JMTサポート岡山
JIMOTO Support OKAYAMA

  ○ NPOの日常活動に寄り添う支援
  ○ 人生を豊かにするためのシニア起業支援
  ○ ブームに流されないママ起業の支援
  ○ 安心価格で専門家による支援をご提供します。
  ご要望により、安心生活のご支援も行います。

お問い合わせ
tel   086-431-8704
mail sophy.office@gmail.com 

NPO法人を運営する方・シニア起業の方、ママ起業の方
ブームに流され、悪徳商法の被害者になられることがないよう、
安全で確実な事業の成長をご支援いたします。

  • 障がい者支援のNPOをはじめ、いくつものNPO法人の支援を続けて参りました。
  • 退職後起業される方、女性企業者の方資格取得や補助金申請、事業計画作成・運営支援を行っています。
  • 不確実なネット情報に巻き込まれたり、ネット詐欺、振り込め詐欺など悪徳商法から身を守る手段もご紹介しながら、確実なビジネス展開をご支援いたします。
当事務所について

事務局概要

名 称 JMTサポート岡山
所在地 〒710-0803 岡山県倉敷市中島2258-2
電話番号 086-431-8704
E-mail sophy.office@gmail.com
代表者 下村幸喜(行政書士ソフィ法務事務所)
事業内容 NPO運営支援、障がいある子の親なき後相談室、シニア起業支援、家族信託(民事信託)
生活支援、事業承継・事業廃止支援、ママ起業支援、経営支援
具体的支援内容 ・NPO日常の困り事支援、助成金申請、商品開発支援、会計処理、事務処理
・NPO行事、イベントの企画、運営支援
・起業支援、事業計画作成支援、商品・サービス開発支援、
・成年後見に関する支援、事業承継・廃業検討支援、後継者探しの支援
・ブームに乗せられないママ起業支援、事業計画作成支援、ビジネスの基本支援
・親なきあと相談室(倉敷)・・・障がい者を持つご家族支援
・家族信託(民事信託)・・・安心して長生きするための財産管理支援
所在地 〒710-0803 岡山県倉敷市中島2258-2

アクセス

JMTサポート岡山

tel   086-431-8704
mail sophy.office@gmail.com 
出張や外出する機会が多いため、留守電の場合がございますので、あらかじめご了承下さい。
メールでご連絡頂ければ、24時間以内に返信させていただきます。
業務内容

NPO運営支援

会計・事務処理のお手伝い

NPOの会計は普通の企業とはことなり、なにかと面倒です。また、行政への報告についても承ります。

運営のお手伝い

商品開発やイベントの企画・運営、ちょっとした困り事、誰に相談すればいいか分からない。そんなときにもお役に立ちます。

スタッフの方のサポート

行政がなかなか対応出来ない事柄に取り組むNPOが本来の事業に集中できるよう、スタッフの方の相談も承ります。

補助金の申請など

NPO活動を効果的に行うため、補助金は重要な力になります。その獲得に向けた事業計画、収支計画のお手伝いをいたします。

会計・事務処理のお手伝い

NPOの会計は普通の企業とはことなり、なにかと面倒です。また、行政への報告についても承ります。
NPO活動の中心となって活動されている方には、女性の方も少なくありません。
そうしたNPO活動を進める上で誰かに相談したいことといえば、法律の話、税金の話、契約の話といったいかにも専門家という相談ではなく、日常の運営の話しやちょっとした困り事が多いのでは無いでしょうか。
・ちょっとした電気の話
・ちょっとした水道の話
・ちょっとした日曜大工
・新しい商品の試食や意見
・NPOの行事・イベントの企画、運営へのアイデア出し
私たちが心がけ、大切にしているのは、専門家としての大所高所からの意見・指導ではなく、NPO活動の日常的な「ちょっとした困り事」への対応です。
もちろん、専門家としてのリスク対策や予防法務的な内容を踏まえた上で、楽しく前向きな日常活動に取り組んで頂ける様にいっしょに歩みます。
数年前、知り合いのNPO理事長から連絡がありました。
税理士事務所の人に会計の入力をしてもらっていて、お金が高くて立派なファイルが出来ているけど、どうもこちらの希望を分かってもらえない。

「税理士事務所のメンバーでも、経営者の話をなかなか伺って帰ってこない。」という話しはベテランの税理士さんからも直接お聞きしました。
NPOの活動は企業とは大きく異なるため、なかなか対応が難しいのかも知れません。

理事長の不満は、多くない収入や支出の会計処理だけではなく、もっと相談に乗って欲しいという所にあったようです。

結局、その時から事務処理のお手伝いをすることになり、費用は税理士事務所の6割で合意。
イベントの相談、商品開発の相談&試食、会計以外の事務手続。
時には一緒にお茶を飲みながら、これからの展開や夢を伺っています。
楽しい時間を一緒にすごしています。

