バンドマンが自殺をしなくて済む方法

私は今でこそ場所と時間を選ばず収入を得られる仕組みをいくつか
手に入れ、バンド活動に集中できる環境を得ることができていますが

少し前は生きることに疲弊し、自殺を考えたこともありました。

バンド活動はお金がかかります。
しかし、バンドを最優先すればフルタイムの勤め仕事はできません。
バイトを掛け持ちしながらのリハ、ライブ、レコーディング…

寝る間も惜しんでバイト。その収入のほとんどは活動資金と家賃に消えていき
粗末な食事と慢性の睡眠不足でした。

そんな生活を何年も続け、体力も気力もなくなっていき
あるライブの日、ついに倒れて救急車で運ばれました。

病院のベッドで思ったことは
「これ、いくらかかるのかな…また借金が増える…」

バンドを頑張れば頑張るほどお金もなくなり…
借金は200万を超えていました。

「もう…限界かな…」


そんな時、追い打ちをかけるように訃報が…


知り合いのバンドマンが自殺をしたと…

やはり、経済的困窮が一番の原因だったようです…

共に夢を語り、競うように頑張ってきた仲間でした。


しかも彼は、メジャーデビューを果たしていたのにも関わらずです。

そう、今はメジャーデビューしてもほとんどのアーティストは

食うにも困る状況なのです。


絶望し、「自分ももはや死んだほうがいいかもしれない」

そんなことまで考えていた時

あるバンド仲間から突然、連絡が入りました。


「最近どうしてるかと思って。飲みにでもいかない?」

その頃の私の様子がおかしいのを聞きつけ、連絡をくれたようでした。


私はこの人が嫌いでした。なぜなら彼はバンドマンでありながら

起業家として活躍し、羽振りの良い暮らしをしていたからです。


当時の私は「アーティストが他のビジネスをやるなんて不純だ。

音楽家は音楽の仕事で食うべきだ。」と思っていたからです。


でも、追い詰められていた私は、彼に救いを求め…

酒の勢いもあり、彼に洗いざらい話しました。

いつの間にか、泣いていました。


「そんなことだろうと思ったよ。」


「俺も昔はお前みたいにバイト掛け持ちしながら活動してたよ。

活動には金がかかる。しょうがなくバイトを増やす。

疲れて、それでも無理に活動を続けて…

俺も限界を感じてた。」


「そんな時、俺が大好きなアーティストのインタビュー動画を見たんだ。

その人は言ってた。」


「これからのアーティストは収入の柱をいくつも持つことが必要だ。

自分が事業にいくつも手を出しているのを見て周りのミュージシャンは

そんなことより、一曲でも多く曲を書けと言ってきた。

でも、そう言っていた奴らはみんな消えた。」


「誰だと思う?あのGACKTだよ」

GACKTは私も大ファンだったので、グサリときました。


彼はきっぱりこう言いました。

これからのアーティストは収入の柱をいくつも持つことが必要だ。

特にバンドはリハーサル、レコーディング、ライブと時間が取られる。

だから、場所と時間を選ばず収入を得られる仕組みを手に入れる必要がある。



私は、彼の話に引き込まれていきました。



彼は「とにかくまず金を稼げ。話はそれからだ」と収入を得るためのアイデアを
どんどん出してくれました。


私は「スゴイ!なるほど!」とただただ感心するばかり。


いくつかの方法を教えてもらったあと、彼はあるサイトを見せてくれました。


「まあ、お前に金がないのはわかってる。そんなお前に一押しなのがこれだよ!」


そこには、彼の言うように、いつでもどこにいてもスキマ時間に収入が得られる、ある「無料ツール」が紹介されていました。

私にはちょっと難しいかなと思いましたが、このツール
70代でも使いこなして毎月100万円以上稼いでいる方もいるとか。

きちんとマニュアルも完備されているし、サポートも万全。
なにより、無料なのでやらない理由はありません。

もちろん彼もこのツールを使っていて

「起業家の俺から見ても、このツールは本当に素晴らしい仕組みだと思う。
最先端のDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)だから安心だし。」
「俺はこのツールで、バンドの顧客リストも集めてるんだ。
いろんなツール使ったけど、これは間違いないね。」




私は洗いざらい、泣きながら話し、何かスッキリした気分でした。

とにかくやってみようという気持ちになった私は早速ツールをダウンロード。
パソコンに強くない私でも、無理なく作業が進められました。

私の場合、最初のうちは相変わらずバイト掛け持ち、バンド活動はペース

を落としていたものの、実質作業できるのは帰宅後の1時間程度。


にもかかわらず、気がつけば3ヶ月で月収20万円を達成できてしまった
のには、本当に驚きました。


私はバンドに集中してきましたから、特別なスキルも経験もありません。

マニュアルに書かれている通りにただ実践しただけです。


あとは、知らない間に収益が発生している、そんなイメージです。


本当に驚きましたし、夢のようでもあります。


あのとき、もし彼から連絡がなかったら、、、

私はもしかしたら死を選んでいたかもしれません。


そう考えると、彼には感謝してもしつくせません。

私は、相変わらず、この素晴らしいツールを使い続けています。


バイトを辞め、これまで以上にバンド活動に集中しながら

隙間時間に取り組んでいます。


が、それでもバイトのときの月収を軽く上回ってしまうので、本当に驚きです。


最近はバンドの顧客リスト集めにも役立てています。


ところで、このことは今まで本当に仲の良い友人にしか教えてきませんでした。


でも、こんなに素晴らしい情報を独り占めしていていいのか・・


もし、あの時、私が彼からこの情報をいただけなかったら、
今の生活は手に入らなかったし、


このツールをもっとたくさんの人に知ってもらって、私のように自由を手に入れてもらいたい!


そう強く思うようになりました。


そこで、恥ずかしながら、このような記事を書かせていただいたわけです。

ここまでお読みくださったあなたは、
「そんなうまい話があるわけないでしょ」と半信半疑かもしれません。

私も以前は、「お金は自分の時間を切り売りして得られるもの」
と思い込んでいましたので、あなたの気持ちはとてもよくわかります。

私もバイトを掛け持ちし、長い時は一日15時間働いていました。

“お金は自分の時間を切り売りして得られるもの”そう信じていました。
でも、それは間違いでした。

現代の錬金術はズバリ、

“すぐれた情報(+ツール)を手に入れること”

これにつきます。

スキルも経験もセンスもいりません。

だから、、、

今、この記事を読んでくださっているあなたは
本当にラッキーだと心から思います。

あとは、このチャンスをつかむかどうか。

あの時、彼にこう言われました。

「望みどおりの人生を手に入れることができるか否かは、
チャンスのときに素早く行動できるかどうか」


だと。


 

チャンスは流れる水のようにサラサラと手を通り過ぎていきます。
通り過ぎたら、二度とつかむことはできません。

チャンスをつかむために必要なことは、決断力と行動力。

迷ったときには行動する方を選べともいいます。



もしあなたが少しでも興味を持っていただけたなら
ぜひ、この波をつかんで、チャンスを逃さないでください。


あなたの夢が、今なら“無料”で実現できます。
残りわずかですから、お急ぎ下さいね。

 

↓↓↓無料ツールの詳細をみるのはこちらから