パソコン素人の僕が在宅WEBライター養成講座をやってみた

こんにちは、古瀬です!

 

誰でもWEBライターになれるというオンラインスクールの「在宅WEBライター養成講座」

本当に誰でもなれるのか?この僕が体験してきました!

僕は普段、自動車工場で働いています。

もちろん自動車を作るのが仕事なので、パソコンに関しては素人。

恥ずかしながらブラインドタッチすら出来ません。しかも学生の頃は、国語が苦手でいつも赤点スレスレでした。
 
そんな僕ですが、会社でもらう給料以外に自分の力で稼ぐ“なにか”があるといいなぁ…。
自分自身になにかスキルが欲しなぁ…と思っていました。
 
でも僕に何ができるだろう…と試しに「クラウドワークス」「ランサーズ」を見ているとWEBライターの案件が…。

でも国語苦手だったし、文章能力もないからWEBライターなんて僕には無理だろうなぁと思っていました。

「WEBライター」のイメージ

今までのWEBライターのイメージはこんな感じでした。

・「ライター」というだけあって、文章能力が必要じゃないか?
・WEBライターって知識豊富な感じ
・パソコン能力が必要
・単価が安い
・パソコンがあれば、いつでも、どこでも仕事ができる

といったイメージがあり、WEBライターって、いつでも、どこでも仕事ができるのは魅力的だけど、やっぱりある程度の専門的な知識が必要だと思っていました。
 
しかし、サーフィンやスノーボードが趣味の僕は、一回は「難しそう」と思って諦めかけていましたが、いつでも、どこでも仕事ができること魅かれてWEBライターのことを調べてみることに…。

調べていると「在宅WEBライター養成講座」というオンラインスクールがあることを知りました。

在宅WEBライター養成講座

JMWA(日本マーケティングライター協会)という協会が作成した、WEBライターのオンラインスクールです。

動画形式の学習で、初心者でもわかりやすくWEBライターとしての記事の書き方を学ぶことが出来るとの事。

いいじゃん!と思って早速受講しようとしましたが

「初心者からでも稼ぐことが出来るなんて、なんか怪しそう…。」
「本当にちゃんとした人が教えてくれるの?」

と思ってひとまず講師の人を調べてみました。

講師の人もなんかすごそうだし、オンラインで気軽にできるから、ちょっとやってみようと思ってきました。

パソコン初心者の僕が在宅WEBライター養成講座やってみた

僕はコンプリートパックを購入したので、WEBライター入門講座、情報収集系記事の書き方、比較検討系記事の書き方、商品紹介系記事の書き方、ワードプレスで記事を納品する方法を勉強していきました。
 
まずは、WEBライター入門講座の動画で勉強です。
 
どの動画も長くても8分と短く区切ってあるので、移動時間などの隙間時間に学習しやすいようになっています。
 
また、項目ごとのスライド資料や参考記事などが付いていて、ダウンロードしておけばオンラインスクールへログインする手間もいらず、より手軽に勉強することができます。
 
 休日をサーフィンやスノーボードをして外出することが多い僕は、カフェやファミレスでスマホを使って動画学習していました。また速度制限が気になるときは、あらかじめダウンロードしておいた資料を使って外でもスマホで勉強ができて、とても捗ります。
情報収集系記事、比較検討系記事、商品紹介系記事は宿題として実際に記事を書いていきます。
しっかり勉強したはずなのに、いざ書いてみると…

「あれ?どうしたらいいんだっけ?」

と分からないことが…そんなときも動画学習で再度勉強!
細かく区切られているので、分からないところの動画を探すのにも苦労しません。
 
やっぱり、一回見ただけじゃ分からなかったり前回の事を忘れてしまいます。
何度でも見れる動画学習で『分からない』をなくし、スキルを確実に身に着けていけました。
 
しかも、何度動画を見ても分からない場合は、質問フォームが用意されているのでピンポイントで分からないことを聞くこともできます。

勉強を進めていくと、依然持っていたイメージとは違い、高い文章能力も豊富な知識もそんなに必要じゃないことがわかってきました。
また、パソコン初心者でわからないことがあっても質問できて、これなら僕でも出来るんじゃないか?と思い始めてきました。

動画学習の弱点

ある日、パソコンに向かって動画を見て勉強していると…
「ポキポキ♪」

とスマホが…。
 
 
気になってついつい見てしまい、ふと気づくとかなりの時間が!
 
自宅で出来る動画学習の一番の敵は、スマホの誘惑です。
しかし、誘惑に負けまいと学習時間は『電源off』にして、メリハリをつけて学習しました。

1日のタイムスケジュール

実際に僕がWEBライターの勉強していた時の平日のスケジュールを紹介しますね。

4:30 起床

   ↓

6:00 会社へ着き仕事開始

   ↓

16:30 仕事を終え帰宅

   ↓

17:00 WEBライターの勉強

   ↓

18:00 夕食

   ↓

19:00  WEBライターの勉強

   ↓

20:00 お風呂

   ↓

21:00 フリータイム 
         (マンガやネットサーフィン)

   ↓

23:00 就寝

 
夕食前に1時間、後に1時間の1日2時間、勉強していました。
もちろん勉強だけでは疲れてしまうので、マンガなど趣味の時間もしっかりとっています。

いよいよ検定試験

約2週間、毎日コツコツ勉強してきたWEBライターのスキル。
本当に身についているのかと思いつつ、挑戦の意味も込めて検定試験を受けてみようと決心!
 
検定内容は、情報収集系記事、比較検討系記事、商品系記事、各1本ずつの合計3本です。
 
パソコン初心者なのでタイピングは遅いですが、検定試験の記事提出期間も1ヵ月とたっぷりあるので、余裕をもって取り組めます。
 
また、書いていると分からないとこが出てくるので、そんな時は動画で見て、復習し記事を作成していきました。

無事、検定合格

検定試験に合格するとPDF形式で認定証がもらえます。

大人になっても賞状をもらうとうれしいものですね♪
 
ついつい友達との飲み会で、認定証を見せて自慢してしまいました。

 

現在、WEBライターとして活躍しています。

検定に合格し、お仕事を紹介してもらえるようになりました。
 
ライターが足りない状況なので、仕事がない!なんてことはなく、多くの仕事を依頼されます。
※もちろん自分で仕事量を決めることができ、無理な数の仕事を強要されることはありません!
 
 
今では仕事を終え、自宅に帰ってから時間を決めて記事を執筆したり、休日にサーフィンを楽しんで、その後カフェで記事を執筆しています。
 
今はWEBライターの仕事で稼いだお金で新しいサーフボードを買うのを目標にして頑張っています。

まとめ

在宅WEBライター養成講座は動画学習でいつでも、どこでも、しかも繰り返し学ぶことができ、分からないとこは質問できるので、効率よく初心者でも安心して学習することができました。
 
まさか、僕みたいにパソコン素人で文章能力に自信がなくても、WEBライターになることが出来るなんて夢にも思いませんでした。
特に隙間時間の多い専業主婦には、もってこいかもしれませんね♪
 
また、仕事が忙しくて勉強なんてしていられないよ!という人でも細かく動画が区切られているので、隙間時間を有効活用して無理なく学習することができますよ。
 
初心者からでも『稼げるWEBライター』になれる「在宅WEBライター養成講座」を皆さんも始めてみてはどうでしょうか?

ちなみに、素人から始めた僕でも、この記事を3時間ぐらいで作成出来るようになりましたよ♪
 
在宅WEBライター養成講座の申し込みはこちら!
↓↓↓↓↓