シニア起業支援

人生を豊かにする起業支援

誰かに雇ってもらうのでなければ、自分のペースで楽しく好きなことに取り組み、それで少しでも手元にお金が残れば、それはビジネスとして成功だと言えます。

雑務はお任せ下さい

ご自身が好きな分野で力を発揮されるよう、パソコンを使った処理・手続等、面倒なことはお任せ下さい。

悪徳ビジネス対策

悪徳ビジネスに巻き込まれ、大切なお金を失うことが無いよう、ご支援いたします。
早めに任意後見等により、自分の意思を生かせる形を作ることも重要です。

事業承継・廃業サポート

残すもの、伝えるもの、後継者探しから廃業に向けたサポートまで、お手伝いいたします。
経営者のネットワークを残して、後継者に役立てることも重要です。

人生を豊かにする起業支援

誰かに雇ってもらうのでなければ、自分のペースで楽しく好きなことに取り組み、それで少しでも手元にお金が残れば、それはビジネスとして成功だと言えます。
何か新しいことを始めようとすると、楽しい反面、疲れることもあります。
ですが、例えば新しいことがすぐに身に付かない、すぐ忘れるとしても、それを「決して、歳のせいにはしないこと。」それを、まず約束しませんか。
忘れたら、また覚えればいい。
大切なのは、忘れるたびにため息をついて、ガッカリしないこと。元気に前向きに進みましょう。

失敗パターン
かなり以前から、著書などで言われていることですが、定年後独立して、短期間で失敗する方のパターンは共通のものがあり、それは現在でも同じです。

1.世間体を気にし、格好をつける。
 ・・・周囲のビジネスをしている方からすると、すぐ分かります。

2.出来ない理由を歳のせいにする。
 ・・・歳のせいにするなら、最初からやらない方が良いでしょう。

3.過去の人脈だけに頼り昔話に花を咲かせる。
 ・・・過去の人脈は、本当にあなた個人を信頼して出来たものですか? 
  所属していた組織の一員としての人脈ですか?

4.以前の組織に出かけ先輩風を吹かす。
 ・・・もうあなたは組織の人ではありません。未来を見ましょう。

5.昔話で、現役世代の邪魔をする。
 ・・・これほど迷惑な人はいません。後輩の仕事の邪魔です。

6.新しい人脈作りに努力しない。
 ・・・あなた個人としての人脈をゼロから作りましょう。

7.部下がやってくれるような気分が抜けない。
 ・・・あなたが給料を支払わなければ、誰もやってくれません。

家族信託(民事信託)

成年後見は生きている間だけ、遺言書は亡くなってから効果が生じます。
家族信託は、元気なうちから亡くなった後まで、長期間思いが実現できる制度です。
特に遺言書よりも『お孫さんのため直接自分の考えた財産の動かし方が実現出来る。』
と言う点に特徴があるため、100年間思いが届く制度、とも言われています。

つまり家族信託とは、亡くなる準備ではなく、身体の変化に合わせ、また後継者の成長を見極めながら、自分の財産を、自分が考えた用途に限り使用するという制度なのです。

また必要により、信託監督人を置くことにより、託した財産の適切な管理・運営をより確実なものにすることができます。

相続の前に考えておくこと

相続より前に、誰にでも起こる可能性について考えます。

・身体が不自由になる
・視力が低下、身体が弱くなる

に備えてすべき準備は

・銀行からお金を引き出したり、振込をする。
・家賃や光熱費などの支払いをする。
・自分が経営する家賃などを受け取る。
・保険契約や保険金の請求をする。
・病院や介護施設に入所する手続きをする。
・要介護認定の申請、介護サービスの契約や変更解除、費用の支払い。
など、つまり、財産管理・介護・医療関係の手続きが出来るようにしておく

この対策は具体的には
・受任者を決める
・委任契約書を作成する
と言うことがあります。

これに対する課題としては、
・いちいち人に頼んだり、出来ない。
・内容は、きちんと決めておきたい。
・後でトラブルにならないよう、
報告はきちんとして欲しい。

次に、

判断能力が低下し、自分で必要なことが出来ない。

場合を考えます。
ポイントは、
委任状も作れないから周囲もすぐには手伝えない。ということです。

すべき準備
現在判断能力があれば、自分が適任者を後見人に選べます。

具体的には
・自分自身と財産を守れる。
・治療費や介護費用を調整できる。
・現在の生活を維持できる。
・親族に相続が発生しても対処できる。
・親族間のトラブル防止に役立つ。
・家族の介護問題に対処する。

