を作ります。
相談料0円
安心の相談料無料です。
まずはご相談ください。
着手金
1万1000円~5万50000円
着手金を低額にしており、利用しやすくしています。
※解雇、雇い止め、未払い残業代案件に限ります。
多彩な解決方法
労働審判、民事訴訟、仮処分など多くの解決方法をご提案します。
ネット相談、電話相談OK
事務所に来ていただく必要はありません。

幅広く地域対応しています。
遠方でもできる限り対応致します。
着手金
1万1000円~5万50000円
着手金を低額にしており、利用しやすくしています。
※解雇、雇い止め、未払い残業代案件に限ります。

このような悩みはございませんか。

  • 残業代を請求したいけれども何が証拠になるのかわからない。計算方法もわからない。
  • 解雇には納得していないけれど、実際に争うとなるとふんぎりがつかない。
  • 試用期間中の解雇だから仕方ない気もするけど、なんとなく納得できない。
  • 自分に非はあるとは思うけど、解雇は重すぎるとも思う。
  • 解雇には納得していないけれど、実際に争うとなるとふんぎりがつかない。
  • まずは相談をしてください。
  • 解雇には納得していないけれど、実際に争うとなるとふんぎりがつかない。

よくある質問

  • Q
    何が証拠になるのかわかりません。
    A
    証拠集めのアドバイスを受けるために相談をしてください。退職前の相談がおすすめです。
  • Q
    解雇されることになりましたが、会社からは辞表を出すように言われています。辞めることには納得しているので、出そうと思いますが大丈夫でしょうか。
    A
    解雇を争うつもりがあるのでしたら、辞表を出すのは危険です。解雇を争うことで高額の金銭を得られる可能性がありますので、辞表を出すことには慎重になってください。
  • Q
    会社と戦うってことは自分も裁判所に行くんですよね。それがいやなんですけど。
    A
    弁護士に依頼することで、裁判所に出向く必要はなくなります。
  • Q
    とりあえず解雇予告手当を請求しようと思っていますが、いいでしょうか。
    A
    解雇予告手当を請求すると、解雇には納得していると捉えられてしまい、後で不利になるおそれがあります。解雇予告手当を請求する前にご相談ください。
  • Q
    解決までにどのくらいの期間がかかりますか。
    A
    順調なら1~3か月で解決します。
  • Q
    会社に戻りたいとは思っていないのですが、それでもいいのでしょうか。
    A
    全く問題ありません。戻るつもりがなくても、金銭獲得を目的として不当解雇の効力を争うことができます。
  • Q
    解雇されることになりましたが、会社からは辞表を出すように言われています。辞めることには納得しているので、出そうと思いますが大丈夫でしょうか。
    A
    解雇を争うつもりがあるのでしたら、辞表を出すのは危険です。解雇を争うことで高額の金銭を得られる可能性がありますので、辞表を出すことには慎重になってください。

解決実績

半年分のタイムカードしかない事案
2年分の残業代獲得!

限られた証拠から、請求できる最大の残業代を勝ち取りました。

架空の解雇理由をねつ造された事案
解雇無効を認めさせ、数ヶ月分の給与に相当する解決金を獲得!

全く身に覚えがない解雇理由をねつ造され、会社は証拠を作成してきましたが、矛盾点を指摘し解決金を勝ち取りました。
複数の解決実績があり、2か月で解決したものと1年かかったものがあります。

試用期間中に解雇された事案
解雇無効を認めさせ、数ヶ月分の解決金に相当する解決金銭獲得!

入社直後の試用期間中の解雇でしたが、解雇無効の立証に成功し、数ヶ月分の月給にあたる解決金を勝ち取りました。

月収10万円の有期雇用契約の雇止めを争った事案
雇止め無効を認めさせ、半年以上分の金銭を獲得!

わずか2か月での解決です。着手金を低額におさえ、依頼者様の経済的メリットも多くなった解決事例でした。

Yahoo!知恵袋で回答している公式弁護士です。

主に解雇に関するご質問に回答しています。
相談をためらってしまう場合には知恵袋で質問してください。
知恵袋の質問を見て「自分のケースに似てる!」という方もぜひご相談ください。

お問い合わせ受付中。
相談は電話、メール、ネットなどで可能です。
お早めにご相談ください。
↓↓お問い合わせフォームから簡単です↓↓
連日問い合わせが多数ございますので、返信に時間を要する場合があります。
          また、不備があるお問い合わせへの返答はしておりません。
茨城県取手市取手2-3-7 取手センタービル5階
弁護士 鬼沢健士
茨城県弁護士会所属