こうした内容を実現するためには、家事委任契約というやり方や、上記でご紹介した、家族信託という方法があります。
ご自身の財産をご自身の体調変化に合わせて、ご自身のため家族や支援者が利用するのに困らないように、そしてご自身のお考えに沿った形で使用されるようにする手段はいくつかあります。

<<関連業務>>
 ・家系図の作成(簡易版~巻物まで)
 ・戸籍の調査、お墓・空き家対策
   お気軽にお問い合わせ下さい。

最後に、遺産分割協議書について見ておきましょう。

<遺産分割協議書>

遺産分割協議書の作成は強制ではありません。ただ、現実的には、個人名義の不動産や預貯金、自動車などの相続手続きには遺産分割協議書の提出は必須のため、作成が必要です。
遺産分割協議書には、どの相続財産を誰が相続するのか等の合意内容を明確に記載して、相続人全員が署名・実印を押印します。そして、相続人全員の印鑑証明書を添えれば、不動産や預貯金の相続手続きが可能となります。
銀行や証券会社などはそれぞれ所定の相続手続き依頼書があります。
遺産分割協議書の作成通数や印鑑証明書や戸籍類の取得通数は、手続きの必要な相続財産の種類によって変わってきます。

障害のある子の 親なきあと相談室

2019年9月倉敷市に開設

障害あるお子様の未来のため、利用できる支援のこと、住宅のこと、お金のこと、
丁寧にお話しをおうかがいし、少しでも支援できればと思っております。

ママ起業支援

未来を失わず、確実に育てる

簡単に資格が取れるという売り文句で、多額のお金を詐欺まがい商法で失うことの無いよう、大切なお金を生かしましょう。

焦らず安全に

国家資格を持った専門家の力を上手く使い、生活の支援やビジネス展開の支援を、安全に確実に進めましょう。

コンサルティング

事業計画、経営、営業、事務手続サポート、ご自身のセミナーの開催など、さまざまなご希望にそった無駄の無い支援を行います。

日常生活支援

行政手続、内容証明郵便、契約作成、クーリングオフなど、専門家がさまざまな生活支援を行います。

未来を失わず、確実に育てる

簡単に資格が取れるという売り文句で、多額のお金を詐欺まがい商法で失うことの無いよう、大切なお金を生かしましょう。

起業で忘れがちな事

  • 街を通る人が、全部自分のお客になるような売上計画を作りがちです。
  • チラシの効果は、「千三つ」と言われます。つまり1000枚配布しても反応があるのが3つ。その3つがあなたのお客になるとは限りません。
  • この「仕事は必ず儲かる」と言っているのが誰なのかを考えましょう。資格取得なら専門学校だけかもしれません。
  • ネットビジネスでも、「儲かっている」という雰囲気をサイトでPRしますが、本当に儲かっているならセミナーなどする必要はないのでは?
  • 安易に取得できる資格で、安易に儲かる商売は無いと思っていた方が良いでしょう。意味の無い資格ビジネスで大切なお金を失わないように。
  • 多くのビジネスが、費用は算出できるけれど売上は見込みでしかありません。
  • 健康保険や住民税、儲からなくても支払わなければならない費用は、かなりあります。
  • 何にお金をかけて、何を節約するか、生活の経営が事業経営より先です。
  • 今月儲かっても来月はゼロかも知れない、マイナスかも知れない、けれど自分が考えたことを理解してくれるお客さまが現れることは、大変嬉しいことです。
  • 前向きに頑張る姿勢は、子どもさんやご家族にも、良い影響がでるはず。そう信じて、前向きに。
  • 街を通る人が、全部自分のお客になるような売上計画を作りがちです。
これから進む道を考える

あなたの現在までを振り返り整理してみましょう。
不要なA4サイズ程度の用紙を何枚もご用意下さい。
ここに、適当な間隔をあけて、次のような内容について、記入していきます。

まず仕事について振り返ってみましょう。
Ⅰ 自己分析
 1.職務経歴
 (1)担当業務
   ①職務内容
   ②主な実績
 (2)担当はしていないが検討に加わったり、
    自分が興味を持ったりした業務
 ここでは、あなたの仕事は何だったか、役割は何だったか、仕事で一番充実していたときはいつだったか、何を行ったときだったか。どのような職務を行ったか、その成果はどうか、について細かく思い出して行きます。
 次に業務毎に、あなたのメインの仕事は何か、その具体的内容は何か、その仕事はどのような流れで行われてきたのか、その仕事を行う上でどんな知識や技能が必要だったか、それをどうやって学んだのか、を思い出せるところから書いていきます。
 ここまで書くと、会社経験が無いか少ない若い方には、ほとんど書くことが無いということもあるかも知れません。それでも、若い方には若さを活かした有利さもありますから、安心してください。

 2.資格取得
 (1)取得した資格
  ・・今では内容はすっかり忘れたものでも結構です、
    学校内の資格も書いていきましょう。
 (2)取得できなかったが勉強した資格
 (3)講習会・セミナーを受講したもの
 3.その他
 (1)趣味
 (2)特技
 (3)子どもの頃好きだった遊び
 (4)好きな科目
 (5)部活動・同好会
どうですか、たくさん書きましたか。

 職務内容や実績を思い出そうとすると、固い雰囲気になりますが、その他の項目で趣味や特技、子どもの頃好きだった遊びを書こうとすると、自然に緊張感がほぐれて、その頃の楽しい思い出が次々に浮かび上がってきませんか。
誰に評価されるのではなく、楽しいから、その遊びをしていた頃のイメージを大切にしてください。その方が自由な発想ができるのです。では、次を行います。

Ⅱ 自分のセールスポイント
 自己分析を行った結果、あなたの売りは何ですか、他人の評価は関係ありません。
「○○が好きだけど、大したこと無いから」とか「売りというほどじゃないよな」と勝手に自分の価値を下げてはいけません。「好き」は大きな武器なのですから。
ここでは、長い文章にまとめる必要はありません。自分で好きに書き込んで、喜んでいればいいのです。
何を書けばいいか分からないという方のために例を記載しましょう。

 ① カラオケが好き
 ② 人に気軽に話しかけることが出来る。
 ③ おばあちゃんには人気がある。
 ④ 子どもと遊ぶのが好き
 どうでしょう。

 これが「セールスポイント」なのかと思いましたか?セールスポイントです。あなたは履歴書を書くのではないので、これで充分です。
 念のためなぜこれがセールスポイントなのかご説明しますと、どの仕事でも、結局、お客さまは「人」だからです。
 例えば、「おばあちゃんには(なぜか)人気がある」というのも、履歴書には書きにくい、内面から自然に出てくるあなたの人間性や優しさだと言えます。
 すると、あなたは信頼されやすい人で、それは仕事につながりやすい。すなわち立派なセールスポイントなのです。
 今行っている作業の目的は、「おばあちゃんに好かれる」特徴があるとすると、じゃあそれを活かす業務にはどのようなものがあるかを考え、それを素材として、次に仕事として得るためのアプローチは、誰にどう行うのかを考えるところにあります。
 たとえば商店街の「おかみさん会」などのお手伝いをするために、誰かと接触するということなどが浮かんできます。そのためには、じゃあどういう機会を捉えるのか、ということを考えるのです。

Ⅲ 公的資格
 あなたの経験の中で、それを生かして公的資格を取得できるものはありませんか。
今の仕事には無関係だったり、内容をすっかり忘れていたとしても、「経験」で取得できる資格は、非常に重要です。
 それは、経験は後で作ることも出来ず、実務をする能力がある人でも、一定の条件を満たしていないと取得できないからです。
もちろん、公的資格を試験で取得する道は開かれていますが、一定の年齢になってから、仕事を続ける一方で、何年間にもわたる試験勉強を行うことは難しく、試験勉強や受験にもお金がかかるからです。
また、安易に儲かるというPRの強い民間資格には、怪しいものや無価値のもの、登録料を取るのが目的のものもあります。
最も難しい試験の一つである弁護士試験を合格しても、それで必ず儲かるわけではなく、苦労されている若手弁護士さんも少なくないことを思えば、数十万のお金で、短期間で安易に取得できるという資格取得に、大切なお金を支払うのは十分な注意が必要でしょう。
ママ起業というブームに便乗した悪徳商法には十分注意しましょう

よくある質問

Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
ご提案する内容により料金は変わります。お見積は無料なので、どうぞお気軽にご相談ください。
Q
助成金の申請やそのための事業計画作成だけの相談でも大丈夫ですか?
A
そうしたご相談にも喜んで対応させていただきます。お客様それぞれのご都合に合わせた提案や報酬の支払い方法などもご提案させて頂きます。
Q
他の専門家事務所との一番の違いは何ですか?
A
事業の運営をビジネスとしての売上、収益、コストという会計的な考え方だけで支援するのではなく、NPO活動、シニアの方、起業を目指す若い女性の方の、生活全体を考えながら、よくお話を伺ってご支援を行うところです。
Q
料金はいくらぐらいが相場ですか?相談のみでも料金はかかりますか?
A
ご提案する内容により料金は変わります。お見積は無料なので、どうぞお気軽にご相談ください。